FXのウェッジとは?基礎知識と活用方法を解説

ウェッジ

FXテクニカル分析を行ううえで欠かせないのが、数あるチャートパターンを理解することです。

そのチャートパターンから今の相場状況を読み取り、どんなトレーダー心理がチャートに表れているのか。これを理解した上でトレード戦略を立てていけば安定した利益を狙っていくこともできます。

そこで今回は、チャートパターンのひとつである「ウェッジ」について解説していきます!

これをマスターすれば一度のトレードで大きな利益を獲得することもできるくらい、とても重要なチャートパターンになるので、必ず覚えていただければと思います!

FXのウェッジとは

ウェッジには、チャートが進む方向によって表れる上昇ウェッジ下降ウェッジの2種類のパターンがあります。

ひとつずつ解説していきますね。

上昇ウェッジ

まず上昇ウェッジとは、高値と安値を切り上げながらもみ合うチャートパターンのことです。

安値を支えるサポートラインが、高値を抑えるレジスタンスラインよりも急で、2本の線をチャート上に引くと上向きの先細った三角形のような形になります。

下降ウェッジ

下降ウェッジとは、高値と安値を切り下げながらもみ合うチャートパターンのことです。

上昇ウェッジとは反対に、安値を支えるサポートラインが、高値を抑えるレジスタンスよりもゆるやかで、2本の線をチャート上に引くと下向きの先細った三角形のような形になります。

FXのウェッジを活用したトレード手法

ウェッジ型のチャートパターンというのは、どちらの方向にもブレイクできずに留まっている、「売り手と買い手の攻防が続いている」という状態です。

ひとたびウェッジのラインをブレイクすると、それまでたまっていた圧力が解放されて一気に値が動くため、そのポイントを捉えることができたら、大きく利益を上げられる可能性が非常に高くなります。

ただし、場合によっては上昇ウェッジでも売りの方向にブレイクしたり、下降ウェッジでも買いの方向にブレイクしたりすることもあります。

この場合、ブレイクした方向にエントリーするといわゆる逆張りのトレードになるため、リスクも伴うので、値動きを注意深く見てエントリーの判断をする必要があります。

そして、ウェッジはトレンド継続中にも現れるチャートパターンなので、その一部分だけを見るのではなく、その前の相場状況なども見ながらエントリーポイントを見極める材料にしていくと良いでしょう!

FXのウェッジ:まとめ

高値と安値ともに切り上がっている、または切り下がっているので、一見なんの変哲もないトレンドのように見える「ウェッジ」。

しかし、大きく利益を上げるためのエントリーポイントを見極めにも活用できるチャートパターンだと知っていれば、勝率や利益率の底上げにも役立ちますしトレードの質をさらに高めていくことができます。

ぜひ、こちらの記事を参考にあなたのトレードにも活かしていってくださいね!