FXでチキン利食いを今すぐ克服する方法

チキン利食い

FX相場の世界では最初に損切りの壁があります。

トレーダーとして成長していく過程で「ちゃんと損切りを行う!」

ということは、割とすぐに受け入れることができます。

なぜ、損切りはすぐに受け入れることができるのかわかりますか?

それは……何回か損切りで痛い目をみると、いやでも「損切りはしよう!」と脳が働くからです。

そして、損切りが正しくできるようになると、次は利益確定に悩んでしまいます。

というのも、実は損切りをすることができるようになるよりも、利益確定のほうが難しいといわれています。

利益確定は、経験や精神面……つまりメンタル面が大きく左右します。

チキン利食いの原因として「損したくない」という本能には抗うことができません。

含み益は我慢することで損失に変わってしまうかもしれないから、怖くて利益確定してしまい、含み損は逆に我慢することで利益になるかもしれないからいくらでも耐えられる。

という悪循環……。

これがチキン利食いをしてしまう原因ですし、やがてはトレードルールを無視してコツコツドカンという最悪の結果が待っているわけです。

みなさんも、トレード中に、増減する数字に一喜一憂して感情的になり、翻弄された経験はないでしょうか?

含み益になってプラスの数字が並ぶと嬉しいし、安心しますよね。

逆に、エントリーから逆行すれば、不安になって焦り、チャート監視もままならなくなってしまう……。

上記のような感情がレートに揺さぶられている中で、「正しい行動を選択する」ことや「トレードルールを厳守すること」なんて無理なことだと思いませんか?

トレードで利益を伸ばせるようになるためには、「なぜ、なんのために利益を伸ばすのか?」という明確な根拠が必要です。

利益を伸ばそうと思ったときに限ってすぐに戻されてしまう……。

「戻されるよなぁ……」と考えて決済すると、決済直後に戻されず自分が思っていた方向へ伸びる……など、みなさんもよく聞きますよね?

もちろん、早めの利益確定に確固たる理由がある場合は別ですが、「含み益を失うのが怖いから」とチキン利食いしてしまうことは、 成功から遠ざかってしまうことにも繋がりますので「要注意」です!!

さて、今回のテーマは、FXをはじめたばかりの初心者の方には、大きな越えられない壁として立ちはだかる問題であり、FXのトレードをするほとんどの人が通る道といっても過言ではない「チキン利食い」「チキン利食いの防御法」についてお話していきたいと思います。

チキン利食いとは?

まず、「チキン利食い」と聞いてどんなことを考えますか?

矯正的に治療する病気だ!と考えている方もいると思いますし、チキン利食いしているようでは勝てない!という方もいると思います。

だいたい、「チキン利食い」と聞いて思い浮かぶことは、トレードするにあたりネガティブな要素ばかりですよね。

チキン利食いとは簡単にいうと、自分が予想する利益確定ラインまで待てずに、
自分のポジションが含み益になった時に、わずかな利益で確定決済をしてしまうことです。

もちろんチキン利食いにもメリットがあります。

  • リスクをなるべく早く小さくできる
  • 一旦、利が乗ったトレードでロスカットにならないですむ
  • チキン利食いをしたおかげでその後の逆行に巻き込まれずに助かった

……などなど

チキン利食いはその時々の単独のポジションで見れば、 薄利ではあるもののプラスで確定できて、マイナスに逆行することも回避できるので有効な選択かのように思い込んでしまいます。

しかしながら、トレードは、1つ1つ勝っていても月単位で収支がプラスになっていなければ「勝ち」とはいえません。

チキン利食いをして、1ヶ月、3ヶ月、半年……1年……と振り返ったときに残るのは「損失」だけです。

初心者の方や、チキン利食いをやめられず繰り返してしまう方は「チキン利食いを繰り返すことでトータルで負けて、自分に不利益な結果しかもたらさない!」ということを知らないがために繰り返してしまうのです。

