FXライントレードで勝率を上げる!引き方から手法まで解説!

FX ライントレード

「チャートにたくさんインジケーターを表示させたら頭がこんがらがる。」
「ローソク足が形成した形だけを見るプライスアクションは、相場のどこを見たらいいかわからない。」

こういった悩みを抱えている人も多いでしょう。

実はもっとシンプルで簡単ながら、高勝率が見込めるトレード方法があるんです!

それがラインを使って売買の判断をしていく「ライントレード」です。

ライントレードはリアルタイムの値動きだけでなく、過去の値動きも加味して相場全体の流れを把握する手法なので、勝率が高いことはもちろん、相場観を養うにもうってつけ。

さらにトレードの基準はラインとローソク足の関係を見るだけと、とってもシンプルなのでFXを始めたばかりの方にもオススメです。

この記事では、そんなライントレードのやり方やコツを、初心者にもわかるように解説していきます。

どうぞ最後まで、ご覧くださいね。

ライントレードの3つのメリット

まずはライントレードのメリットについて解説していきます。

メリット1:どのチャートでも使用でき設定が不要

MT4に限らず証券会社オリジナルのチャートシステムでも、同じように使えることは大きなメリット。

当エフテンではMT4を推奨していますが、MT4に対応できない証券会社でトレードしている方も多いでしょう。

おそらく国内外どこの証券会社独自のチャートシステムでも、ラインを引く機能は揃っているので、ここで学習したことが必ず活かせます。

また、EAや外部からオリジナルインジケーターを導入する必要がないので、パソコンが苦手な方でも安心して使えますね。

メリット2:トレード戦略を立てやすい

ラインを引くという非常にシンプルなことですが、その効果は絶大。

チャートにラインを引くことで「あのラインまで相場が伸びそう」「ここで反発しそう」といった予測が立てられるようになります。

ただ、上がった下がったで売買の判断をするのではなく、テクニカル分析を活用して戦略立ててトレードするのがFXの基本。

ライントレードはシンプルながらかなり精度も高いので、トレードの基本を覚える上でも非常に有効です。

メリット3:他の手法の精度を高めることが可能

トレードの戦略や相場観が養われることから、他の手法との相性も抜群。

例えば、移動平均を使った「パーフェクトオーダー」や、オシレーター系のインジケーターを使った「ダイバージェンス」など、他の手法の勝率を高めることができます。

ライントレードの知識は他の手法でも必ず役に立つので、FXを続けている限り学んだ知識が半永久的に役に立つというのも魅力ですよね。

ライントレードの2つのデメリット

次にライントレードのデメリットについて解説していきます。

メリットを知ることはもちろんですが、デメリットもしっかりと理解することで特性にあったトレードができるようになり、高い勝率を狙っていけるでしょう。

デメリット1:ラインの引き方に個人差がある

簡単に引けるラインですが、簡単で自由度が高いがゆえに、その引き方は様々。

例えばローソク足のヒゲで結ぶのか、実体で結ぶのか。

さらには波形の捉え方も個人差があるので、すべての人が同じ波形を捉えるのは難しい、という欠点もあります。

ただこれは、インジケーターのZigzagを使うことで同じように波形を捉えられますし、波形の捉え方に正解はないので、それほど大きな障壁ではないでしょう。

デメリット2:ダマシが多い

一番厄介なのは、ラインを突破、反発した動きを見せて戻ってきてしまう「ダマシ」です。

やはり相場は大衆心理が反映されているので、教科書のようにきれいな値動きをすることはほとんどありません。

そのため、常に突破される可能性を考えながら、損切りやその後の戦略を考えてトレードしていくことが大切です。

また、ラインがピッタリ効くということはほとんどないので、ある程度のノイズ(余計な動き)を許容するだけの、心の余裕を持ってトレードするようにしましょう。

3つのラインの種類

ここからはライントレードで使用するラインの種類とその解説をしていきます。

ライントレードとネットで調べると様々な記事がありますが、当サイト「エフテン」では3つのラインを推奨しています。

ライン1:トレンドライン

トレンドラインのイメージ図

まずはお馴染みのトレンドライン

ライントレードでは主にトレードをする執行足で使用して、エントリーの判断に活用します。

トレンドラインを引くコツは、波形に合わせて効いているラインを引くこと。

必要に応じてラインの引き直しをしながら、意識されているトレンドラインを引くことで最適なエントリーポイントを見つけることができます。

ラインの引き直しの詳しい方法はこちらから。

トレンドライン トレンドラインの引き方を初心者向けにわかりやすく解説!

