株価の調整が始まるのか?【2021年7月19日】

株価の調整が始まるのか?2021年7月19日

おはようございます。だいまんです。

2021年7月19日相場分析です。

昨日のマーケット

金曜日の海外市場は、予想を上回る強い米6月小売売上高を受けてドル買いが優勢も、ミシガン大消費者信頼感指数・速報値が予想を下回り、米10年物国債利回りが、1.296%まで低下、上昇してスタートしたNY株価3指数が、米保健当局者が、ワクチン未接種者の間で死者が拡大していると警鐘を鳴らしたことで、感染力の強い新型コロナ変異ウイルス「デルタ株」に対する懸念が広がり、下落を深めたことでリスクオフ気味の動きで終了した。

ドル円は、小動きながら一時110.34まで上昇も上値を抑えられ、ユーロドルは、「来週の理事会で、フォワードガイダンスの変更を巡って意見が対立している」との一部報道があったが影響は見えず、1.1822から1.1792で上下した。また、ポンドドルは、イングランドで19日から感染対策の規制がほぼすべて撤廃される予定だが、1日の新規感染者数が5万人を突破しており、懸念が残ることで1.3863まで反発後1.3761まで下落した。

クロス円では、ユーロ円は130.28まで一時上昇も、ポンド円が151.43、オージー円は81.35まで売りに押され、NZD円は77.41から77.05での小動きに留まり、カナダ円は87.73を高値に87.13まで下落した。

7月19日の注目材料

  • 08:01 (英) 7月ライトムーブ住宅価格 [前月比] (前回0.8%)
  • 08:01 (英) 7月ライトムーブ住宅価格 [前年比] (前回7.5%)
  • 18:00 (ユーロ圏) 5月建設支出 [前月比] (前回-2.2%)
  • 18:00 (ユーロ圏) 5月建設支出 [前年同月比] (前回42.3%)
  • 19:00 (英) ハスケル英MPC委員講演
  • 23:00 (米) 7月NAHB住宅市場指数 (前回81 予想82)
  • 米企業決算:IBM(2.28)

7月19日の相場見通し

金曜日は、株価が軟調な展開となったことで、リスクオフの動きで終了しました。

単に週末のポジション調整のだけなら良いですが、新型コロナの変異ウイルスの拡大が懸念されています。こういった面が、今週の株価に悪影響を与えるなら大注意となりそうです。ただ、一方で米企業決算が本格化します。良好な決算発表が続くと想定されますが、こういった面が株価を支えてくれるならリスクオフの動きも限定されそうです。

本日も株価を睨んだ展開が續きそうです。

経済市場としては、英7月ライトムーブ住宅価格、ユーロ圏5月建設支出、米7月NAHB住宅市場指数の発表が予定されていますが、週初でおぼろげな中、重要な指標の発表がないことで、影響は限られそうです。ただ、先週のパウエルFRB議長の議会証言では、今後在庫がひっ迫している米住宅指標にも注意が必要だと指摘されています。今週米住宅指標の発表が続きますが、引き続き強い結果が見えた場合、米長期金利の押し上げ要因となるのか、注目しておきましょう。

7月19日のデイ・トレード戦略

本日のトレード戦略です。

ポンドドル

  • 予想レンジ:1.3700~1.3850
  • 基本戦略: 戻り売り
  • 予想時間:04:12 予想時レート:1.3791

高値を1.4251まで拡大も、この位置をトップとして、調整が日足のサポートや雲を割り込む展開も、現状は1.3728を安値に下げ止まりを見せている。ただ、反発が現状は鈍く、スロー・ストキャスティクスも、そろそろ再反落しそうで、今後のこの安値を割り込むなら注意が必要となりそうだ。

上値は、既に1.3910の戻り高値を越えられないと弱い状況が続く。超えても1.3940の戻り高値や90日移動平均、基準線と雲の下限が絡む1.3957-60,1.3387の戻り高値が視野となるが、抑えると上値を追い出来ない1.4000-10の窓の下限を超えて、1.4108の雲の上限、1.4134の戻り高値が視野となるが、売りが出易い。1.4186-1.4203の戻り高値圏や1.4251を越えて、1.43のサイコロジカル、2016年のブレグジット決定後の戻り高値となる1.4377が視野となるが、この位置までほとんど目立ったポイントがなくなることで、1.4250,1.4300や1.4350のサイコロジカルが上値を抑えるか注目したい。

