FXパンドラの箱は稼げない!?投資詐欺の可能性を調べました

エフテン編集部です!

本日は「一般社団法人 日本投資家育成機構」から発表された、新案件の情報をお届けします。

エフテンの記事監修を担当しているFX-Katsu(鈴木 克佳)が所属する日本投資家育成機構から発表された案件。

その名も…

FXパンドラの箱

なんとも恐ろしい名前ですね!

この記事では、FXパンドラの箱の詳細情報や、運営会社である「一般社団法人 日本投資家育成機構」、関連会社の「クロスリテイリング株式会社」を徹底的に調べました。

FXパンドラの箱は怪しい?【概要】

この記事では、ネット広告で紹介されている日本投資家育成機構から発表された案件、「FXパンドラの箱」というFX投資案件について投資詐欺や誇大広告の可能性を検証していきます。

こちらの情報は無料公開となっていますが、果たして登録する価値はあるのか?どんな情報が明かされるのか?不安な方はどうぞ最後までご覧ください。

FXパンドラの箱の販売元は?【調査】

では、FXパンドラの箱の投資へ登録すると、どのようなことが起こるのか詳しく調べてみます。

FXパンドラの箱の安全性は?

まず結論からお伝えすると、FXパンドラの箱のFX投資は、金融庁から許可を受けているクロスリテイリングが関わっていることから、詐欺案件、誇大広告の可能性は非常に低いと考えられます。

そのため、FXパンドラの箱の投資への無料登録(メルマガ、LINE、チャットワークへの登録)しても、詐欺にあう可能性はありません。

この後に紹介する、FXパンドラの箱の投資を販売するのは、クロスリテイリングが関わる日本投資家育成機構が関わっている投資です。

これまで何度も、クロスリテイリングを筆頭とするクロスグループのFX投資案件をご紹介してきましたが、詐欺の報告は一度も入っていません。

もし報告が入っていたとしたら、金融庁からの許可は剥奪されますし、業務停止命令がくだされる可能性が高いです。

しかし、クロスリテイリングからこうして新たな案件が発表されている時点で、金融庁からの指摘はないと考えるのが普通でしょう。

FXパンドラの箱の販売元は?

FXパンドラの箱のFX投資を扱っている「一般社団法人日本投資家機構」について調べたところ、公式のホームページがありました。

一般社団法人日本投資家機構ホームページ

こちらのホームページでも記載されているように、日本投資家機構では代表の山口孝志氏(FX-Jin)をはじめとしたプロトレーダーが在籍しており、「健全な投資家を育成するための資産運用スクール」を運営しているそうです。

また、特商法ではインターネット販売に関する様々な情報が掲載されていますが、気になる一文がありました。

引用元:一般社団法人 日本投資家育成機構|特定商取引法

要約すると

  • 紹介する案件は必ずしも稼げるものではありません
  • FXには損失のリスクがあります

この一文を読むと、「何だよ。稼げる稼げる言っておいて、結局稼げないのかよ」というお声が聞こえそうですが、取り上げたいのはそこではありません。

実は金融庁から許可を受けた投資商品には全てこういった注意書きがあるということ。

つまり、「国としてFX投資にはリスクがあることを認めている」ということでもあります。

そのため、このようなリスクに対する注意が書かれていないFX投資のほうが危険であり、違法性が高い可能性があります。

FXパンドラの箱と山口孝志(FX-Jin)の関連性は?

山口孝志は、CrossGroup株式会社の代表で、クロスリテイリング株式会社の創業者です。

もともとFX-Jinという名でも活動しており、彼の代表作である「恋スキャFX」というFX投資案件の名を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

恋スキャFXは、山口孝志(FX-Jin)が生み出した手法をオンラインで販売したFX投資案件で、多くの人がその手法で稼ぎ、成功を掴んだと言われる超有名なFX投資案件。

そんな山口孝志(FX-Jin)は現在、クロスリテイリングをはじめとしたCrossGroup株式会社の経営に専念しているとのこと。

今回紹介したFXパンドラの箱の投資案件は、山口孝志(FX-Jin)が代表を務めている、一般社団法人日本投資家機構から発表されるということで、FX投資案件の質もかなり高いことが期待されます。

クロスグループの投資案件の過去の実例を紹介【考察】

クロスリテイリングや、その関連会社が発表した投資案件について、過去にも詳しく解説していますので、こちらも参考にしてくださいね。

【仲島友紀夫監修】資産運用コミュニティ「Billions Ship(ビリオンズシップ)」がついに解禁!特徴や詳細情報を先出します|株式会社Asset Cube

完全自動トレードシステム「Xtreme One(エクストリームワン)」が公開!運営会社のLogical Forexとシステムの詳細情報を解説します!

【プロジェクトメシア】スマホ1台でプロのFXトレードを100%再現!?クロスリテイリング株式会社と橘幸平の詳細情報も解説!

これらの投資案件にも共通して言えることは、金融庁の許可を受けた会社が運営しているということ。

金融庁の許可を受けているからこそ、投資詐欺や誇大広告の可能性はかなり低いと考えられます。

FXパンドラの箱は稼げる?【結論】

最後に、日本投資家育成機構のFXパンドラの箱の投資について調べた結果をまとめます。

  • 金融庁が許可したクロスリテイリングが絡んでいる
  • 投資詐欺や誇大広告の可能性はかなり低い
  • かなり強気の実績を出しているので、自信がありそう
  • カンタンと謳っているので、特別な仕組みに期待

以上のことから、FXパンドラの箱の投資へ参加する価値はあると考えられます。

まだ詳細な情報が明らかになっていませんが、これほどの結果を出すFX投資システムや優良ツールの可能性もあるので、詳細な情報の公開を待ちましょう。

FXパンドラの箱に登録すると?

FXパンドラの箱の投資案件への登録方法は、メールアドレスの登録だけであり、特別なサービスの登録やアプリケーションは必要ありません。

また、最近ではメールが届きにくいという問題が発生していることから、Chatwork株式会社が運営する日本最大級の無料チャットコミュニティ、チャットワークやLINEの活用も始めているそうです。

メールアドレス以外
にも、FXパンドラの箱の投資案件に関するコミュニティやLINEグループに参加者すると、限定情報が届くそうなので興味のある方は、ぜひご参加ください。

FXパンドラの箱の投資詐欺にご注意ください

クロスリテイリングをはじめとした関連各社や商標『FXパンドラの箱』などの名称を使った投資詐欺や誇大広告にご注意ください。

ブログのLINE登録などを行ってしまうと、下記のような詐欺にあう可能性が非常に高いです。

  • 日本の許可を受けていない海外証券会社への送金
  • トレードシステムを悪用した取引金額の一部中抜き
  • 仮想通貨の振り込め詐欺

現在、問題のあるサイト、ブログに対して、法的措置の準備を着々と進めています。

この記事をご覧の方も、どうかお気をつけくださいませ。

リアルタイム為替レート

 

リアルタイムチャート