お金を増やす方法にギャンブルはアリ?

お金を増やす方法にギャンブルはアリ?

「手っ取り早くお金を増やしたい」

「働かずに、楽して稼ぎたい!」

このような考えから、ついついギャンブルに手を出してしまうこともあるでしょう。

娯楽として楽しむ分には問題ありませんが、本気で稼ごうと考えた末のギャンブルであれば、もう一度考え直すべきなのかも知れません。

なぜなら皆さんご存知の通り、ギャンブルで確実に儲かる術がないからです。

本記事では、上記のポイントについて深掘りするとともに、お金を増やす方法として最良の方法についても解説していきたいと思います。

お金を増やすのにギャンブルは適さない?なぜ?

ギャンブルを行う目的は、おそらく大半の人が「お金を増やすこと」これに尽きるでしょう。

またシンプルに、適度な刺激を求めて、娯楽として楽しみたいという人もいるかも知れません。

しかしここで断言しておきたいのが「お金を増やす方法としてギャンブルを選んではいけない」ということです。

絶対的に稼げるギャンブルは存在しないからこそ、すでに多くの方がご存知かも知れませんが、本記事ではギャンブルを選ぶべきではない理由について解説していきます。

理由1:胴元が勝つ仕組み 

パチンコ・スロット・カジノなど、公的なギャンブルを催すにもコストが掛かります。

土地代、人件費、運営費など、勝手に湧いてくるわけではありません。

必要となるコストは、全て参加者から徴収しているからこそ成り立っているのであり、参加者は勝負を続ければ続けるほど、勝ち越すのが不利になります。

自分だけの必勝法でもない限りは、ギャンブルで胴元に勝ち越すのは不可能なので、お金を増やす方法としては間違いなく適さないといえるでしょう。

理由2:将来性がない

ギャンブルを選んではいけない1番の問題点は、将来性がないことです。

一瞬で、また爆発的にお金を増やそうと考えて、いざギャンブルに挑戦!…短期的にであれば、そのままプレイヤー側が勝ち越すこともあるでしょう。

しかし一時的に勝ったところで、その先はどうやって稼いでいけばいいのでしょうか…?

もしかしたら、さらに稼ごうと思って、またギャンブルに身を投じることになるかもしれません。

ところが、これこそが運営側の狙いであり、プライヤーのなけなしのお金は、結局飲み込まれてしまうことになるのです。

ギャンブル以外のお金の増やし方

さて、稼ぐ手段としてギャンブルは誤った選択になりますが、何に取り組めばお金を順当に増やしていけるのでしょうか?

本節では、お金を増やす方法について、王道からマイナーどころまで、5パターンほど解説していきたいと思います。

方法1:就職

お金を増やす方法として、もっとも確実なのは真っ当に働くことでしょう。

つまり「就職」することであり、この重要性を理解しているからこそ、幼少期から勉強することを強いられます。

良い大学・企業に進むということは、高い給料を貰うための前準備と言ってもいいでしょう。

ただ難点としては、日本ではまだまだ年功序列の勢力が強く、若い頃から圧倒的に高い給料が保障された職種・業界は、そう多くありません。

ましてや、大企業ですら簡単に倒産してしまうこの時代。

だかこそ私たちは、一人ひとりが個人でも稼げるよう何かしらのスキル習得が求められています。

方法2:副業

副業解禁ブームから分かる通り、もはや私たちは、給料だけに依存するべきではないといえるでしょう。

いつ会社から解雇されても困らないよう、収入源は分散させておくべきです。

とはいえ、副業なんて今までやったことない…という人が大半だと思いますので、そんな方には、以下のホットなジャンルから始めてみることをおすすめします。

  • ブログ・アフィリエイト
  • せどり・転売
  • クラウドソーシング
  • YouTube
  • 動画編集

また副業を行う上で注意したいのが「アルバイト等の自給労働は避ける」という点です。

自給労働を行うくらいであれば、結局本業で残業をした方が稼げるということになりかねません。

また上記で示した副業は、本業以上に稼げる可能性を大きく秘めています。

若いうちから結果を出して圧倒的に稼ぎたい、また時間や場所に縛られず働きたいという人は、今すぐにでも副業の1歩を踏み出すべきでしょう!

方法3:ポイ活

ポイ活とは、ポイントを貯めて、上手に活用することです。

スーパーやコンビニ、またAmazon等のショッピングサイトで買い物をすると、さまざまなポイントが付与されるというのは、皆さんも経験があるのではないでしょうか。

たとえ小さなポイント還元率でも、その積み重ねは決して軽視できません。

ポイントを効率よく貯めることができれば、現金に還元できたり、特典を受け取れたり、生計の助けになってくれるからです。

今では、アンケートやアプリのダウンロード、動画広告を視聴するなどでポイントを付与してくれる、ポイ活特化サイトもありますので、興味のある方は是非ポイ活の世界に足を踏み入れてみてください。

方法4:節約

お金を稼ぐという考え以外にも、お金を残すという考えも重要です。

なぜなら節約は、お金を稼ぐよりも遥かに簡単であり、意識1つで今日からでも結果が出せるからです。

例えば、使っていないサブスクや、やけに高い通信費・スマホ代に苦しめられていないでしょうか?

