FXの証拠金とは?初心者に必要な知識を徹底解説!

証拠金とは

FX取引をスタートする際に必要な資金が証拠金と言われるものです。

今回は、証拠金とは一体なんなのかを初心者向けに解説します。

その仕組みについても詳しくお伝えしますので、FXを始める際に思わぬところで足元をすくわれないように、ぜひ最後までご覧ください。

証拠金とは

証拠金とは「FXでの取引の際に必要な資金」のことです。

より分かりやすく解説すると、取引するあなたが取引先の会社に担保として預け入れる金銭のことを指します。

つまり、この「担保金」のことをFXでは「証拠金」といいます。

証拠金の種類は「必要証拠金」「有効証拠金」と2つあるので、こちらについてさらに解説していきましょう。

必要証拠金

必要証拠金とは、エントリーする(ポジションを取る)ためにその取引額に比例して最低必要となる預託金のことです。

為替取引では、証拠金をもとにレバレッジをかけることにより、実際の資金より大きな金額で運用を行うことが可能になります。

レバレッジとは レバレッジとは?FXを始めるために必要な知識を初心者向けに解説!

必要な証拠金額はFX口座の種類や通貨ペア、取引量によって異なります。

日本の証券会社の、通常のFX口座である個人用のレバレッジ25倍口座では、おおむね取引額(現在レート×取引数量)の4%分が必要証拠金となります。

有効証拠金

有効証拠金とは、取引として利用可能な証拠金の総額のことです。

分かりやすく言うと「あと、どれくらいの取引ができるかの余力」を示した金額のことです。

預け入れた資金のほかに、ポジション(持ち高)の損益分、すでに決済をしたポジションの損益分をすべて合算したうえでの金額となります。

証拠金はどれくらい必要?

FXの必要証拠金は「取引量×レバレッジ」で変わるので、取引額に応じた資金を証券口座に入れておきましょう。

FX会社によって最低取引量(最低購入単位)が変わりますので、例として、ドル円(1ドル=100円時)の取引量別の必要証拠金を掲載します。

1,000通貨:100,000円 (1ドル100円×1,000通貨)

▼必要証拠金
10倍の場合:10,000円
25倍の場合:4,000円

10,000通貨:1,000,000円 (1ドル100円×10,000通貨)

▼必要証拠金
10倍の場合:100,000円
25倍の場合:40,000円

例えばドル円で1万通貨を取引したとすると、ほぼ4万円の証拠金が必要になるという計算になります。

10万通貨の場合は40万円、100万通貨は400万円が必要になります。

証拠金:まとめ

FXではレバレッジをかけて取引することができますが、市場の変動リスクを検討したうえで、余裕をもって、無理のない範囲で取引することをオススメします。

証拠金が0になってしまえば、取引すらも不可能となります。

かけた金額が大きければ大きいほど、リターンは大きくなります。
しかし逆に、損失のリスクも増えますし、急な変動によって大損失の可能性もあります。

証拠金をできるだけ減らさないよう、大事な資産を守って、トレードをするように心掛けていきましょう。