ライン2:水平ライン

水平ラインのイメージ図

水平ラインは、環境分析の際に意識されている価格帯に引いてエントリー、決済の判断で活用します。

過去に反発が起きている価格帯は、今後も意識される可能性があるので、水平ラインを引くことで、注目すべきポイントを絞ることができます。

また、サポレジラインを基準に上なら買い、下なら売りといった売買の判断にも活用できます。

ライン3:並行チャネル

並行チャネルラインのイメージ図

並行チャネルは、環境分析で”トレンドの方向性を把握するために活用します。

環境分析の際に波形の高値安値を結んで、相場全体の流れを掴んで売買の判断をしていきましょう。

平行チャネルを使っているトレーダーも多いので、応用として平行チャネルをブレイクしたら、トレンドの転換のサイン”という活用方法もできます。

ライントレードを実践するときの3ステップ

ここからはライントレードの考え方を用いて、実際にチャートを見ながら、エントリーから決済までのステップとポイントを確認していきましょう。

ステップ1:環境分析

環境分析のイメージ図

まずは相場の大きな流れを掴むために、執行足(エントリーの判断をする時間足)よりも大きな時間足で環境分析をしましょう。
※今回は15分足を執行足にしているので4時間足で環境分析をしています。

相場を引き気味に見て、現在のトレンドにチャネルライン(青)、そして意識されている価格帯に水平ライン(桃)を引きました。
※筆者が見ている波形を(黄)で補足しています。

