南アフリカランド運用のコツ!スワップポイントでどれくらい稼げる?

南アフリカランド運用のコツ!スワップポイントでどれくらい稼げる?

南アフリカランドは、トルコリラやメキシコペソと並ぶ、高金利通貨の代表格です。

売って買ってのトレードを繰り返すよりも、そのスワップポイントに惹かれて多くのトレーダーが買いポジションを保有しているのではないでしょうか。

2022年以降においては円安進行が予想されるため、資産のリスクヘッジを目的として、南アフリカランドの運用を検討されている方も多いかと思います。

そこで気になるのが、南アフリカランドでどれくらい稼げることになるのか…という点です。

本記事では、南アフリカランドの概要や見通し、稼げる目安や計算方法について解説していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スワップポイントについて

スワップ金利(スワップポイント)とは、通貨ペアを構成する二カ国間における金利差のことです。

分かりやすくイメージしていただくために、以下の図をご覧ください。

2022年7月現在、南アフリカの政策金利は「5.50%」、日本の政策金利は「-0.1%」となっており、その差は「5.60%」です。

仮に100万円を南アフリカランドに両替したとすると、金利5.6%が付与され、何もしなくとも5.6万円が受け取れるようになります

またこれはレバレッジ1倍の話であり、レバレッジを調整することによって、受け取れるスワップポイントについても増減させることができます。

南アフリカの見通しについて

ランド円地獄で死亡?南アフリカランド円に何が起きた?死亡の原因と投資をする際のポイントやコツを紹介

人口について

国の将来を見通すにあたって、人口は非常に重要な指標と言えるでしょう。

UNFPA(国連人口基金)が発表している世界人口データによると、南アフリカの人口は2022年時点で約6080万人にのぼり、世界第24位の人口を誇っています。

他国からの移民も相まって、毎年60万人から80万人程度増加しており、平均年齢約27歳とかなり若い人口動態で推移している国です。

さらに南アフリカが位置している地域では、人口の増加傾向が長く続くと予想されており、2100年には世界の人口の3割を占めるとまで言われています。

世界各地で少子高齢化が進み、生産年齢人口(15歳から64歳)の減少が懸念される中、若年層の人口が増え続けるというのは、先進各国では持ち得ないメリットです。

また南アフリカは、人口の大部分を占める黒人の失業率が高いものの、教育や職業訓練に関する大規模な改善も予定されているため、今後の発展も期待できると考えられるでしょう。

経済について

南アフリカは、アフリカ地域の中でも唯一G20サミットに参加している、有力な新興国です。

GDPの7割近くを第三次産業が占めており、金やプラチナ、ダイヤモンドや鉄鉱石といったレアメタルの輸出が、外貨獲得のための主要産業となっています。

国内では90年代以降経済の自由化が推し進められ、その結果、新興国の中でも特に経済成長率が高いBRICS(ブラジル・ロシア・インド・中国・南アフリカ)の一角として注目されるようになりました。

しかし、その後は高止まりが続いている失業率の影響や、利上げの影響によって個人消費が落ち込んでおり、経済成長も停滞が続いています。

コロナ禍において輸出産業が伸びにくい等の懸念点もありますが、逆に世界経済が回復に向かう頃には、資源価格の高騰にも期待できるため、今が耐え時と思っている人も多くいるようです。

政治・地理・経済リスクについて

現在、南アフリカの政治状況は今までにない不安定な状態が続いており、その影響が南アフリカランドにも及ぶのではと言われています。

原因としては、2017年に汚職事件で退任したズマ元大統領の支持者達が、各地で暴動や大規模なデモを起しているからであり、それに付随して窃盗や強盗なども当たり前のように起こっている状況です。

また、他のアフリカの国と比べると海に面しているとはいえ、主要貿易国との距離は遠く、輸出産業を主としている国としては致命的と言えるでしょう。

さらには、長年使用していた発電施設の老朽化によって電気の供給力が低下しており、政治的な不安やストライキによって新しい発電所の建設作業が進まないことから、政府による計画停電が度々実施されています。

経済的な成長に対する期待感がある一方で、こうした多くの不安材料を抱えている現状があるため、南アフリカランドを扱う際は、慎重になって然るべきでしょう。

南アフリカランドのスワップポイントでどれくらい稼げる?

南アフリカランドのスワップポイントによって、どの程度稼ぐことができるのか、具体的な数値を算出してみましょう!

