キャリートレードってなに?特長や魅力を徹底解説します。

キャリートレード

あなたはキャリートレードという手法をご存知ですか?

まだ知らないという方に簡単に説明すると、低金利の通貨を借りて高金利に乗り換えて金利差を稼ぐ手法です。

このキャリートレードは、高金利通貨を買って金利を稼ぐシンプルな投資方法であるため、機関投資家やヘッジファンドから個人投資家まで多くのトレーダーが使っています。

これだけ、多くのトレーダーに愛用されている効果的な手法ですから、今回はキャリートレードの魅力を詳しくお伝えしていくことにしましょう。

キャリートレードとは

まずは、キャリートレードの仕組みについて説明します。

冒頭でお伝えした通り、キャリートレードは低金利の国の通貨を借りて他の金融資産を購入ところから始まります。

その購入した金融資産を一定期間保有した後に売却し、購入時の相場価格と売却時の相場価格の差額から利益を出す手法です。

イメージしにくい方は債券投資と考えてもらうとわかりやすいでしょう。

これは、低金利で調達して高金利で貸し出すというのは、安いものを買って高いものを売るのと同じで、金融取引の本質だといえるからです。

そして、FXに置き換えても同じです。

金利の高い通貨を購入することで、通貨間の金利差益からのスワップポイントがもらえるので、それで利益を得ます。

このキャリートレードは、FX市場で主要な取引手段のひとつとして知られています。

キャリートレードは通貨を買っておけば簡単に儲かる仕組みなので、相場分析などの時間もかからずに収益が上がるという意味で愛好者は多いです。

円キャリー、ドルキャリートレードとは

ここまでお伝えしてきたキャリートレードの中でも、借りる通貨が円の場合「円キャリートレード」といい、借りる通貨が米ドルの場合には「ドルキャリートレード」といわれています。

このキャリートレードを行うためには、借りる通貨が「流動性の高いことと低金利が今後も続く」ことが大切になります。

そのため経済的に豊かなアメリカと日本の通貨である「ドルと円」が、その通貨の安定性と流動性から、キャリートレードに最適な通貨と見ることができるのです。

円キャリーが日本で長期的に低金利通貨になっていた1990年代から、この日本円の低金利性を利用したキャリートレードに収益機会があると考えた機関投資家や、ヘッジファンドなどが円キャリーを行ってきたといわれています。

そして、2000年代からは個人投資家にも広がり、キャリートレードは一般的なものになっていました。

また、リーマンショック時などの金融危機以降は、アメリカの政策でドルの金利が急低下したため、ドルキャリー取引も頻繁に行われました。

キャリートレードが相場に与える影響

続いてこの章では、キャリートレードが相場に与える影響についてお伝えしましょう。

気になる「キャリートレードの影響」ですが、早速その答えをいってしまえば、影響するともいわれていますし、逆に、しないともいわれているため、相場に対して絶対的な答えはないものといえます。

ただ、円キャリートレードが活発だと、大量の円が売られるために円安になりますよね。

さらに、金利が上がったり、価格が円高方向に進んだりすると、円を借りるメリットがなくなるので円を買い戻す動きが見られるようになっていきます。

金利が低くて価格が円安傾向になると、キャリートレードに利用されやすくなるので、この後に日本の金利が上がれば良いですが、低金利が続いて円安傾向が続くと、キャリートレードが活発になるため相場にも影響を与える可能性があるといえるでしょう。

キャリートレード:まとめ

いかがでしょうか。

今回はキャリートレードについてお伝えしました。

このキャリートレードは相場の変動が激しいときには、リスクが高い手法です。

低金利の資金を借り入れて、高い利回りが期待できる通貨の資産運用で、為替の差益で損が発生すると金利の差で得た利益が失われてしまいます。

そのため、キャリートレードは相場の値動きが安定しているときに行うのがとても重要です。

もし、キャリートレード中に為替相場の変動が激しくなった時は、買い戻しの動きが起こるため、さらに相場の価格変動が激しくなり買いが進む可能性が高くなるでしょう。

キャリートレードを行う際は現在の相場状況を見極めるために、ニュースなどに気を配り安全にトレードをしてください。

この気配りを徹底すれば、とても優位性の高い手法ですからチャレンジする価値はあると思いますよ。

ぜひ、この機会にキャリートレードで大きな利益を狙えるトレーダーを目指してみませんか。