チャネルライン(青)が右肩上がりになっているため、上昇トレンドと判断できるので、この相場では買いでトレードしていきましょう。

また、水平ライン(桃)は多くのトレーダーが意識しているので、決済やエントリーの根拠にしましょう。

続いて執行足では、

ステップ2:執行足分析

執行足分析のイメージ図

次にエントリーのタイミングを探ります。

現在、4時間足で◯をつけた部分を15分足に落として、細かな波形を見ていきます。

細かな波形でも上昇を確認することができました。
※筆者が見ている波形を(柴)で補足しています。

この波形を買いで狙っていきましょう。

ステップ3:トレード戦略

トレード戦略のイメージ図

いよいよ実際にトレードしていきます。

1つ前の高値で強い反発が起こっているので、この水平ライン(水)のブレイクを狙うブレイクアウト戦略が有効そうですね。

ただ、ダマシも多いのでしっかりローソク足の確定を確認してからエントリーしましょう。

また、決済は4時間足の波形で見た、直近高値の水平線(桃)にタッチを基準にして、確実に利益を獲得する方法が良さそうですね。

応用として、逆指値を移動させながら利益を伸ばすトレーリングを使って、利益を追求することもできます。

ライントレードをする際の注意点

ここまでライントレードの種類について紹介してきましたが、単純にラインにしたがってトレードしたとしても、それだけで勝ちきれるわけではありません。

ライントレードには、押さえていただきたい以下3つの注意点があります。

ラインを過信しない

ラインの過信は禁物です。

なぜなら、ラインにピタリとはまるトレンドに出会ったとしても、ちょっとした要人発言や経済指標の発表によって、大きくブレることが相場では普通に起こるからです。

値動きの予測の目安、判断材料の1つとして捉える分には問題ありませんが、エントリーも決済も、全てのタイミングをラインに委ねるのは辞めておきましょう。

下位足のラインは、上位足によく折られる

上位足へ行けば行くほど、ラインが相場に及ぼす影響は強くなる、ということを覚えておきましょう。

とある上昇トレンドの例ですが、ラインがよく機能する強力なトレンドだったにもかかわらず、ふとした瞬間から、ポッキリと売り圧力によって折られてしまいました。

その理由について深掘りすると、注目していた1時間足よりも上位である、日足のラインに引っかかっていたのです。

試しにどの通貨ペアでも構いませんので、日足や週足などの上位足にラインを引いて、よく観察してみてください。

下位足のラインは、幾度となく上位足のラインに折られれていることが分かるかと思います。

「ご都合ライン」を引かないこと

(こんな感じで動いてくれないかなぁ〜)と、希望的観測を含めた上で、自分の都合だけで引いてしまうのが「ご都合ライン」です。

上述したように、ライントレードに重要なのは、他のトレーダーも意識するポイントが明確になるようラインを引くこと。

それにもかかわらず、現実を考慮せず、自分の都合だけでラインを引いてしまえば、全く意味を為さないものとなるでしょう。

ご都合ラインを引かないためには、ラインを引くルールを明確することに尽きます。

例えば、ラインはローソク足のヒゲに沿わせるのか、それとも実体に沿わせるのか、常に引き方のルールを統一しておきましょう。

ライントレードで勝率を上げる方法

ライントレードを習得するため、またライントレードで勝率を上げるためポイントを紹介していきます。

以下の内容は全て、実際の相場から得られた経験・コツになりますので、皆さんのトレードにも何か活かせる点があるかと思われます。

過去のラインを振り返る

個人的に、ライントレードのコツとして最も推奨したいのは、過去のラインを振り返ることです。

過去の自分がどのようにラインを引いて、何を根拠としてエントリーしたのか、自分の成長を実感するとともに、ブレないトレード軸を持てるようになります。

よく言われるのが、トレードノートをつけて振り返るというやり方ですが、それを苦痛とせず継続できる人はごく僅かでしょう。

しかし「traddingview」などのチャートツールを使えば、引いたはライン消さない限り永続的に残るので、誰でも簡単に振り返りができるようになるはずです。

ブレイクアウトの理由を検証する

トレンドをよく捉えた重要なラインを抜け、大きく伸びる動きを「ブレイクアウト」と言います。

このブレイクアウトに泣かされ、痛手を負ってしまったというトレーダーも多いのではないでしょうか。

ただ「相場のことは相場に聞け」という格言があるように、ブレークアウトしたのにはそれ相応の理由が隠されていることが多いので、ぜひ検証して、理由づけを行ってみてください。

この際、理由は後付けでも、間違っていたとしてもOKです。

なぜなら大抵の場合、その答えは誰にもわからず、また理由を探してみること自体が、テクニカル分析のスキル向上に繋がるからです。

重要なのは、ブレイクアウトした事実に対して、真摯に向き合って考えること、その考える習慣が、エントリーの根拠をより強固なものに仕上げてくれるでしょう!

ライン引きの練習は、リアルタイムで!

ラインを引く練習は、リアルタイムでやるのが最も効果的です。

そもそも、過去チャートを見ながらであれば、誰だって綺麗なラインが引けるでしょう。

ただ騙しの見破り、上位足のラインとの位置関係、ラインの引き直しなど、これらはリアルタイムでしか学ぶことはできません。

その際、より意識されたラインを引くためにも、他のトレーダーの注文状況が確認できる「オーダーブック」の活用もおすすめですね。

ともかく、毎度リアルタイムで練習を行うことこそが、利益に繋がる強力なラインを描く唯一の方法だということを知っていただければと思います。

ライントレードにおすすめのFX会社3選

ライントレードを始めるのであれば、手軽にラインが引けるトレードツール、口座スペックが揃っていなければなりません。

以下より紹介するFX会社は、ライントレードおよびテクニカル分析の初心者にオススメの環境となっておりますので、参考にしていただければ幸いです。

LIGHT FX

ライントレードを始めとした、テクニカル分析の初心者にオススメしたいのがLIGHT FXです。

主な特徴

  • シンプルで使いやすい
  • タンプ操作で簡単にラインが引ける
  • スプレッド、スワップポイントが業界最高水準

トレードツールは、シンプル性を重視しているため、無駄なごちゃつきがありません。

またスマホアプリにも、主要なインジケーターを内包しつつ、タップ操作でライン引きも可能、名前の通り、ライト層にも手軽に扱うことができるでしょう。

DMM FX

中級者〜上級者にオススメしたいのが、言わずと知れたDMM FXです。

口座開設者数No.1の実績から、多くのトレーダーから支持されていることが分かります。

主な特徴

  • 優秀なスプレッド
  • 「売買比率機能」によって、他のトレーダーの注文状況がわかる

特筆すべきは、オーダーブックのように、他のトレーダーの注文状況がチェックできる点でしょう。

自分の主観でラインを引くのではなく、他者の動向を踏まえることで、より確信を持ってラインを引けるようになるはずです。

FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)

テクニカルを極めるのであれば、いつかは必ずトレードツール「MT4」のお世話になるでしょう。

そんな「MT4」を無償で提供しているFX会社が、FXTFです。

豊富なカスタマイズや、ありとあらゆるインジケーターが搭載されており、口座開設するだけで誰でも導入することができるようになります。

主な特徴

  • 狭いスプレッド
  • 自動売買EAを導入できる
  • 仮想通貨など、FX以外の金融商品にも対応

ライントレードに興味を持つ人は、さらに色々なインジケーターにも関心を抱くことでしょう。

MT4の活用は、やや上級者向けと言えますが、トレーダーとしての幅を広げるために必須と言ってもいいほど、重要なツールとなっておりますので、ぜひFXTFの口座開設を検討してみてください。

FXライントレード:まとめ

いかがだったでしょうか。

ライントレードは、FXの基本とも言える考え方やスキルが身につくと言っても過言ではありません。

インジケーターやEAといった複雑なものを見るのが苦手という方や、FXに腰を据えてじっくり取り組みたいという方には、ぴったりな稼ぎ方だと思います。

ぜひラインを使ったトレードで、FXの基本を学びながら稼いでいきましょう!

リアルタイム為替レート

 

リアルタイムチャート