FX専業トレーダーになるための3つのポイントとは?徹底解説!

腕を組む男の人

FXをやっている人、いわゆる「トレーダー」は、大きく2つに分けることができます。

それが、会社勤めや主婦業と並行してFXに取り組む“兼業トレーダー”と、FX一本で生計を立てている“専業トレーダー”。

FX初心者の方だと、前者に当てはまる場合が多いですが、その中でも、いずれは仕事もやめてFXだけで食べていきたい!という目標を掲げている方もいるかと思います。

そして、そのためにはとにかく稼げるようになろうと、ひたすらテクニックを磨こうとする方も多いのですが、実はトレードスキルやテクニックの他にも大切なことがあるんです。

そこで、こちらの記事では、FX初心者の方が“専業トレーダー”になるために大切なことについて、特に重要な3つのポイントに絞ってお話ししていきます。

この3つのポイントを知っているだけで、FX初心者のあなたでも夢の専業トレーダーへ近づくことができるので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

FX専業トレーダーになるためのポイント3つ

FX専業トレーダーになるためには、下記の通り3つのポイントがあります。

ポイント①:自分に合ったトレードスタイルを見つける

FXには、本当に色々な手法があります。

まず大きな分け方で言うと、自力で相場分析を行い売買判断を下す「裁量トレード」と、一定のルールに従って機械的にトレードを行う「システムトレード」

また、ここからさらに、「裁量トレード」の中であれば、世界的ニュースや経済状況を材料に売買判断をしていくファンダメンタルズ分析と、過去のデータやインジケーターなどを活用しながら理論的に相場を読み解くテクニカル分析というものに細分化されます。

「システムトレード」の中でも、エントリーから決済まですべて機械に一任する完全自動システムを使うのか、エントリーと決済のどちらかだけ機械の判断に任せるのか、という選択肢もあります。

こういった大分類に加えて、通貨ペア時間足などの細かい条件もプラスされていくので、世の中には無限に近い手法が存在しています。

そのため、専業トレーダーとしてFXで食べていきたい、という方は、まずは自分のスタイルを確立していくことが大切です。

例えば、「空いた時間で効率的に稼いでいきたいから、エントリーから決済まですべて自動でトレードしてくれるシステムを使っていこう」とか、「元々理論的に分析をしていくのが得意だからテクニカル分析を磨いていこう」という感じですね。

ライフスタイルや資金量、性格によっても何が向いているかは変わってくるので、デモトレードなどで試しながら、自分にあったスタイルを見つけてみましょう。

ポイント②:メンタルコントロールを身に付ける

「相場は生き物」という言葉があるくらい、相場というのは常に予想外の動きを見せるものです。

どんなに綿密に分析を行っても、自分の予測が外れたり、自分が相場を見ていない時に限って利益獲得のビッグチャンスが来たり、ということは日常茶飯事。

そんな時でも常に冷静さを保って淡々とトレードをしていくことは、専業トレーダーになるための必須条件ともいえます。

というのも、専業トレーダーになるということは、つまり生活の基盤がトレードになるということです。

何が起きるか分からない相場に振り回され、1回1回のトレードに一喜一憂するような取り組み方をしていると、トレードそのものがストレスになってしまい、生活が根底から揺らぐような事態になりかねません。

また、ストレスフルでイライラしたり感情的になったりしている時は、適切な売買判断を下すことができず雑なトレードになりがちなので、それだけでも危険です。

トータルで利益を残すということを第一にして、1回1回の結果にとらわれすぎずに淡々とトレードを行うよう、日頃から心がけていきましょう。

ポイント③:しっかりとした資金管理を行う

FXにおいては、お金を「増やす」こと以上に「減らさない」ことも非常に重要です。

もちろん誰もが望んでお金を減らすことはしませんが、きちんと対策をしていないと気付かぬうちに資金がゼロに、という人は少なくないんですね。

そしてその悪い意味での最たる例が、全財産をFXの資金にしてしまうという人。

「手元にあるお金が〇〇倍になれば、一気にお金持ちだ!」と一攫千金的な思考を持つ人は一定数いるのですが、これは非常に危険な行為です。

なぜなら先ほどもお伝えしたとおり、相場というのは常に何が起こるか分からないから。

世界的に影響力のある大国のトップの発言で急に値が動いたり、予測のつかない未曾有の災害の影響を受けたりすることもあります。

なので、どんなにトレードスキルが高かったとしても、それまでどんなに勝ち続けていたとしても、もし損失になった場合にも許容できる範囲の中で資金を設定していかなければいけません。

今の収入と貯蓄額、毎月の生活費、万が一の備え、これらをすべて加味して、無理のない金額を資金として運用していくようにしましょう。

FX専業トレーダー:まとめ

ここまでお伝えしてきた、専業トレーダーになるために大切なことですが、案外基本的なことなんだな、と意外に思った方もいるかもしれません。

しかしこれは決して、専業トレーダーになることは簡単だということではありません。

専業トレーダーになるということはすなわち、トレードそのものを生きる術として、自分の力で自分自身を生かしていくということです。

そのため、小手先のテクニックではごまかしがきかない、だからこそ確実に土台を固めなければいけない、ということなんですね。

それだけ覚悟がいることではありますが、反対に言えば、基礎からしっかりと学習と経験さえ積んでいけば“専業トレーダー”を目指していくことはできるということです。

スタート時点でのスキルやセンスは関係ないので、FX初心者のあなたもぜひ前向きに学習を続けていってくださいね。津