毎日外食ばかりで、お財布だけでなく健康も傷めていないでしょうか?

節約は誰でも簡単に実行できて、また奥深いライフハックでもあります。

稼いだお金を少しでも有効活用できるよう、定期的に家計を見直す習慣を持っておきましょう。

方法5:投資・資産運用

お金を効率よく、また圧倒的に稼ごうと思えば「投資」が不可欠になります。

結局、自分の力だけで稼げる金額には限界があり、だとすれば、金融商品等を運用して、お金に働いてもらうのが一番です。

最近は、国主体となって個人の投資や運用を推奨しているため、以前よりも関心を抱く人が多くなりました。

しかし、まだまだ先進国と比べると、日本人の金融リテラシーは低く、投資に対して消極的。

何にも投資していないと言うことは、おそらく現金貯金、つまり日本円という通貨に依存したリスキーな運用です。

これから想定されるインフレや、また日本という国の衰退を考えると、やはり何かしらの資産運用は行なって然るべきでしょう。

投資はギャンブル?

「投資はギャンブルだ!」

「一握りの天才だけが稼げる世界で、初心者は絶対に勝てない!」

日本では、いまだに投資について否定的な意見を持つ人が少なくありません。

 

これらの違いを明確にするためにも、そもそもの定義について見ていきましょう。

ウィキペディアによれば、ギャンブルの定義とは、金銭や品物を賭けて勝負を争う遊戯のこと。

また投資の定義とは、将来的な利益を得るために、現在の資金を投じる活動を意味します。

一見すると、両者に同質の印象を抱いてしまうかも知れません。

 

ただ、忘れてはならないポイントとして、技術介入の有無があります。

それ自体がギャンブルは完全に運次第であり、それ自体がギャンブルの醍醐味ともいえるでしょう。

一方で投資の場合は、知識や経験、また運用手法次第によって勝率が大きく異なり、勝つべくして勝つことも十分に可能なのです。

 

投資=ギャンブルと捉えているのは、おそらく過去に苦い経験をした人か、あるいは全くの未経験の人に限ります。

その他、投資がギャンブルとはいえない理由について、以下の記事で紹介しておりますので、ぜひご一読ください。

もうギャンブルとは言わせない!FXで効率的にお金を増やせる理由とは

お金を増やすのにはFXがおすすめ

手っ取り早く、なおかつ堅実にお金を増やそうと思ったら、FXで運用するというのが最良の方法です。

とはいえ、FXについて詳しくない人からすれば、次のように感じてしまうでしょう。

「FXこそギャンブルみたいなもので、勝てるかどうか怪しいものだろう…」

「FXで借金みたいな話をよく聞くし、手を出したら危ないと思う!」

しかし、これは誤ったイメージであり、運用手法次第では堅実かつ安定的に稼ぐことができます。

 

本当に稼げるのなら、皆やってるんじゃないの?と、思われるかも知れませんが、その通り知っている人がほとんど実践しています。

ただ幸運なことに、またまだ多くの人がFXの可能性に気づいておりません。

 

では、どんな手法が最適なのか、どういった根拠で稼げるようのなるのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

その点に関しては、以下の記事で解説しているおりますので、是非とも参考にしていただけると幸いです。

【アプリ版】初心者でも稼ぎやすい!おすすめFX自動売買とは? スワップポイント スワップポイントの計算方法は?その仕組みと注意点を解説 【シミュレーションあり】FXにおける効率的な福利運用とは?

まとめ:ギャンブルとは貧乏人のみに課せられた税金である!

本記事では、ギャンブルとお金稼ぎについて、以下のポイントを中心に解説しました。

  • お金稼ぎにギャンブルが適さない理由
  • ギャンブル以外のお金の稼ぎ方5選
  • 投資はギャンブルなのか?
  • お金稼ぎにおいて、FXが最良の手段である理由

「貧すれば鈍する」という言葉があるように、人は追い詰められるほど、正常な判断ができなくなってしまいます。

千円握りしめて最後の勝負に挑んだとしても、結局上手くいかないのは、皆さんの運によるものではありません。

そもそもの稼ぎ方や、資金を投じるべきポイントを見誤っているだけなのです!

本記事をきっかけに、将来を見据えて少しでも稼ぎたいのであれば、ぜひFXを中心とした投資にチャレンジしてみてください!

リアルタイム為替レート

 

リアルタイムチャート