トレンドラインの引き方を初心者向けにわかりやすく解説!

トレンドライン

トレードの基本となる相場分析。

その分析方法には、インジケーター、プライスアクション(チャートパターン)、フィボナッチなど様々な方法があります。
その中でも忘れちゃいけないのが、王道の分析方法「トレンドライン」です。

トレンドラインとは、その名の通り「トレンド相場に沿って引かれる斜めのライン」のこと。

トレンドラインだけで勝ち続けているトレーダーも存在するくらい、シンプルながらその効果は絶大で、多くのトレーダーが相場分析に役立てています。

そこでこの記事では、相場分析の王道「トレンドライン」の引き方を、FX初心者の方でもわかるよう、わかりやすく説明していきます。
FXで稼ぎたいなら絶対に知っておくべき内容になので、どうぞ最後までご覧くださいね。

トレンドラインを引く2つのメリット

まずはトレンドラインを引くメリットについて解説していきましょう。

FXを始めたばかりの人にとっては、「そもそも、ただの斜めのラインにはどんな意味があるの?」と感じるかもしれません。

しかし、ただの斜めのラインと侮るなかれ、このトレンドラインを見るだけでもかなり有利にトレードを進めることができるんです。

メリット1:相場の傾向を把握できる

FXで稼ぐためには、相場がどっちに動くか?を判断しながらトレードしていく必要があります。

その相場の方向を見るためにも、トレンドラインは欠かせない存在なんです。

なぜなら、波形に合わせてラインを引くだけで、相場が上がっているのか、下がっているのか、トレンドの方向をひと目で見極められるからです。

相場の方向性が視覚的にわかりやすい

このようにラインを引くだけで、上がっていれば買い、下がっていれば売りと、ものすごく判断しやすくなりましたね。

メリット2:エントリーや決済の目安になる

さらに、トレンドラインを応用していけば、エントリーや決済の判断にも役立ちます。

例えばトレンドラインを突き抜けたのでトレンドが転換しそう、トレンドラインでしっかり反発されているからトレンドが継続しそうなど、1種類のラインからでも複数の情報をゲットできるんです。

