【最新版】MT4とMT5の違いを解説!オススメはどっち!?

MT4とMT5の違い

アマチュアからプロまで、世界中のFXトレーダーに愛用されている高機能取引ツールといえば、MT4(Meta Trader4)

そして、そのMT4の新バージョンである、MT5(Meta Trader5)

どちらもロシアのMetaQuotes社が開発した、パソコンとスマホに対応している取引ツールですが、MT4とMT5では一体何が違うのでしょうか。また、特にFX初心者の方はどちらを使うのがオススメなのでしょうか。

今回の記事ではそんな、「MT4とMT5の違い」について、それぞれのメリットとデメリットを比べながら解説していきます。

MT4とMT5の違い

まずは、MT4とMT5の特徴を下記の表にまとめました。

MT4 MT5
リリース年 2005年 2010年
動作スピード 遅い 早い
時間足 9種類 21種類
カスタムインジケーターの種類 多い 少ない
EA(自動売買ソフト)の種類 多い 少ない
対応FX業者 国内業者多数、海外業者多数 国内2社、海外業者

それぞれに一長一短がありますが、こちらの表をもとにMT4とMT5の違いについて解説していきます。

MT5のほうがサクサク動いてくれる

まずMT4とMT5をそれぞれ使ってみると、誰もがその動作スピードに違いを感じます。

MT4が極端に遅いということではありませんが、MT5はとにかく反応速度が早く、サクサク操作できるのが特長です。

そのスピードの違いを特に感じるのは、画面上に多くの通貨ペアやインジケーターを表示させているときでしょう。

これはトレードスタイルにもよりますが、一度にたくさんの通貨ペアを監視するトレーダーであれば、動作が軽く処理能力の高いMT5を好むと思います。

時間足もMT5のほうが多い

そしてトレードできる時間足についても、MT4よりMT5のほうが種類が断然豊富です。

MT4の時間足(9種類)

1分足・5分足・15分足・30分足
1時間足・4時間足
日足・週足・月足

MT5の時間足(21種類)

1分足・2分足3分足4分足・5分足・6分足10分足
12分足・15分足・20分足・30分足
1時間足・2時間足3時間足・4時間足・6時間足8時間足12時間足
日足・週足・月足

上記のように、MT5のほうがより多くの時間足を扱えるので、細かい相場分析をしたい方にとっては嬉しいポイントでしょう。

このように動作スピードや時間足の種類を比べてみると、断然MT5のほうが優れていると思われるかもしれません。

しかし、実際に世界中のトレーダーに愛用されているのはどちらなのかというと、圧倒的にMT4が支持されているのです。

なぜ、2010年にリリースされた最新バージョンのMT5ではなく、2005年リリースの古いMT4が支持されているのでしょうか。

その具体的な理由についてお伝えしていきますね。

なぜMT4がオススメなのか

たしかに、動作スピードが早くて豊富な時間足でトレードできるMT5は魅力的ですが、それ以上にMT4がオススメなのには、3つの大きな理由があります。

豊富なカスタムインジケーターを使えるのはMT4だけ

まず一つ目の理由は、MT4のほうがカスタムインジケーターが豊富だということです。

カスタムインジケーターとはその名の通り、好きなようにオリジナルで改造したインジケーターのことですが、このカスタムインジケーターが使えると、何がいいのでしょうか。

例えば、ネットで使えそうなインジケーターを見つけたり、FXの教材を購入して新しいインジケーターを手に入れたとします。

ですが、そういったインジケーターのほとんどはカスタムインジケーターなので、MT5を使っていると、せっかく手に入れたインジケーターを使えないことが多いのです。

これが、今も世界中のトレーダーがMT4を使っている大きな理由の一つですし、特にFX初心者の方は、何かしらのカスタムインジケーターを使ってトレードすることが多いので、そういった利便性の部分から考えても、MT5はなかなか普及しづらいと言えるでしょう。

使えるEAの種類もMT4のほうが豊富

そして二つ目の理由が、MT4専用のEA(自動売買ソフト)が多いということ。

EAとは、自動売買を可能にするプログラムのことで、自分で操作をしなくても自動でトレード注文をしてくれるものです。

そのため日中は仕事や家事で忙しい方や、トレードに時間をかけたくない方にとっては、とても便利なソフトですよね。

そんなEAも実は、カスタムインジケーターと同じように、ほとんどがMT4専用のプログラムになっています。

したがって、自動売買を使うことも考えるのであれば、必然的にMT5ではなくMT4を選択することになるでしょう。

MT5に対応しているFX業者が少ない

最後に3つ目の理由ですが、MT5に対応しているFX業者がそもそも少なく、逆にMT4に対応しているFX業者のほうが多いということ。

日本国内でMT5に対応しているのはわずか2社のみで、ほとんどはMT4に対応しています。

もちろん、海外であればMT5に対応しているFX業者はありますが、海外業者は国内業者と比べてスプレッド(取引手数料)が広かったり、税金を最大で55%(国内は一律で約20%)も取られてしまったりと、かなり取引コストがかかってしまうのです。

海外のFX業者でなければいけない理由があれば別ですが、コストの面から考えても、FXを始めるなら国内業者を選ぶのが無難です。
そのため取引ツールも、やはり必然的にMT4を選ぶことになりますね。

MT4とMT5の違い:まとめ

FXトレードをする上で欠かせない取引ツールですが、現状はMT5ではなく、MT4を使うのがあらゆる点でもオススメです。

やがて将来、カスタムインジケーターやEAがMT5でも使えるようになれば、世界中のトレーダーも最新バージョンのMT5を使うようになったり、日本国内のFX業者も対応していくかもしれません。

また仮にそうなったとしても、MT4とMT5は見た目や操作方法がほとんど同じなので、すんなりと移行できるでしょう。

総合的に考えても、今はMT4を使ってトレードするのがオススメです。
もし迷うことがあれば、今回の記事でご紹介したMT4とMT5の比較表を何度もご覧になってくださいね。