FXの注文方法には種類がある【初心者向けに完全解説】

FX注文方法

FXには様々注文方法がありますが、あなたは何種類ぐらい知っていますか?

FXの注文方法には利益を上げるために絶対におさえておきたいものから、知っているとかなり便利なものまで、様々な種類があります。

注文方法はFXの基礎的な知識ですが、だからこそ、ここを理解しておかないと後々つまずいてしまう可能性も高いです。

そこで今回は、FXの注文方法について詳しく解説していきます!

FXの注文方法には6種類ある

FXの注文方法には大きく分けて6種類あります。

それぞれ違った特徴があるので、1つずつ紹介していきますね!

注文方法①:成行注文

あずさはま成行(なりゆき)注文です。

数ある注文方法の中でも、最もメジャーでシンプルな注文方法になります

今すぐ買い(もしくは売り)でエントリーしたいときに使うのが、成行注文です。

成行注文は手動でのエントリーになるので、細かい設定は一切必要ありません。
これなら初心者の方でもわかりやすいですよね!

「いま買いたい!」、「いま売りたい!」と思ったとき、スピーディーに注文できるのも成行注文の特徴になります。

注文方法②:指値注文

次に、指値(さしね)注文です。

指値注文とはチャートが指定した価格になった時点で、自動的に注文を成立させてくれるとても便利な注文方法で、購入制限やテイクプロフィットと表記されることもあります。

例えば、現在のチャートが100円だとして、「98円なったら買い注文をしたい!」と思ったとします。

しかし、場合によってはチャートを見続けられないこともありますよね。

そんなときに、事前この指値注文をしておくと、1ドル98円になった時点で自動的に買い注文をしてくれるわけです。

先ほど紹介した成行注文だと、チャートが98円になるまで自分で見守らないといけませんが、指値注文を使えばその手間がなくなります。

これな予定があって、チャートを見ていられなくても、利益を狙うことができます。

使えるようになると効率的にトレードできるので、「時間はないけどお金は稼ぎたい!」という方にはオススメです。

注文方法③:逆指値注文

続いて、逆指値(ぎゃくさしね)注文です。

逆指値注文は、指値注文と同じく自動的に注文を成立させてくれる注文方法で、Buy Stopやストップロスと表記されることもあります。

しかしその使い方は指値注文とは違いは、損失を抑えるためのストップ(損切り)注文として使います。

例えば、100円のときに相場が上昇すると思って、買いでエントリーをしていたとします。

しかし、予想とは反対に相場が下落してしまう可能性もありますよね。

そこで、初め98円になったら、自動的に決済してくれる逆指値注文をしておけば、実際に相場が下落したとしても、損失を最小限に抑えることができます。

これが逆指値注文を入れていなかったとしたら、目を離している間にどんどん相場が下落した場合、知らない間に損失が増えていくことになるんです。

損失をコントロールする上で逆指値注文はとても役に立つので、ぜひ覚えておいてください!

注文方法④:IFD注文

次にIFD注文(イフダン注文)です。

IFD注文とは、1度に2つの注文を指定できる注文方法で、忙しくてなかなか相場を見ていられない方に向いているでしょう。

なぜなら、エントリーから決済までを、自動でおこなってくれるからです!

どうして自動でトレードが完結するのか、仕組みは以下の通りです。

例えば、「1ドル105円のときに買って、その後1ドル110円まで上昇したら売る」というように、事前エントリーと決済の2つの注文を指定することができます。

この設定をしておくだけで、エントリーと決済を、手動でおこなわなくても大丈夫なので、その後PCやスマホを確認せず、遊んだり、仕事をしたりしていても、チャートが設定した条件に合致した瞬間に自動でトレードをしてくれるんです!

これなら、エントリーから決済まで、自動でおこなってくれるので、忙しくてチャートを見る時間がなかなかとれない方でも、時間を気にせずに利益を狙っていけますよね。

いま解説したのは、利益を自動で確定してくれるパターンのIFD注文ですが、逆に損失を限定してくれるパターンのIFD注文もあります。

これから相場が上昇すると予想したとして、「1ドル105円のときに買ったけど、逆に1ドル103円になったら売る」という注文を出すこともできます。

自動のトレードは手動に比べると、メンタルに左右されることが少ないです。

なぜかトレードで損失を出しやすい方でも、IFD注文を使うことで損失を最小限に抑えられるので、ぜひ活用してみてください!

注文方法⑤:OCO注文

続いて、OCO注文(オーシーオー注文)です。

OCO注文とは、「買い」と「売り」の注文を同時に出しておいて、どちらかが成立したらもう一方は自動的にキャンセルされる注文方法です。

つまり、相場を読み間違えてしまったときの、リスク回避を注文の段階でおこなうことができます!

OCO注文はエントリー注文と決済注文のどちらでも使える、便利な注文方法です。

例えば、相場が上昇すると予想し、1ドル100円のときに買ったとして「1ドル102円になったら売り(利益確定)、1ドル98円になったら買い(損切り)」と、2つの決済注文を同時に出しておけば、相場が思っていたのとは別の方向に動いても、損切りを感情に左右されずにおこなえます。

もちろん、利益確定か損切りになった時点で、もう一方は自動的にキャンセルになります。

IFDとOCOの違いをまとめると、

  • IFD注文:エントリーと決済をセットで、かつ自動でおこなえる注文方法
  • OCO注文:買いと売りの両方をエントリー&決済でスタンバイでき、IFD注文の買いと売りの2パターン出したときに成立しなかったどちらかをキャンセルしてくれる機能が追加された注文方法

上記のようになります。

注文方法⑥:IFO注文

最後に、IFO注文(アイエフオー注文です。

IFO注文は、先ほど紹介したIFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。

つまり、『新規注文・利益確定注文・損切り注文』をすべてセットで注文できてしまいます。

新規注文はIFD注文、利益確定注文と損切り注文はOCO注文です。

例えば、現在1ドル100円でこれから相場が上昇すると予想しているとします。

そして1ドル105円になったら買って、その後1ドル107円になったら売る(利益確定)1ドル103円になったら売る(損切り)。

ここまでをすべて自動でできるのが、IFO注文です。

自分のスタイルに適したFXの注文方法を!

以上、FXの6種類の注文方法について解説してきました。

一気にすべてを覚えようとしてもなかなか難しいかもしれませんが、デモトレードで実際に6つの注文方法を試してみると、早く理解できるでしょう。

また、「この注文方法が絶対に優れている!」というものではないので、そのときの状況に合わせて使い分けてみてください。

冒頭でもお伝えしましたが注文方法はFXで利益を上げるためには欠かせない基礎的な知識なので、しっかり理解しておいてくださいね。