FXのロット(Lot)とは?基礎知識から使い方まで徹底解説!

ロットとは

FXトレードをしているとよく目にするロット(Lot)

いまいち意味や使い方が理解できていない人もたくさんいます。

この記事では、ロットについて初心者向けに解説していきます。

安定した利益を上げ続けるためにも、ぜひ理解しておきましょう!

ロットとは

FXにおけるロット(=Lot)とは、取引通貨量の単位のこと指し、ロットを自ら調節することで、取引の数量を決めることができます。

つまり「どれぐらいの資金で取引(トレード)をするか?」を、自分で決められるんです。

MT4の取引画面を開くと下記画像が表示されるので、「数量」の部分でロットを選択できます。

ロットとは

例えば、1.0ロットの取引というのは、ドル円でいえば10万ドル分トレードを行うことを指します。

0.1ロット(1万通貨)で取引すると、1pipsの値動きで約100円の損益が出ます。
そして1.0ロット(10万通貨)で取引すると、1pipsの値動きで約1,000円の損益が出るということ。

つまり、このロットの部分を大きくすればするほど、得られる利益は大きくなるということです。

そして、証券会社によって、取引通貨量の単位が異なるのも特徴です。
1,000通貨単位から取引可能な証券会社もあれば、1万通貨単位から取引可能な証券会社もあります。

最低取引単位数は、各証券会社のホームページに記載されているので、口座開設する前に、かならずチェックしておきましょう。

レバレッジとの違い

レバレッジとは証券会社に自己資金を担保金として預けることで、実際の資金の何倍もの金額で取引ができる仕組みのことです。

つまり、少ない資金であっても、多くの利益を出せるのがレバレッジのメリットとなります。

ちなみに日本の証券会社では、25倍のレバレッジが上限となっています。

リスクをコントロールするのは、レバレッジと考えてしまいがちですが、FXはロットの調節をかけてトレードすることで、リスク管理をすることが一般的です。

1度のトレードで大きな利益、または損失を生むのは、ロット次第といっても過言ではありません。

そのため資金量に応じて、適切なロットでトレードすることを心がける必要があるのです。

レバレッジについてはこちらの記事で詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

レバレッジとは レバレッジとは?FXを始めるために必要な知識を初心者向けに解説!

1.0ロットの取引でどれくらい儲かる?

先ほども触れましたが、FXではロットによって得られる利益が変わります。

例えば、0.1ロットで取引した場合には下記の損益が発生します。

  • 1pipsの変動で100円
  • 10pipsの変動で1,000円
  • 100pipsの変動で10,000円

さらに1.0ロットまで、高ロット数に増やして取引すると、これだけ変わります。

  • 1pipsの変動で1,000円
  • 10pipsの変動で10,000円
  • 100pipsの変動で100,000円

このようにロットを増やしていけば、比例して獲得できる利益は増えていきます。

それと同時に損失のリスクも増えてしまうので、資金量に応じて、ロットは調節しなければいけません。

許容損失のリスクを考えた上で、ロットを決めてトレードするようにしましょう。

ロット(Lot)とは:まとめ

ロットを上げれば上げる分だけ、得られる利益は増加しますが、逆にリスクも増えることに繋がります。

利益ばかりに目を向けずに、リスクを考えた上でトレードをすることが、FXではとても大事なポイントとなるでしょう。

リスクコントロールにおいてよく考えられているのは、最大で1回のトレードで、資金の3%を損切り設定金額とする方法であり、この水準を意識しながらトレードを行うと良いでしょう。

リアルタイム為替レート

リアルタイムチャート