初心者は失敗から学ぶべし!共感できるFXあるあるネタ10選!

初心者は失敗から学ぶべし!共感できるFXあるあるネタ10選!

初心者特有のあるあるネタは学びの宝庫です。

あるあるネタとは、失敗や上手くいかなかった経験を自虐風に披露して、共感を誘うもの。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉があるように、対策や原因をあらかじめ学んでおくことで、失敗を未然に防ぐことができます。

本記事では、FX初心者が経験しがちなあるあるネタ、またその対策について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

FX初心者あるあるネタ10選!

1:手法を探しがち

FXを始める目的は、間違いなくお金を稼ぐことです。

どうすれば効率的にお金を稼げるのか、トレードで勝ち続けるためにはどうすれば良いのか、そのやり方や手法を知りたくなるのは当然のことでしょう。

ただ、手法を模索するのは悪いことではありませんが、手法探し自体を目的にすべきではありません

その手法が自分に適しているかどうか、少なくとも100回以上はデモトレードで試してみて、勝率や適合性について検討すべきです。

新たな手法を模索するよりも、1つの手法を深くまで追求する姿勢を持ち続けてください。

初心者が運用するべき通貨ペアとは?難易度・特徴についてまとめて解説! デモトレードを最大限活かす!おすすめFX口座・練習法を徹底解説!

2:損切りできない

損失を確定させる「損切り」は、誰にとっても後ろ向きな気持ちになるはずです。

含み損であるうちはまだ回復する見込みがあるため、なかなか損切りを実行できないというのは、特に初心者に多い傾向と言えるでしょう。

しかし損切りは、自分の資金を守る上で必要不可欠な措置です。

どうしても損切りできないというのであれば、逆指値を仕込んで自動で損切りさせるよう設定するか、損切りが不要な運用体制を構築しておかねばなりません。

FXで損切りはしない方がいい?損切りなしでも〇〇さえあれば勝てます! FXで損切りはしない方がいい?損切りなしでも〇〇さえあれば勝てます!

3:ポジポジ病

ポジションを持っていないということは、利益が取れるチャンスも「無し」ということです。

そのため、多少のルールを破ってでもポジションを保有したり、またポジションがないと落ち着かない状態(ポジポジ病)になるという人も多くいます。

しかしトレードのルールを守れないようであれば、FXで勝ち続けることはできません。

ルールに従わず適当にトレードするだけで勝てるのであれば、誰だってすぐに億万長者です。

大事なのはルールを遵守すること、また「待つ」のもトレードの一環としてチャンスを伺える胆力を持つことです。

ポジポジ病 もしかして「ポジポジ病」?治し方や対策は?30秒でできるポジポジ病診断も紹介

4:決済後にチャートが伸びる

プロスペクト理論ゆえに含み益を伸ばすことは難しく、利益確定を急いでしまうものです。

ポジションを保有し続けていればさらに利益を伸ばすことができたのに…と後悔するのは誰しもが経験することでしょう。

ただ「利食い千人力」という投資格言もあるように、利確は正義であり、勝ちは勝ちです。

欲張って後々含み益を溶かすよりも、1トレード勝ち切れたことを讃え、切り替えて次のステージへ進みましょう。

FX初心者必見!勝てない理由はプロスペクト理論にあり! 円安・円高関係なし!FXで勝てない理由はプロスペクト理論!

5:ロットを上げがち

FXは欲望との戦いでもあります。

注文ロットを入力する桁が1つ2つ違えば、利益も10倍もしくは100倍

まともに働いていては稼げない金額を一瞬で稼ぐことも可能です。

そのため、少し調子付いたくらいで、いきなりロットを上げてしまう人も少なくありません。

身の丈を超えたロットやレバレッジは、仮に短期的に上手く行ったとしても、長期的に見れば必ず破滅の道へと繋がっています。

ロットを上げるのは、経験と実績を十分に積み上げ、金額の変動に物怖じしない器が備わってから踏み切るべきなのです。

教訓とすべFX断末魔コピペ15選!失敗・大損する人の共通点とは? 教訓とすべFX断末魔コピペ15選!失敗・大損する人の共通点とは?

