【FX手法】パーフェクトオーダーを解説!初心者でも今日から使える!

最もメジャーなテクニカル分析とも言える、パーフェクトオーダー。

複数の移動平均線を使い、相場の流れを把握したり、トレンドの発生を見つけるテクニックの1つです。

シンプルで分かりやすく、かなり有効性が高いため、FX初心者からプロトレーダーまで、多くのトレーダーに長年愛されている、超王道の手法です。

ただ、FX初心者が実際に使おうと思っても、気になるのは、移動平均線の数値設定。

「期間は何日で設定すればいいの?」「移動平均線は何本必要なの?」と気になってしまいますよね。

そこで今回は、おすすめの移動平均線の設定と、パーフェクトオーダーの具体的な使い方をご紹介したいと思います!

相場状況がひと目で分かるパーフェクトオーダーとは!?

まず移動平均線の設定の前に、今回のテーマであるパーフェクトオーダーについて、ご紹介したいと思います。

パーフェクトオーダーとは、複数の移動平均線が特定の順番に並んでいる状態のことを言います。

perfectorder01

上昇トレンドだと画像のような並び順になります。

黄色い短期(25日)の移動平均線、青い中期移動平均線(50日)、赤い長期移動平均線(75日)。

また、下降トレンドだと、こちらのようになります。

perfectorder02

上昇トレンドとは反対に、上から、赤い長期移動平均線(75日)、青い中期移動平均線(50日)、黄色い短期(25日)の移動平均線と並びます。

このように複数の期間から見ても、今の価格が上がっている、下がっている、と判断できるため、パーフェクトオーダー中はトレンドが発生していることが分かります。

あとはトレンドの方向性に沿った、順張りのトレードをすれば、トレンドをごっそり利益に変えられます。

また、値動きがない相場、方向感が定まっていない相場は、下の画像のように、移動平均線が入り乱れ、横ばいで推移します。

perfectorder03

パーフェクトオーダーを使ってトレードするのであれば、相場が上の画像のような状態の時は、エントリーは控え、トレンドの発生を待つのが無難です。

おすすめの移動平均線の設定

パーフェクトオーダーで使用する移動平均線の設定について、解説します。

期間は何日がいいの?

パーフェクトオーダーの使い方と仕組みが分かった次は、移動平均線の設定について解説していきますね。

先程の画像では、25日の短期移動平均線、50日の中期移動平均線、75日の長期移動平均線を使いました。

これは、短期移動平均線が1ヶ月、中期移動平均線が2ヶ月、長期移動平均線が3ヶ月というふうに、バランスを加味して設定しています。

おすすめの数値はトレードスタイルによってバラバラですが、スキャルピングやデイトレードがメインの方は、上記のような設定がおすすめです。

ではなぜ、この設定が良いのか。

それは、多くのトレーダーがこの数値を使っているからです。

世界中のトレーダーが使っているということは、それだけこの移動平均線に注目が集まっている、ということ。

つまり、「大衆心理が詰まっている」ということを意味します。

もちろん、移動平均線の数値を18日、27日としても、大差はありませんが、初心者の方がパーフェクトオーダーを使った手法に慣れていくためには、まずは王道の数値でトレードするのがおすすめです。

ただ、ここで1つ注意点があります。

それは、あまりにもかけ離れた期間の移動平均線は併用しない、ということです。

perfectorder04

これは、黄色い短期(5日)の移動平均線、青い中期移動平均線(100日)、赤い長期移動平均線(200日)で設定した場合のパーフェクトオーダーです。

短期はローソク足にピタッと張り付いているので、移動平均線を使う意味があまりありません。

また、中期も長期も離れすぎているので、たとえパーフェクトオーダーが発生したとしても、今の価格がトレンドの始点なのか終点なのか、判断できません。

なので、バランスの良い数値を設定しましょう。

おすすめの本数は?

今回は、3本の移動平均線でパーフェクトオーダーをご紹介していますが、表示させる数に正解はありません。

しかし、数を増やしたからと言って根拠が強まるというわけでもありません。

perfectorder05

このように、数を増やしてしまうと、パーフェクトオーダーが発生するタイミングも遅れてしまいます。

つまりトレンドの初動を取り逃してしまうのです。

また、どの移動平均線に注目すればいいか迷ってしまうため、相場分析やエントリー判断が複雑化してしまいます。

FXは「シンプルな手法こそ勝てる」と言われているので、あえて複雑にする必要はありません。

なので、初心者の方は、まずは移動平均線3本でトレードすることをおすすめします。

パーフェクトオーダーのまとめ

今回は、世界中のトレーダーが愛してやまないパーフェクトオーダーの基礎について解説しました。

「なんとなく」でも使えるほど便利なテクニカルだからこそ、しっかりと根拠を持って使うことで、より効果を発揮します。

よく使われる移動平均線ほど、より大勢のトレーダーの大衆心理を表しているので、FX初心者の方は、まずは王道の数値でトレードしてみてくださいね。