一方下値は、1.3742-61の戻り安値圏の維持では、更に突っ込み売りは出来ないが、1.3728の戻り安値を維持出来ずに、1.3716や1.3669の戻り安値まで割れると、調整が深まり1.3567の戻り安値、1.3503-20の下ヒゲ圏、1.3430-51の下ヒゲ圏がターゲットとなるが、維持では良いが、維持出来ないケースからは1.3304-50の戻り安値まで視野となる。この最大のリスクは、1.3188や1.3135の下ヒゲを割れるケースで、その場合相場は崩れ気味となり1.30のサイコロジカル、1.2906-33の戻り安値圏までの調整の可能性が高まりそう。ただ、一旦下支える可能性はあるが、1.2855まで割れると1.2806-1.2845ゾーン、1.2752までターゲットとなり、更に1.2676や1.2645の戻り安値を割れるケースからは、1.2438-1.2520ゾーンの戻り安値圏、1.2360まで視野となり、1.2252の戻り安値まで割れると1.2162などがターゲットとなるが、最大のリスクは1.2073の戻り安値割れで、その場合1.20のサイコロジカルがターゲットとなる。

デイの戦略としては、本日からイングランドで、感染対策の規制がほぼすべて撤廃される見通しだが、新規感染者数が拡大している。サッカーの欧州選手権の悪影響もあって、今後もこの感染者数の動向には注意を払っておきたい。

従って、突っ込み売りは出来ないが、基本戻りは売り場探し。上値は1.3800-40ゾーンへの戻りから売り上がって、ストップは1.3910越え。ただ、材料がないと大きく下げないので、一旦ターゲットは、1.3728-56が支えられると利食い、割れても1.37前後ではしっかりと利食いながら、売り回転を利かせる形が良い。ただ、戻る場合は、だいたい突っ込み売りからのショート・カバーとなるので、案外大きく戻ることがあるので注意となるが、それはあくまで一過性なので、そういった局面での売りは有効とみられる。

株価の調整が始まるのか?2021年7月19日

スイスフラン円

  • 予想レンジ:119.30~120.30
  • 基本戦略:戻り売り
  • 予想時間:04:43 予想時レート: 119.82

上昇が122.77まで一時拡大もトピッシュとなる形。

上値は、既に120.73-99の基準線と絡む位置が抑えられると弱く、超えても121.46-94ゾーンの窓の上限が抑えるとレジスタンスが有効となり、雲のピークと合わせて、戻り売り場となる。あくまで122.68や122.77を越えて、月足からは124.03-125.91ゾーンまでポイントが薄くなるが、サイコロジカル的には、123円や125円などは一旦上値を押さえそう。更に超えて129.00の戻り高値、130円のサイコロジカル、131.37、133.57の月足の雲の上限が順次視野となるが、134.59の上ヒゲを前に、上値追いは不透明となる。

一方下値は、119.55の雲の下限と絡む戻り安値、119.00-20ゾーンの維持では突っ込み売りは出来ないが、118.87の下ヒゲを割れるとそれまでの高値圏となる118.74-87ゾーン、118.09-32が視野となるが、一旦買いが入り易い。ただし、117.51を維持できない場合116.82-93,116.42の戻り安値まで視野となるが維持は不透明も、115.91-116.09の戻り安値圏を割れると相場が崩れ気味となり、115.64まで割れると、114.56-68や114.16-22までポイントが薄くなる。また113.77や113.28の戻り安値を割れると、相場は崩れ気味となり112.96-113.02、112.43-67なども視野となるが、更に112円を荒れると110円方向への調整リスクとなる。

デイの戦略としては、突っ込み売りは避けたいが、反発があれば、120.00-50ゾーンで売場探し。ストップは120.73越え。ターゲットは、119.25-55ゾーン、119円が維持されると利食いも、118.99や118.87の戻り安値を割れるとターゲットは、118円ミドルを前に下げ止まりでは、利食い優先となる。

株価の調整が始まるのか?2021年7月19日