グランビルの法則を初心者にもわかるように解説!

グランビルの法則

「グランビルの法則」とは、アメリカの投資分析化であるジョセフ・E・グランビルが考案したチャート分析法です。

グランビルの著書、「グランビルの法則」が書かれたのは1960年なので、現在から50年以上前に発明された分析法ということになります。

グランビルの法則では、移動平均線(MovingAverage)を使います。

移動平均線とは、一定期間の価格の終値から平均値を求め、それを線でつないだものです。

世界で最も広く使われていると言っても過言ではないほど有名なインディケータで、それだけでも表示させる価値があると言えます。

移動平均線を使ってのトレード方法は様々なものがありますが、グランビルの法則では、買いと売りでそれぞれ4つの合計8つの売買法則が示されています。

主に注目している点としては、「移動平均線と価格の乖離」、「移動平均線と価格のクロス」、「移動平均線の傾き」です。

その点を踏まえていただき、8つの法則についての説明をお読みいただけたらと思います。

買いの4つの法則

  1. 下向きだった移動平均線が横ばいor上向きで、ローソク足が下から上に抜けクロス安値の切り上げなどの他の条件が重なっていると、より勝率が高くなります。
  2. 上向きの移動平均線の下にローソク足が来ている 移動平均線が上向きなので、押し目買いとして入るところで反発を確認してからエントリーが確実です。
  3. 上昇している移動平均線までローソク足が下がるも、下抜けずに反発する
    トレンドの発生時によく見られる動きです。
  4. 下落している移動平均線からローソク足が大きく乖離した時に戻っていく
    移動平均線から大きく離れたローソク足の戻りを逆張りで狙いますが、勢いが強いとそのまま一気に下落することもあるので注意が必要です。
グランビルの法則

売りの4つの法則は買いの4つの法則が逆になっているだけで考え方は同じなので、どちらかの仕組みを理解していれば問題ありません。

売りの4つの法則

  1. 上向きだった移動平均線が横ばいor下向きで、ローソク足が上から下に抜けクロス高値の切り下げなどの他の条件が重なっていると、より勝率が高くなります。
  2. 下向きの移動平均線の上にローソク足が来ている移動平均線が下向きなので、戻り売りとして入るところで、反発を確認してからエントリーが確実です。
  3. 下落している移動平均線までローソク足が上がってくるも、上抜けずに反発するトレンドの発生時によく見られる動きです。
  4. 上昇している移動平均線からローソク足が大きく乖離した時に戻っていく
    移動平均線から大きく離れたローソク足の戻りを逆張りで狙いますが、勢いが強いとそのまま一気に上昇することもあるので注意が必要です。
グランビルの法則

移動平均線とローソク足の関係として乖離が大きくなると戻りやすいという性質と、移動平均線の向いている方向にローソク足は動きやすいという性質から、売買法則が成り立っているということをご理解していただけたでしょうか。

それぞれ4つの法則を説明しました。

では次に、実際にグランビルの法則を使ってトレードする上での注意点をお伝えしていきます。

4つの法則とまとめてお話しましたがそれぞれに特徴がありますので、買いの場合で説明します。

グランビルの法則を使う際の注意点

まずは(2)と(3)についてです。

こちらは高値と安値が切り上げていて、移動平均線も上向きなので順張りのトレンドフォローになります。

比較的に安全にエントリーすることができ勝率も高いポイントと言えるでしょう。

(4)については、逆張りになります。

実際に狙ってみるとわかりますが、どこまで乖離したら戻ってくると決まっているわけではないので、エントリータイミングが難しいです。

そのまま下落が継続することもあり、損切りになることも少なくないので、しっかりと見極めてエントリーする必要があります。

(1)については、移動平均線も横ばいで順張りと逆張りのどちらかに分類することはできません。

トレンドの転換点を狙っていて高値と安値の切り上げが始まっているので、(4)と比べれば安全ではありますが、明確に上昇トレンドと言える状況ではありませんし、上位足で見てみると下落の中の戻しになっているだけだったということもあります。

また、そのままレンジ相場になり、しばらく動かないことも少なくありません。

こんな話ばかりしていると、「それじゃグランビルの法則使えないんじゃない?」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

チャートに表示させてみるとわかりますが、有名で長年使われているだけあり、しっかりと機能していることがわかります。

グランビルの法則を活用させる

ここからは実際にどのように使えばいいのかをお話ししていきます。

グランビルの法則に限った話ではありませんが、それだけで勝ち続けることのできるインディケータは存在しません。

そこでどうするのかというと、組み合わせるのです。

代表的な組み合わせとしては、オシレーター系のインディケータと組み合わせる方法があります。

移動平均線はトレンドの勢いを表すトレンド系のインディケータですので、違う動きをするオシレーター系のインディケータと組み合わせることで、エントリーの精度を上げることができます。

買いの法則の(2)や(3)などの押し目買いのポイントで、オシレーターがどのくらいの数値に推移しているのか、反転して上昇が始まったことを確認してエントリーすると、勝率が上がり利益を出しやすいポイントでエントリーすることが可能となります。

その他にも、複数の時間足でローソク足と移動平均線を確認する方法があり、それぞれをグランビルの法則に当てはめてみると、場面は違っていても方向性が一致していることがあります。

下位足では買いの法則の(2)で、上位足で見ると買いの法則の(4)であるという具合です。

多くのフィルターを通っている分、ダマシも少なく勝率があがります。

また、同じ時間足で期間設定の違う複数の移動平均線を表示させても同じような効果を得ることができます。

グランビルの法則:まとめ

グランビルの法則、ご理解いただけたでしょうか。

移動平均線には様々な使い方がありますが、それらはグランビルの法則から成り立っています。

売買法則をそのまま使わなくとも、乖離・クロス・傾きという部分と価格の関係を把握しているだけでトレードの質が変わってきます。

ぜひこの点を意識しエントリーポイントと決済ポイントを決める際に活かして損小利大で勝率の高いトレードを目指していきましょう。