あまり知られてないけど超便利!MT4アプリを見やすくする裏技3選

日頃MT4を活用しているトレーダーの方々は、その有用性を既にご存じであるため、スマホアプリ版MT4も導入しているかと思われます。

しかし、いざスマホアプリ版MT4を使用してみると、意外と見づらくて結局使わなくなってしまった…という経験はないでしょうか。

本記事では、スマホアプリ版MT4において、あまり知られていない便利な表示方法を3つほど紹介していきますので、ぜひ活用してみて下さい!

スマホアプリ版MT4について

スマホアプリ版のMT4をご存じない方は、この機会にぜひインストールしてみてください。

IOSとアンドロイド、両OSよりリリースされているため、スマホさえあれば誰でも利用することができます。

まずは以下のリンクより、アプリをダウンロードしてみましょう!

iPhoneはコチラ

Androidはコチラ

 

また本サイトでは、MT4について様々な情報をまとめています。

本記事の内容を読み進める前に、MT4についてもっと詳しく知りたいという方は、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

fx mt4 FX専用ソフトMT4(メタトレーダー4)とは?機能や使い方を解説!

 

MT4対応のおすすめFX業者・証券会社は?特徴などを徹底比較! MT4対応のおすすめFX業者・証券会社は?特徴などを徹底比較!

 

MT4 スマホ版アプリ MT4のスマホ版アプリの使い方は?チャート設定やインジケーターについて解説

 

チャート機能の横表示

スマホアプリ版のMT4がどうして見づらいのか…その理由はシンプルに画面が小さいからではないでしょうか。

その一例として、以下の画面をご覧ください。

スマホ画面の性質上、チャート自体も縦長に表示されてしまい、これでは僅かな期間しか遡ることができません。

 

しかしスマホアプリ版のMT4は、実は横画面表示にも対応していることをご存じでしょうか?

横画面表示にすることで、チャート全体も、またインジケーター画面も比較的見やすくなります。

やり方も非常に簡単で、スマホ画面を横に傾けるだけ

この仕様が気づかれにくい理由として、多くのスマホユーザーが「画面の自動切換え」をロックしていることが考えられます。

スマホを傾けてもチャートが横表示に変更されないという方は、設定画面より「画面の自動切換え」のロックを解除しておきましょう。

インジケーターの上下二段表示

チャート分析において、インジケーターの表示形式は非常に重要です。

というのも普通に使用していると、複数のインジケーターが同一に表示されてしまい、大変見辛くなります

 

その一例を紹介しましょう。

以下の画像は、同一チャートにおいて「MACD」と「RSI」を同時に表示したものです。

異なる種類のインジケーターが同じウィンドウ内に表示されると、それぞれが干渉し合って、何が何だか良く分かりません。

そこで紹介したいポイントとしては、「チャート画面」と「インジケーター画面」、別々にインジケーターを追加するということ。

 

まずは、チャート上を任意にタップして「インジケーター」を選択しましょう。

そうすると、以下のように1つ目のインジケーター(RSI)ウィンドウが挿入されます。

続いては、画面中央上にある「f」をタップして、インジケーター画面に移ります。

そうすると、「メインウィンドウ」のボタンが表示されているため、そこから目的のインジケーターを選んでみてください。

この「メインウィンドウ」からインジケーターを選ぶというのが重要なポイントで、ここから複数のインジケーターウィンドウを挿入することができます

2つ以上インジケーターを挿入すると、やはりスマホ画面では見辛くなってしまいますが、上述した「横画面表示」に対応させることで多少は見やすくなるでしょう。

二画面表示

スマホアプリ版MT4が抱える、2つの残念なポイント。

それは「カスタムインジケーターが導入できないこと」「チャート画面の複数表示ができないこと」です。

こればかりは、今後のアップデートで改善されていくのを待つしかありません。

 

そこで本節では、スマホアプリ版MT4が不可能とする「チャート画面の複数表示」、こちらの代替案を紹介します。

縦長のスマホ画面を二分割する便利なアプリ、以下のいずれかをインストールしましょう。

Double Search

Twookul

アプリを起動すると、ブラウザ版を2つ同時に展開できるので、そこからTradingviewへアクセスしましょう。(ブラウザ版MT4も可能ですが、スマホではおすすめしません。)

そうすると上画面のように、1つのスマホ画面で2つのチャートを表示することができます。

画面のスペース上、多少の見えづらさはありますが、1時間足と4時間足を見比べるなど、下位足と上位足を同時に分析したい時におすすめです。

まとめ:スマホアプリ版MT4も設定次第で快適に!

本記事では、スマホアプリ版MT4の表示設定について、以下のポイントを中心に解説しました。

  • スマホアプリ版MT4の概要について
  • チャート機能の横表示
  • インジケーターの上下二段表示
  • 二画面表示

デフォルトの設定だと見えづらいMT4も、設定を少し変えるだけで多少改善されます。

とはいえ、まだまだPC版のMT4に劣っているのも事実。

スマホではなくタブレット用MT4アプリであれば、最初から複数のチャートを表示できるようなので、諦めてそちらを使ってみるというのも一案ですね。

以上、参考にしていただけたら幸いです。

リアルタイム為替レート

 

リアルタイムチャート