FXのトレンドとは?相場から利益を狙うために必要な知識を解説!

トレンドとは

口座開設やチャートソフトの準備ができれば、いよいよトレードあるのみ。

でも実際にチャートを前にしてみて、どうやって稼いでいけばいいのか分からない方もきっと多いと思います。

そこでこの記事では、相場から利益を得るため絶対に必要な、狙うべきチャートの見方について解説しましょう。

FXは値動きの波が継続しやすいという特徴があります。
そのため、今が買い相場なのか売り相場なのか、そこの判断ができないと利益を上げ続けるのは難しいといえます。

しかしご安心ください。
チャートの見方のコツをつかめば、利益になりやすい相場を簡単に判断できるようになります。この記事ではそのコツについてもご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いください。

FXのトレンドとは

投資の世界には、一度大きな値動きの流れが生まれると、次の大きな値動きが生まれるまで、その流れが続く傾向があります。

その中でも価格が上昇する流れを上昇トレンド価格が下落する流れを下落トレンドと呼びます。

株や仮想通貨の場合は安く買って高く売る「上昇トレンド」のみで利益を狙いますが、FXでは「売り」で稼ぐことも可能なので、上昇トレンドと下落トレンドの両方から利益を獲得できます。

つまり、株や仮想通貨と比べても稼げるチャンスが2倍なんですね。

そんな2つの視点があるFXのトレンドについて、ここからさらに詳しく説明していきましょう。

上昇トレンド

上昇トレンドは下の図を見てわかる通り、チャートが右肩上がりになっている流れのことです。

トレンドとは

上昇トレンドを見つけたら、ロング(買いエントリー)を行うことで利益を狙えます。

そして、上昇トレンドが終わったと判断したところでポジションを手放す(決済)ことによって、その差額が利益になるのです。

また、トレンドは陽線のローソク足が常に並び続けているわけではありません。
チャート画像の中央にもあるように、一時的に下落する場面が見られます。

このポイントのことを「押し目」と呼びます。
エントリー根拠のひとつに見ているトレーダーも少なくないので、ぜひこの機会に覚えておくと良いでしょう。

下落トレンド

下落トレンドは上昇トレンドとは逆の考え方で、下の図のようにチャートが波形を描きながら下の方向に流れることです。

トレンドとは

下落トレンドを見つけたら、ショート(売りエントリー)を行うことで利益を狙っていきます。

そして下落トレンドが終わったタイミングで、ポジションを手放して(決済)、その差額を利益にするということですね。

先ほどもお伝えしたように、これこそFXの魅力のひとつです。
上昇トレンドだけでなく、下落トレンドも効果的に狙っていけば、どんな相場でも稼げるトレーダーを目指すことが可能です。

ちなみに、下落トレンドにも同様に、相場が下がり続けている途中で、少し上昇する場面があります。

これを「戻り」と呼びます。あわせて覚えておきましょう。

レンジ

レンジ相場とは、上昇トレンドや下落トレンドでもなく、下の図のように一定の価格帯を上昇したり、下落したりを繰り返す相場のことです。

トレンドとは

トレンドとは

レンジ相場の場合は、勢いが継続するというよりも、この価格帯の間でいったりきたりを繰り返しています。

特にドル円やユーロドルのような、メジャー通貨ペアの場合は、役8割がレンジ相場だといわれているんですよ。

その理由は、メジャーな通貨ペアほど、通貨の買い手・売り手が一定数いるため、買いと売りの勢いが均衡しやすいからだといわれています。
逆にマイナー通貨ペアは、一度勢いづくとそのままトレンドが継続しやすいといわれています。

初心者はトレンド相場でエントリー

トレード経験を重ねれば、レンジ相場でも利益を狙えますが、初心者の方はトレンド相場に目を向けることをオススメします。

なぜなら、レンジ相場は上昇と下落の繰り返される展開が速く、エントリータイミングの判断が難しいため、どうしても大きなリスクを伴うからです。

また、上昇と下落が長く続かないため、細かくトレードを完了することになります。つまり獲得利益が少ない点も、オススメしない理由のひとつです。

ただ、メジャーな相場の約8割がレンジ相場だと知って、「このままじゃ利益を狙えない!」と思う方もいるかもしれませんね。

そんな方もご安心ください。レンジ相場には、ある特徴があります。

それは、レンジ相場が続いた場合、相場に値動きを起こすエネルギーが溜まって、その後に強いトレンドを形成しやすくなる傾向があるのです。

そのためトレードに慣れていない方は、レンジ相場の後に発生するトレンドを狙うことで、安定して大きな利益を獲得しやすいでしょう。

トレンドラインの引き方

トレンド相場とレンジ相場を理解したところで、ここからはトレンドの判断をスムーズに行うためにも「トレンドライン」を引いてみましょう。

トレンドラインとはその名の通り、トレンドに沿ってチャート上にラインを引いたもので、上昇トレンドや下落トレンドを明確にする役割があります。

上昇トレンドの場合は、相場の安値を結んでいきます。
そして、下落トレンドは逆に、相場の高値を結んでラインを引きます。

下の図は、上昇トレンドに沿ってトレンドラインを引いてみたものです。

トレンドとは

トレンドとは

トレンドラインを引くポイントは、2つの高値・安値を結ぶこと。
無作為に引かれたラインでは、効果的なトレンドラインが引けません。

安値をつけたあと相場が伸びたら、次の安値を見つける。
そこで初めてトレンドを判断し、ラインを引くことができます。

トレンドとは

このトレンドラインだけでも、たとえば「ラインを超えたらトレンドの終了」と判断することができるので、無理なトレードをしないように目線を切り替えられます。

トレンドを見る精度を高めるためにも、ぜひ活用してみてくださいね。

FXのトレンドとは:まとめ

相場には上昇と下落の2つのトレンド、そして一定の範囲で上昇と下落が繰り返されるレンジがあります。

トレンドを狙うことは、FXで安定して利益を上げるために必要不可欠です。

そのためFX初心者の方は、まずトレンドラインを引いて上昇と下落のトレンドを見極めること、そしてレンジ後のトレンド発生を見つけるところから始めると良いでしょう。

これに慣れてスムーズにトレンド判断ができるようになれば、トレードで利益を獲得できる確率もぐんと上がるはずです!

ぜひこの記事を、あなたのトレードの参考にしてくださいね。