スワップポイントとは?利益にも損失にもなるって本当?

スワップポイントとは

FXは通貨の売買をすることで利益を出しますが、実はそれ以外にも利益を出す方法があります。

それが、「スワップポイント」というものです。

今回はもうひとつのFXの稼ぎ方、スワップポイントについて詳しく解説していきたいと思います。

スワップポイントとは

スワップポイントとは「金利差調整分」と呼ばれる、2国間の金利差から得られる利益のことです。

例えば、日本のような低金利通貨(金利:0.10%)を売って、豪ドル(オーストラリアドル)のような高金利通貨(金利:1.50%)を買うと、その金利の差額をスワップポイント(金利差収益)として毎日付与されるという仕組みです。

スワップポイントのメリット

FXで得られるスワップポイントは、銀行預金の利息に似ています。

ただ、銀行預金の利息が受け取れるのは年に数回のみですが、スワップポイントはポジションを保有している間、毎日受け取れます。

金額こそ大きくはないですが、毎日付与されるので、大変魅力的な利益です。

仮に1日100円のスワップポイントが貰えるとなると「100円/1日×365日 = 36,500円/年」が貰える計算になります。

スワップポイントが高い通貨ペアを選択すれば、年率10%以上のリターンを得られることも可能です。

スワップポイントのデメリット

スワップポイントは利益になる場合だけでなく、逆に、支払いになるケースもあるので注意が必要です。

低金利の通貨ペアを売って高金利の通貨ペアを購入すると、スワップポイントは受け取りになり、利益の増加につながります。

ポジションを保有している日数が長ければ、日数に比例してスワップポイントは増えていきます。

一方、高金利の通貨ペアを売って低金利の通貨ペアを買った場合は、スワップポイントはマイナスとなるのです。

その場合は、ポジションを保有している間、毎日スワップポイントを支払うことになります。

例えば、高金利の外貨を売って、低金利の円を購入するポジションをとった場合は、スワップポイントの支払いになることを認識しておきましょう。

また、短期間で大きな利益を狙えるトレード収益に比べた場合、期待できる収益率はやはり低くなります。

そのことを考えても、スワップポイントだけを狙って利益を出すことは難しく、うまくメリットを活かしてトレードしていくとよいでしょう。

スワップポイントが高い通貨ペア

スワップポイントは、通貨ペアによって受け取れる利益の幅が変わります。

こちらでは特にスワップポイントが高い、オススメ通貨ペアを3つご紹介したいと思います。

トルコリラ/円

ここ最近、一番人気がある通貨ペアはトルコリラ/円。
とにかく金利が高く、金利通貨の王様と呼ばれているほどです。

スワップは1日あたり80~120円、利回りは5.57~10.57%です。
日本の金利が0.10%なので、最大10倍近い金利差があります。

新興国の通貨であるため流動性が低いので、不安定という特徴があります。
そのため、急激な価格変動に見舞われる可能性があることは認識しておきましょう。

豪ドル/円

豪ドル(オーストラリアドル)は、政治や経済が安定している国の通貨ペアですが、金利が高いという特徴があります。
そのため、豪ドル/円も人気がある通貨ペアです。

スワップポイントは1日あたり60~85円、利回りは1.5~2.5%になります。

先進国通貨なので信頼性が高く、通貨の価格が下がり続けたり、通貨の価値がいきなり0になったりすることはありません。
豪ドルと日本円の通貨ペアなので、世界経済ニュースなどには敏感に反応するという特徴があります。

NZドル/円

オーストラリアと同じく、ニュージーランドも比較的政治や経済の情勢は安定しています。そのため、NZドル/円も人気の通貨ペアです。

スワップポイントは1日当たり70~90円になります。
利回りは2.5~3.5%です。

ニュージーランドはオーストラリアのすぐ近くにあり、経済圏的には双子のような関係です。
したがって、NZドルも豪ドルと同じような値動きをしていることが特徴です。

スワップポイント:まとめ

FXはトレード以外に、スワップポイントを使って利益を出すことができますが、スワップポイントだけを狙って利益を出そうとするより、トレードと併用して双方のメリットをうまく活かしてトレードしていくことをオススメします。

ただひとつ注意すべきなのは、高金利の外貨を売って低金利の円を購入するポジションをとった場合は、スワップポイントの支払いになることだけは必ず認識しておいてください。

スワップポイントは毎日付与されるので、ちりも積もれば山となる、の気分で運用を!