為替相場予測_ウィークリーレポート【2021年2月8日週】

為替相場予測_ウィークリーレポート2021年2月8日週

こんにちは。鈴木郁夫です。

今週の、為替相場予測です。

【2021年2月8日週】概況・展望

 相対的にマーケット自体がコロナ対策に追われる中、相場に対する膠着感は否めないが、ドル円が週末にかけて一時約4ヵ月ぶり高値となる105円台後半まで急伸するなど、狭いレンジ相場から抜け出したとの観測が高まりつつある。ファンダメンタルズ的には米債券利回りが上昇過程にあり、米株式市場が史上最高値を更新するなど、インフレ期待と同時に米景気回復期待が一段と高まりつつあり、相対的にドル買い戻し志向が優勢になっている。そして、米上院において予算決議案が可決されたことを受けて、バイデン大統領が提案した1.9兆ドル規模の追加経済対策が現実的を帯びた事もドル買い戻しに弾みをつけている。ただ、バイデン新政権による対中強硬姿勢、そして、株式市場への高値警戒感も浮上しており、足元のドル高・円安流れを疑問視する声も少なく無い。いずれにしても、ありとあらゆる不安材料を抱えているマーケットであり、今後もコロナの進捗状況、米追加経済対策、そして、米中対立構造如何では波乱含みの展開が予想されるだけ、引き続き相場が大きく動意づいてからの逆張り売買に専念することも一考であろう。

【2021年2月8日週】注目経済指標

今週は主だった売買材料はない中、金融市場を揺るがしている過剰流動性資金の観点から判断すれば、ECB総裁やFRB議長の政策方針に注目が集まるが、コロナ接種の争奪戦が世界各地で激化しているように、コロナ感染拡大がピークアウトしたとは言い切れない情勢にある。また、都市封鎖で深刻化している英国(BOE)でもマイナス金利導入が台頭している様に、先行き不透明感がマーケットを席捲しているのが現状であり、安易にどちらにも仕掛けづらい状況に陥っている。

注目指標

  • 08日(月)ベイリー英中銀(BOE)総裁講演
  • ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁講演
  • 09日(火)ブラード・セントルイス連銀総裁講演
  • 10日(水)米1月消費者物価指数 米財務省10年債入札
  • パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長講演
  • 11日(木)日本、中国休場 米新規失業保険申請件数 米財務省30年債入札
  • 12日(金)2月ミシガン大学消費者態度指数・速報値
  • ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁講演

乖離幅チャート分析

2つの通貨ペアの乖離幅から売買シグナルを見つける。チャートはシンプルイズベストが重要!主要8大通貨から高金利のマイナー通貨まで幅広く活用可。ドル円相場を基軸に、他の主要通貨との比較及び乖離幅で売買を模索する手法です。FXをエンジョイしながら収益チャンスを掴むためには、一目瞭然のチャートが求められています。

為替相場予測_ウィークリーレポート2021年2月8日週

乖離幅チャート分析の見方】
ドル円のみユーロ相場(ユーロ円VSユーロドル)の乖離幅から判断。他の主要通貨は対ドル円相場との乖離で売買の判断基準となります。乖離幅が拡大した時点で強弱の売買シグナルが発生します。基本的には通常よりも強めの売買シグナルが発生してからの始動が効率的です。

各通貨ペア動向

各通貨ペアの動向です。

ドル円⇔ユーロから見るドル円相場(ユーロドル⇔ユーロ円)

2021年2月8日週ドル円⇔ユーロから見るドル円相場(ユーロドル⇔ユーロ円)

  • 平均乖離幅 0.0320
  • 現状乖離幅 0.0370→0.0422

先週の売りシグナル104.70円から上昇を速めており、今週は強めの売りシグナルドル円105.35円が点灯している。
★買いターゲット(104.00円)

ユーロドル(ユーロ円-ドル円)

2021年2月8日週ユーロドル(ユーロ円-ドル円)

  • 平均乖離幅 21.00円
  • 現状乖離幅 22.40→21.60円

先週の売りシグナル1.2139から下落しており、今週はポジション解消買いを伴い、様子見1.2050が点灯している。
★様子見

豪ドル(ドル円-豪ドル円)

2021年2月8日週豪ドル(ドル円-豪ドル円)

  • 平均乖離幅 26.00円
  • 現状乖離幅 24.70→24.45円

先週の弱め売りシグナル0.7641から若干上昇しているが、今週も引き続き弱めの売りシグナル0.7679が点灯している。
★買いターゲット(0.7600)

ポンドドル(ポンド円-ドル円)

2021年2月8日週ポンドドル(ポンド円-ドル円)

  • 平均乖離幅 35.50円
  • 現状乖離幅 38.80→39.40円

先週の弱めの売りシグナル1.3706から若干上昇しているが、今週も引き続き弱めの売りシグナル1.3740が点灯している。
★買いターゲット(1.3650)

本ペットチャートは3~5段階で少な目からの分散投資をお勧めします。売買シグナルは添付のチャートを参照してください。尚、最終的な投資判断は投資家ご自身の責任で行なうようお願いします。