FXのダブルトップ・ダブルボトムとは?基礎知識と手法を解説

ダブルトップ

FXの相場は常に変化し続けていますが、実はよく見ると、同じような動きをくり返していることに気が付きます。

それがいわゆる”チャートパターン”ですが、その全てを覚えようとすると、とんでもない時間がかかってしまうもの。

そこで今回は、数あるチャートパターンの中でも、特にFX初心者が見つけやすく、利益にも繋げやすい「ダブルトップ」「ダブルボトム」について解説していきます!

FXで利益を上げ続けるためには、どちらも絶対に覚えておきたい重要なチャートパターンなので、ぜひ最後までご覧くださいね!

FXのダブルトップ・ダブルボトムとは?

ダブルトップとダブルボトムは名前が似ていますが、その形や特徴もそっくりなので、セットで覚えてしまいましょう。

どちらもトレンドラインを利用したチャートパターンですが、順番に内容をおさえていくと覚えやすいので、1つずつ解説していきますね!

ダブルトップ

まずはダブルトップですが、このチャートパターンは相場に2つの山ができ、「M」のような形に見えるのが特徴です。

ダブルトップ

2つの山の頂点がそれぞれ高値で、その高値同士を結んだラインがレジスタンスライン、そして2つの高値の間の安値に引くのが、ネックラインです。

Mに見えるというのはつまり、同じ高値で2度跳ね返されているということなので、上昇の勢いがその値動きの壁に止められているんですね。

そのため、ダブルトップは上昇トレンドが終了するサインとして知られています。

そしてトレンド終了のサインは、同時にトレンド転換を示すサインとも考えられるので、下落トレンドへの転換サインとしても使われています。

つまりダブルトップを見つけられれば、そのまま下落のトレンドに乗って利益を狙えるというわけです。

ダブルボトム

次にダブルボトムですが、こちらはダブルトップを正反対にしたチャートパターンです。

こちらは相場に2つの谷ができ、「W」の形に見えるのが特徴ですね。

ダブルボトム

2つの谷の底がそれぞれ安値で、その安値同士を結んだラインがサポートライン、そして2つの安値の間の高値に引くのが、ネックラインです。

こちらもWに見えるというのはつまり、同じ安値で2度跳ね返されているので、下落の勢いがその壁に止められていると言えます。

そのため、ダブルボトムは下落トレンド終了のサインとして使われているほか、上昇トレンドへの転換を示すパターンとしても、よく知られているんです。

ダブルトップ・ダブルボトムを使った手法

それでは、チャートパターンの概要が分かったところで、続いてはダブルトップとダブルボトムを使ったトレード手法について解説していきます。

利益を上げるために必要なポイントに絞ってお伝えするので、ぜひ実際のトレードでも試してみてくださいね!

エントリーポイントについて

ダブルトップとダブルボトム、それぞれのエントリーポイントについても詳しく解説していきます。

ダブルトップの場合

一般的に、エントリーポイントは、ダブルトップが完成した直後です。

価格が下がりだしたタイミングで売り注文を出し、順張りでエントリーしましょう。

具体的には、2つの高値の間にある安値、つまりネックラインを下に抜けたタイミングでエントリーです。

ただ、もしも価格が急激に下落して、一気にネックラインに近づいたら、ひとまずエントリーは控えましょう。

なぜなら、エントリーするタイミングが遅れてしまうと、ネックラインで仮に反発したときに、損失を出してしまうリスクが高まるからです。

ダブルボトムの場合

こちらのエントリーポイントに関しても、ダブルトップの正反対と考えていただければ大丈夫です。

基本的には、ダブルボトムが完成した直後、価格がさらに上がりだしたタイミングで買い注文を出しましょう。

具体的には、2つの安値の間にある高値、ネックラインを上に抜けたタイミングでエントリーです。

ただ、こちらも価格が急激に上昇してネックラインに近づいたら、エントリーはいったん控えましょう。

市場には、ネックラインでの反発を狙っているトレーダーもいるため、もしもの際の損失を避けるためですね。

損切りラインについて

ダブルトップとダブルボトム、それぞれの損切りについても詳しく解説していきます。

ダブルトップの場合

損切りラインは2つの高値、レジスタンスラインの少し上に設定しましょう。

なぜなら、ダブルトップが発生した時点で、同じ高値を2回にわたって突破できなかったことになるので、その価格帯をさらに上に突破する可能性は、低いと考えられるからです。

ダブルボトムの場合

逆に、ダブルボトムの損切りラインは2つの安値、こちらもレジスタンスラインの少し下に設定しましょう。

こちらも、値動きが同じ安値圏を2度にわたって突破できなかったことから、そこをさらに下へ突破する可能性は、低いと考えられるからです。

FXのダブルトップ・ダブルボトム:まとめ

ダブルトップとダブルボトムは非常にポピュラーなチャートパターンなので、覚えておいて絶対に損はないものです。

それにチャートの「M」と「W」を探すだけなら、FX初心者の方でもカンタンにできそうですよね。

ただ、実際のチャートでダブルトップとダブルボトムを見つけ出すのは、最初のうちは少し難しく感じるかもしれません。

何回か発見すると慣れてくると思いますが、それまではまず、トレンドの天井と天底付近に注目して探してみてください!

これらはトレンドが転換する際のサインということもあって、闇雲に見つけようとするよりは、天底に絞って探したほうが、結果的にダブルトップとダブルボトムをスムーズに発見できると思います。

ぜひ実際のチャートで探してみて、今回お伝えしたポイントを意識しながら、利益を狙ってみてくださいね!