6:勝てない=運が悪い

チャートが上がるか下がるかは、基本的にはそれぞれ50%であるため、適当にトレードしたとしても勝つことは可能です。

そのためか、トレードで思うように勝てず負ける理由を運で片付けてしまう人がいます

確かに、FXは運要素もある程度は含みますが、長期的に運用するにつれて運も実力に収束していきます。

「負けに不思議な負けなし」という言葉があるように、なぜ負けているのか自分の実力を見直す習慣はとても重要です。

運が悪かったと断定する前に、敗因は何だったのか、自分に落ち度はないのか常々深掘りしていきましょう。

稼げない理由を全て解決!FX初心者こそシストレを使うべき理由とは 稼げない理由を全て解決!FX初心者こそシストレを使うべき理由とは

7:勝てた=自分の実力と勘違い

ビギナーズラックを自分の実力と勘違いしてはなりません。

たまたま上手くいったトレードを間に受け、もしかしたら自分は天才なのではと過信してしまうと、努力による伸び代を潰すことになります。

なぜ勝てたのか」「勝つべくして勝ったのか」勝てた時は慢心せずトレードを振り返ってみましょう。

FXにおいても、地道な努力の積み重ねが成功の鍵となります。

8:ダニング・クルーガー効果

FXや投資のことについて勉強すると、自分が少し高尚な存在になれた気がして得意気になってしまうものです。

ある物事に対して、少し勉強しただけにもかかわらず得意気になってしまう現象を「ダニング・クルーガー効果」と呼び、初心者ほどその傾向は強いです。

ある程度経験を重ねていくことで実感することになりますが、FXを完璧に極めることはできません。

時流に合わせて勉強する、試行錯誤を続ける姿勢がなければ、いつまで経っても負け組のままでしょう。

9:資金を全力投入

FXである程度勝てるようになると、さらに運用の幅を広げたい!…とより多くの資金を投入することになるでしょう。

確かにFXのようなマネーゲームにおいて、資金が大きければ多いほど稼ぎやすくなり、一般的には有利になると考えられています。

しかし口座内の資金変動が激しく、冷静な判断力を欠くことにもなりかねません。

相場のちょっとした変動で窮地に追い込まれないよう、資金の全力投球を避け、余裕を持った運用を心がけましょう。

10:強制ロスカットで退場

強制ロスカットをきっかけに、FXを諦めてしまう人は少なくありません。

しかし、今トップで活躍しFXで大金を稼ぐトレーダーの多くは、強制ロスカットを経験されています。

一度の失敗で諦めてしまうのではなく、経験や学びとして捉え、成功の糧にする気概を持ち続けてください。

FXの負けはFXで取り返す」という気持ちをいかに持ち続けることができるか、それこそがトレーダーとしての「資質」「才能」「格」の本質なのです。

有名FX成功者の共通点とは?参考にするなら誰がおすすめ? 有名FX成功者の共通点とは?参考にするなら誰がおすすめ?

FXで成功するためには

上記のあるあるネタに共感された方は、それなりにFXを経験してきた方でしょう。

また現在進行形でFXで伸び悩んでいる、思うように結果が出ない方も多いはずです。

結局のところFXで成功するために必要なことな何なのか、上記の内容を踏まえてまとめると次のように結論づけられます。

・1つの手法を極める

・トレードルールを遵守する

・勝っても負けても努力を怠らない

文面にするとシンプルですが、負けている人は上記を実現できていないはずです。

自分には才能がない…と諦めてしまうのは簡単ですが、まだまだ才能が求められる領域にすら到達できていないことがほとんどなのです。

まとめ:FXあるあるに共感できううちは勝ち組になれない!

本記事では、初心者特有のFXあるあるについて解説を行いました。

あるあるネタとは、失敗を自虐的に紹介して共感を誘うものです。

つまり、あるあるに共感できているうちはまだまだ未熟であるということであり、勝ち組にはなり得ません

失敗を1つずつ克服できるよう、トレーダーは日々研鑽を積み重ねていかねばならないのです。

そのためには何をすべきなのか、具体的な案が思い浮かばない方は、ぜひ以下の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

きっと皆さんの成長の一助になってくれるでしょう!

FXは独学では無理?最短で勝つための勉強法・注意点とは FXは独学では無理?最短で勝つための勉強法・注意点とは 勝つべくして勝つテクニカル分析!トレンド系・オシレーター系のおすすめは? FX相場の一大イベント!雇用統計は何の数値に注目するべき? 【FX初心者】センスや才能を凌駕する、とっておきの練習方法5選!

リアルタイム為替レート

 

リアルタイムチャート