トレンドラインと相場の動きの関係性を見ることで、エントリーや決済の目安としても有効です。

ラインをブレイクしているので、トレンドの勢いが弱くなっている=決済の判断基準

2種類のトレンドラインの役割

トレンドラインを引くメリットがわかったところで、続いてはトレンドラインの種類について解説していきます。

トレンドラインは相場の状況に合わせて、2つのラインを使い分ける必要があります。

種類1:サポートラインの役割

まずは上昇トレンド中に引く「サポートライン」について。

サポートラインは「アップトレンド」の波形を、下から支えるようにして引かれたトレンドラインです。

ポイントは、今動いているローソク足のさらに先まで線を伸ばすこと。
それによって、今後の値動きを見る際に指標として活躍します。

アップトレンドの場合、サポートラインが支えるように機能する

種類2:レジスタンスラインの役割

続いて下落トレンド中に引く「レジスタンスライン」です。

レジスタンスラインはサポートラインとは反対に、「ダウントレンド」の波を上から抑えるように引かれたトレンドラインです。

こちらも、今動いているローソク足の先まで、トレンドラインを伸ばして引きましょう。

ダウントレンドの場合、レジスタンスラインがトレンドを押さえつけるように機能する

ラインを引くときの4つのコツ

ここからは実際に、トレンドラインを引くためのフローを解説していきましょう。

ただ適当にラインを引くだけでは、自分にとって都合の良いように解釈してしまい、効果の薄いトレンドラインになってしまうかもしれません。

ここでお伝えしている引き方のコツをしっかり理解して、精度の高いラインを引いていきましょう。

コツ1:波形を大きく捉える

相場は、上がったり下がったりの波を描きながら進んでいきます。
一方向に、脇目も振らず伸び続けることは基本的にしません。

トレンドラインは、その波に寄り添うように引くのがポイントです。

下記の図は、上昇トレンドに引いたトレンドラインですが、1番を起点として波形を捉えながら、2番で反発したのを確認して初めて、ラインを引くことができます。

日足の波形にトレンドラインを引くと相場が読みやすくなります

その後、3番、4番とラインにタッチしながら伸びていく様子を見ても、このトレンドラインがきちんと機能しているのが確認できますね。

ただ、ここで重要なのが「波をどのように見るか」です。

基本的に波形の捉え方はトレーダーによって異なります。
そのため、最初のうちはトレンドラインを引くのも迷うかもしれません。

そんな時は、できるだけ大きく波形を認識するのがオススメです。

例えば先ほどの図では、1番と2番の間で細かな波も形成していますよね。

しかし、あまり細かく捉えすぎると、すぐにトレンドラインを引き直さなければいけなくなり、あまり効果的なラインを引くことができません。

そのため、最初のうちは「波形を大きく捉える」意識が、効果的なトレンドラインを引くためにオススメなんです。

コツ2:ヒゲを加味してラインを引く

そしてもうひとつ、トレンドラインを引く時に迷うのが、「ローソク足のヒゲと実体のどちらにラインを合わせるのか」という問題。

もしも、あなたも迷うことがあるようであれば、ローソク足のヒゲでラインを引くことをオススメします。

その理由としては、欧米ではバーチャートが主流で、ローソク足のヒゲに相当するものを見て、トレンドラインを引くトレーダーが多いため。

大衆心理を把握しやすいという意味でヒゲを加味してラインを引くことをオススメします。

ヒゲと実体にラインを引いたときの差

コツ3:トレンドラインを引き直す

トレンドラインは1度引けばOKというものではなく、相場の状況に応じて「引き直し」が必要な場合があります。

実際に引き直しの例を見てみましょう。

サポートラインを割ってきたのに高値が更新されている=引いたサポートラインが意識されていない

このように、引いたトレンドラインを一度割ったにも関わらず、再度高値を更新してトレンドが継続していく場合があります。

この場合、もともと引いていたトレンドラインが意識されていないという可能性があるので、トレンドラインの支点を変更して再度引き直してみましょう。

ラインを引き直すことで効いているラインが明確になる

すると、引き直してみたトレンドラインは、その後もトレンドが継続していますね。

このようにトレンドラインを一度割ったとしても、トレンドが継続している場合は再度トレンドラインを引き直すことで、意識されているラインが明確になります。

コツ4:角度に注目する

最後にもうひとつ、トレンドラインのワンポイントアドバイス。

トレンドラインを引いたら、角度にも注目してみましょう。

例えば、トレンドラインの角度が急な場合、これも当然トレンド中のラインなのでトレンドラインではあるのですが、あまり効果的とはいえません。

なぜかというと、かなり勢いが強い場面にトレンドラインを引いているので、どこまで相場が伸びるのか判断付きづらいですよね。

そのため、トレードしづらいポイントでもあり、あまり効果を発揮できていないラインだというわけなんです。

トレンドの角度が急で値動きの予測が立てにくい

反対に、トレンドラインの角度がゆるい場合も、あまり効果的とはいえません。

そもそもトレンド相場は、上昇や下落の勢いがある相場です。

トレンドラインが水平に近いということは、トレンドとしての勢いがない場面を捉えてしまっているので、ここもトレードしづらいですよね。

トレンドの勢いが弱く、角度もゆるいのですぐにトレンドが反転しそう

ベストな角度としては斜め45度ぐらいです。

程よく勢いがある相場であれば、波形もきれいに引けてトレードしやすいでしょう。

トレンドラインの引き方:まとめ

トレンドラインの引き方を覚えると、相場の方向性、エントリーや決済ポイント、トレンドの勢いなど、かなり多くの情報を得ることができます。

トレンドラインを突き詰めるほど、FXの奥深さや楽しさを感じることでしょう。

ぜひトレンドラインをあなたのトレードにも役立ててくださいね。