なお、スワップポイント最大手のLIGHT FXを参考にすると、今現在10ロット保有することで150円が付与されるようです。

この数値を参考に、以下それぞれのポイントに絞って計算を進めていきます。

ポイント1:1ロットあたりの必要資金

南アフリカランド円を1ロット保有するための証拠金は、次のように計算されます。

▼【1ロット保有に必要な資金】
1通貨あたりの南アフリカランド円 × 1ロット(10000通貨)= 8.05円(2022年7月現在)× 10000 = 80500円
必要証拠金 = 80000円 ÷ 25(最大レバレッジ) = 3220円

上式の通り、南アフリカランド円を10ロット保有するためには、80500円の資金が必要になります。

ただしこれはレバレッジを効かせていない状態であり、最大レバレッジ25倍に相当する必要証拠金であれば3220円からでもポジションの保有が可能です。

ポイント2:10ロット保有によって受け取れる金額

10ロット保有した時、年間でいくらの金額を受け取ることができるのでしょうか?

▼【10ロット保有した時の年間総額】
年間総額 = 150円 × 365円 = 54750円
年利 = 54750円 ÷ 805000円(レバレッジ1倍)≒ 6.8%

南アフリカランドのスワップ運用であれば、仮にレバレッジ1倍だとしても年利6.8%を実現することができます。

レバレッジ5倍であれば年利34.0%、10倍であれば68%と、夢見たいな数値です!

ポイント3:月10万円を稼ぐ資金目安

南アフリカランドの運用によって月に10万円稼ぐとしたら、どの程度の資金が必要になるのでしょうか?

比較的安全な運用を心がけるために、レバレッジ5倍までと決めて算出してみましょう。

▼【10万円稼ぐために必要なロット】
3300円(1日に稼ぐ目安) ÷ 15円(1ロットあたりの付与スワップ) ≒ 220ロット
220ロット × 80500(1ロット保有に必要な資金) ÷ 5(レバレッジ) = 3542000円

レバレッジ5倍で運用した場合、3542000円の資金があれば、毎月10万円のスワップポイントが稼げるようになります。

仮に資金が500万円用意できれば、生活費程度なら楽々と稼ぐことができますし、よりリスクを取れるならレバレッジを上げることも一案です。

とはいえ、為替価値の下落や、南アフリカの政策金利が引き下げられることも考えられますので、この運用に一点集中するのは避け、あくまでも運用の1つとして検討していただければ幸いです。

南アフリカランドの運用におすすめなFX口座

南アフリカランドの運用を検討されているのであれば、スワップポイントにのFX会社がおすすめです。

ヒロセ通商

引用元:ヒロセ通商

ヒロセ通商(LION FX)はスキャルピングに特化したFX会社ですが、スワップポイントが高いことでも知られています。

業界の付与スワップランキングは常に変動しておりましが、ヒロセ通商は常にTOP3に入る実力です。

専業のスワップ投資家からも選ばれるFX会社なので、南アフリカランドのスワップを少しでも多く受け取りたい方は、ここを選ぶべきでしょう!

GMOクリック証券

通常、国内口座の多くはマイナススワップを高く提示しており、高金利通貨ともなれば中々思い切ってショートポジションを持つことができません

しかしGMOクリック証券であれば、買いスワップと売りスワップが殆ど同じ水準となっており、比較的マイナススワップを抑えることができます。

南アフリカランドの売りポジションだけでなく、売ります仕掛けからでも積極的に利益を狙いたい方は、ぜひGMOクリック証券をお選びください!

LIGHT FX

引用元:LIGHT FX

記事内でも取り上げたLIGHT FXは、業界No.1と言ってもいいほどスワップ付与が魅力で、おそらく同社の利益を多少削ってでもスワップポイントに還元しているのでは…?とまで言われております。

実際、トレーダーのアンケート調査においても、同社はスワップ部門で3年連続で1位を樹立!

単純に口座スペックも高く、特に初心者ほど、そのシンプル性や利便性に満足されるのではないでしょうか。

まとめ:南アフリカランドのスワップで美味しく稼げる!

本記事では、南アフリカランドのスワップポイントについて、以下のポイントを中心に解説しました。

  • スワップポイントの概要について
  • 南アフリカの見通しについて
  • 南アフリカランドのスワップで稼げる金額
  • 南アフリカランドの運用におすすめのFX会社

最近では、各国がコロナ禍に施した金融緩和を抑制しようと、継続的な利上げが行われています。

また南アフリカの発展と日本の衰退、これらの要素が噛み合って、南アフリカランド円のチャートは長期的に上昇していくことが予想されます。

低金利を維持し続ける日本と、各国の金利差は広がるばかりであるため、このチャンスを是非逃さないでください!

円の価値が落ちた後からだと、保有できる南アフリカランドも少なくなってしまうため、興味があるならば今この瞬間からでも始めるべきでしょう!

以上、参考にしていただければ幸いです。

リアルタイム為替レート

 

リアルタイムチャート