【FX入門講座】FX取引を始める前に知っておくべき基礎知識

FX 入門

投資や副業に注目が集まっている昨今、中でもFXで稼ぎたいという方は本当に増えました。

ただ、その一方で「FXを始めたいけど、実際どんな投資なのか分からない」「事前に準備しておくべきことがあったら知りたい」といった声も多く、なかなかスタートを切れない方も少なくありません。

やはり初めてFXにチャレンジするのであれば、最低限の情報は事前に知っておきたいところですよね。

そこで今回の記事では、FX入門ともいうべき基礎知識について解説していきます。

FXには、他の投資にはない独自の魅力があります。
とはいえ、投資であることに変わりはないので注意点もあるのです。

ぜひ今回のFX入門記事を参考に、基礎知識をおさえて、トレーダーとして新しいスタートを切るのに役立ててくださいね。

そもそもFXとは何か

まず、そもそもFXがどんな投資なのかについて解説していきましょう。

FXとは「Foreign Exchange(外国為替証拠金取引)」の略で、異なる2つの通貨の売買取引によって利益を出す投資手法のひとつです。

分かりやすく説明すると、円やドル、ユーロ、ポンドなどの国によって異なる通貨そのものを交換していく、ということになります。

普段の生活ではあまり実感がわかないかもしれませんが、通貨の価値は常に変化しています。ニュース番組などをよく見ると、為替相場の変動について紹介されることがあり、あなたもなんとなく見たことがあるかもしれません。

例えば1ドル=100円が、1ドル=110円といった具合に、通貨は変わり続けているんです。

あなたがいま、1ドル=110円で買った(110円を払って1ドルを手にした)として、これを1ドル=120円の時に売った(1ドルを手放して日本円に戻した)としましょう。

その場合、差額の10円が利益になります。この価格の変動に注目した取引がFXです。

株とFXの違い

メジャーな投資といえば、株式投資を思い浮かべる方も多いかもしれません。
同じ「投資」でも、株とFXには違う点がいくつかあります。

例えば、先ほどお伝えしたように、FXは国の通貨を投資対象としていますが、株は企業が投資対象です。この違いは単に投資対象が異なる、という言葉通りの違いに留まらず、リスクの面でも大きく異なってきます。

株は、企業が発行している株式を購入することで利益を狙っていきますが、当然、企業には倒産のリスクがついて回ります。

つまり、どれだけ多くの優良株式を持っていても、その企業がなにかの拍子に潰れてしまったら、手元にある株式の価値はゼロになってしまうのです。

その点、国の通貨に投資するFXには倒産というリスクがありません。国が破綻しない限りは価値がゼロになることはありませんし、そう簡単には国が傾くというのは考えにくいですよね。

そういった意味でも、両者のリスクには大きな違いがあるというわけです。

他にも株とFXは様々な違いがありますが、詳しくはコチラの記事で解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

株式とFX 株とFXはどう違うの?投資初心者のための徹底比較!

投資対象である通貨の価値がゼロになる可能性が低い。

これだけでもFXの大きな魅力ですが、多くのトレーダー、投資家がFXを行う理由はまだまだあります。

次はそちらを解説していきましょう。

FXで稼ぎ続けるために知りたい魅力4選

数あるFXの魅力の中でも、今回は厳選して4つを紹介します。

FX入門してトレーダーデビューを飾る前に、ぜひFXがどんな投資なのか深く知るためにも、ひとつずつ注目してみてくださいね。

魅力1:少資金からでも始められる

FXにはレバレッジという独自の仕組みがあるので、少ない資金からでも始められます。

レバレッジはよく「テコの原理」で例えられることが多いですね。
少ないお金を担保にしながら大きなお金を動かすことができる、この仕組みを利用すると、預け入れた証拠金の何倍もの金額で取引できてしまうのです。

株や不動産投資などは一般的に、数百万円クラスのまとまった資金が必要ですが、FXはレバレッジのおかげで、5万円や10万円という少ない資金量からでも始められます。
もちろんしっかり取り組めば大きなリターンも期待できるため、資金効率が優れていると言えます。

魅力2:景気が悪くても利益を上げられる

FXは通貨の価値が上がるか下がるかを予想して、的中すれば利益になります。
ポイントは「上がる」だけでなく「下がる」場合も、利益は狙っていけるというところ。

つまり、景気が悪くて通貨の価値が下がっていても、その動きを予想していれば利益を上げられるということなんですね。

その上、通貨の数だけ組み合わせはありますから、FXは稼ぐチャンスが非常に多いですね。中でも、ある意味で景気に左右されることなく利益につながるというのは、稀有な投資だといえるでしょう。

魅力3:最短1分で取引が完了する

そしてもうひとつ、利益が出るまでのスピードが早いのも、FXの魅力の一つです。

FXには「スキャルピング」という、ものの数秒~数分で勝敗が決まる超短期売買のトレードスタイルがあります。

1回のトレード時間が短いため、取引時間を自由に確保できなくても、スキマ時間で利益をコツコツと積み重ねることができます。

魅力4:24時間取引できる

FXは世界各地で売買がされているので、平日24時間、原則いつでも取引をすることができます。

さらに、インターネットにアクセスできる環境であれば、場所を選ばず取引可能です。

つまり、あなたはパソコンやスマホを持っていれば、いつでもどこでも24時間、自分のライフスタイルに合わせてトレードできるということなんですね。

FXの注意点3選

ここまでFXの魅力について解説してきましたが、投資は魔法ではないので「絶対100%稼げる」というものではありません。トレードする上で注意すべきポイントもあります。

そこで最後に、FXの注意点を3つ解説しておきましょう。

注意点1:急激に相場が動くことがある

FXは世界中の通貨を取引する投資です。

「通貨」というのは国の情勢や世界経済の影響を受けやすいので、何か大きなニュースが流れると、相場が急に高騰したり大暴落することがあります。

思った方向に動いてくれたなら嬉しいハプニングかもしれませんが、逆方向に動いた場合、大きな損失になってしまう可能性もあるんですね。

頻繁に起こるわけではありませんが、こうしたケースには注意が必要です。

注意点2:大金を失う可能性がある

先ほど解説した通り、FXにはレバレッジという仕組みがあるので、少ない資金でも大きな金額を動かして取引が可能です。

つまり、ちょっと通貨の価格が変わっただけで大きなプラスになることもあるのですが、逆に予想が外れたときに失う金額も大きくなることを意味します。

レバレッジは倍率を調整することが可能なので、あなたの許容できる範囲内でレバレッジをかけて、万が一のときに失う金額のことも考えておきましょう。

注意点3:相場は常に動いていることを頭に入れておく

FXは平日24時間いつでも取引可能ですが、それはつまり、自分が相場を見ていないときも価格が変動しているということを意味します。

あなたがエントリー(取引を開始)して、途中で相場を見たときには順調だったとしても、次に相場を見たら資金がマイナスになっているかもしれません。

とはいえ通貨を買ったり売ったりしながら、ポジションを持っている(取引を開始してから完了するまで)最中にずっと相場を見ておくわけにはいきません。

仕事や用事があり、相場を見られない時間が続くのであれば、特に難しい相場の局面などはトレードをしない選択をするのも大切です。

【FX入門講座】基礎知識:まとめ

今回は、FXを始める前に知っておくべき基礎知識について解説しました。

FXには様々な魅力がある一方で、注意すべきポイントもあると分かっていただけたと思います。

ぜひ今回お伝えしたことをしっかり覚えておいて、FXならではの魅力を活かしつつ、あらかじめリスクを抑えて、安全にFXを始めてみてくださいね。

リアルタイム為替レート

リアルタイムチャート