【最新】FXの出来高を簡単に確認する方法を紹介!

笑顔の女性

為替相場というのは、絶えず誰かが買い、誰かが売ることで成り立っています。
あなたもトレードをする時、「買い」か「売り」かの注文をしていますよね。

しかしFXの動きを厳密に言うと、あなたが買った分は誰かが売っている、あなたが売った分は誰かが買っている、というふうに、他のトレーダーと“取引”をしているんです。

この双方の“取引”が、ある一定の期間においてどのくらい成立したのか。
これを表したのが「出来高」と呼ばれるものです。

株式取引をやっている方にとっては、出来高はメジャーな存在かもしれませんね。
その一方で、FXトレーダーの方にはあまり馴染みがないので、もしかしたら「初めて聞いた」という方もいらっしゃるかもしれません。

実は、多くのFXトレーダーが見落としているこの出来高。
上手く活用すればトレードの勝率もアップ、そして利益もアップしていく、とてつもない優れものなんです!

こちらの記事ではそんな出来高について解説していきます。
ぜひ最後までご覧くださいね。

FXに出来高を取り入れるメリットとは

そもそも出来高は具体的に、どうあなたのトレードに役立つのでしょうか。

一言で表すのであれば、“相場の勢い”が分かる、これが出来高の大きな特徴でありメリットです。

FXの学習をしていると、“相場の勢い”というフレーズはよく耳にするかと思います。
これは要するに、どれだけ多くの(あるいは多額の)注文が入っているか、ということを指します。

細かい説明は省きますが、たくさんの買い注文が入っているほどチャートは大きく上昇し、継続しやすい。
反対に、たくさんの売り注文が入っていればチャートは大きく下落し、継続しやすい。

これが、いわゆる“相場の勢い”が強い、という状態です。

そしてまさに、出来高が示す取引量というのが、この“相場の勢い”を示したものに他ならないんです。

出来高によって“相場の勢い”を掴めれば、より利益に繋がりやすいタイミングを見つけられるので勝率も上がり、トータルでの利益額も増えていくというわけですね。

FXで出来高を確認する4つの方法

ここからは、具体的に出来高を確認する方法を紹介していきましょう。

ひとつ注意をしてほしいのが、FXにおける出来高というのは、提供元によって少しずつ情報が異なるということ。

それぞれの特徴をよく理解した上で、どこから情報を得るのか、あなたも検討してみてくださいね。

方法①:店頭FX月次速報(金融先物取引業協会)

金融先物取引業協会が提供する「店頭FX月次速報」では、日本国内50社以上の出来高を見られます。

日本国内のFX会社は概ねこちらで把握できます。

また、未決済ポジション残高も確認できるので、過去相場だけではなく、今後どのように相場が動いていくのか、といった予測を立てたい方にとっては有益な情報ですよ。

方法②:TFXヒストリカルデータベース(東京金融取引所)

東京金融取引所が提供する「TFXヒストリカルデータベース」は、出来高を確認したい通貨ペアと期間を設定し、その条件下での出来高を見ることができます。

また、設定した条件下でのデータをテキストファイルでダウンロードすることも可能なので、過去に遡って細かく分析をしたい、もしくはその分析を記録として残しておきたいという方にはとても便利な仕様になっています。

方法③:外国為替市況(日本銀行)

日本銀行が提供する「外国為替市況」は、東京外貨市場における状況を日次・年次の2種類で見ることができます。

日次のほうは最短で1日前のデータを見ることができるので、よりタイムリーな情報を得たいという方はこちらを活用するとよいでしょう。

ただし、確認できる通貨ペアについてはドル円、ユーロドル、ユーロ円と限られているので、それ以外の通貨ペアでトレードをしている方はご注意くださいね。

方法④:通貨ペア別出来高(シカゴ・マーカンタイル取引所)

こちらは、先物・デリバティブ市場を提供している世界的な会社が提供しているもので、上記の3つと異なり、国内だけではなく世界の取引量が対象です。

そのためデータもかなり多く、実践で活用するならばこちらが一番優位性のある情報と言われています。

主要通貨ペアでトレードをしていて、情報源に特別こだわりがないという方は、まず
はこのCMEグループが提供する「通貨ペア別出来高」を参考にしてみてください。

FXにおける出来高について:まとめ

為替相場を動かしているのは、トレーダー、つまり「人間」です。
チャートの動きを見ていると実感しにくいものですが、実際にトレードするということは、人間同士の取引であることは変わりません。

とはいえFX初心者の方は、チャートを見ただけで他のトレーダーの動きを読み解く、というのはなかなかハードルが高いことですよね。

だからこそ、出来高はトレーダーにとって、かなり重要な存在となり得ます。
出来高が示す取引量というのはまさに他のトレーダーの動きそのものですから。

出来高から“相場の勢い”は簡単に調べることができますし、取引量も、数字で表されて一目瞭然なので、初心者の方の強い味方となるでしょう。

ただし、データや対象になる通貨ペアなどの条件については、提供元によって少しずつ違いがあるので、あなたも今回ご紹介した4つの情報を見比べてみてくださいね。