まずは、「チキン利食いをするたびに成功するトレーダーから遠ざかっている」ことを自覚することが大事です。

それでは、チキン利食いを防ぐ方法として3つの方法をお話していきたいと思います。

チキン利食い防御法その1:大きな時間軸のチャートを見ましょう

自分がトレードしている時間軸よりも大きな時間軸のチャートを見てみてください。

例えば、5分足でトレードしているなら30分足、15分足でトレードしている場合は1時間足など、大きな時間軸を確認して目標を決めてみましょう。

長い時間軸のローソク足のほうが、短い時間軸のローソク足よりも信頼できます。

理由は単純に、一本のローソク足を作るためにかかった時間と情報量の差です。

5分足のローソク足も30分足のローソク足も、ローソク足にしてみれば同じ1本ですよね。

5分足でどんな動きを見せようと、ほんの5分の間に起きた出来事に過ぎません。

5分と30分を比較すると、30分足には5分足の6倍の情報が詰まっています。

そのため、大きな時間軸のほうが信頼できるのは明らかですよね!

大きな時間軸でトレードをしたほうがいい!というわけではないので勘違いしないでくださいね(笑)

大きい時間軸でみると、「まだまだ利益は伸びそうだな!」ということに気づくこともできますし、チキン利食いする前に、一旦大きい時間軸を見て、自分の「チキン利食いしたい!」という気持ちを落ち着かせてみてください。

例として、以下のUSD/JPYの5分足と30分足のチャートをご覧ください。

5分足のチャートではエントリーしてから6本目の陽線でチキン利食いしてしまいそうな場面ですよね?

これを30分足に切り替えてみると、実はまだ伸びそうだなというのがわかるかと思います。

チキン利食い

大きな時間軸を確認しながらトレードすることはFXにおいて非常に重要です。
こちらの記事でも取り上げていますので、ぜひ併せてチェックしてみましょう。

マルチタイムフレーム マルチタイムフレーム分析は簡単にできる?FXでしっかりと利益を上げよう!

チキン利食い防御法その2:分割決済を利用してみましょう

分割決済とは、みなさんご存知だと思いますが1つのエントリーポジションを1回で決済せずに、何回かに分けて決済する事ですよね。

分割決済のおおまかな例として、

  1. まずは普段通りにエントリーします。
    ※エントリーの際、ポジションは3万通貨と仮定します
  2. エントリー後に利益が出る方向へレートが動いたとして、「利益想定の30%」になったら1万通貨を利益確定します。
  3. その後もレートが動いたら「利益想定の60%」として、さらに1万通貨を利益確定します。
  4. その後は、予め想定していたポイントまで利益を伸ばします。
チキン利食い

このように決済を行うことによって、利益を確保しつつ利益を伸ばす練習にもなります。

分割決済の利点として、分割のポジション管理を行うことで、 大きく負ける可能性は小さくしたまま、大きく勝つ可能性を高めることができるのです。

また、分割してポジションを利益確定することによって、早く利益確定したいという衝動を抑えることができますので試してみてくださいね!

チキン利食い防御法その3:トレール注文を活用してみましょう

トレーリングストップ注文(Trailing Stop)とは、そのときの価格の変動に合わせてリアルタイムで逆指値注文(ストップロス)を自動的に変更する注文方法のことです。
※略してトレール注文

トレールとは「追いかける」という意味で、「利益を伸ばしたいけれど、万が一の時はきっちりと利益を確保したい」という場合に使える注文方法です。

トレール注文を活用すれば、相場が順行すればするほど利益が伸ばせます。

また、逆行した場合にトレール注文の逆指値による決済が執行されます。

チキン利食い

注文を出しておけば自動で執行されますので、エントリー後は相場を監視することなく任せておけるわけです。

監視していると相場の上下に翻弄されて「利益確定したい!」という欲求に勝てないとしても、 トレール注文を出したあとは相場から離れることができるため「利益確定したい!」という気持ちを抑えることができます。

つまり!

利益を伸ばすだけ伸ばすことも、損失を最小限に抑え、なおかつ感情を挟まず機械的になることもできる注文方法です!

チキン利食いの防御法:まとめ

以上、チキン利食い防御法として3つの方法をご紹介しましたが、利益確定と損切の方法はたくさんあり、答えはひとつではありません。

全てを取り入れる必要はないので、あなたのトレードスタイルにあわせて上手に活用してみてくださいね!

チキン利食いを克服し、獲れる時には可能な限り獲るということを心掛けてトレードを行っていただければ幸いです!

リアルタイム為替レート

リアルタイムチャート