【必読】”FXはギャンブルではない”と言い切れる理由とは

これまでエフテンでは、FXに関する様々な情報をお伝えしてきましたが、「FXはギャンブルだ」と思われている方も、世の中には多いと思います。

もちろん、お金が減る可能性があるという点だけに注目すれば、FXとギャンブルは共通しているかもしれません。

ただ、結論からお伝えすると、FXはギャンブルではありません。

今回の記事では、なぜ”FXはギャンブルではない”と言い切れるのか、その理由について解説していきます。

FXはギャンブルではない2つの理由

まずFXはギャンブルではなく、歴然とした「投資」です。

ただ、投資だと言われてもピンとこない方もいると思うので、ここではFXとギャンブルの特徴をそれぞれ比較しながら、説明していきますね。

理由1:FXで勝敗を決めるのは自分自身

一般的にギャンブルというと、競馬やパチンコ、宝くじなどをイメージすると思います。

競馬の勝敗を決めるのは騎手と馬ですし、パチンコは機械が勝敗を決め、宝くじは完全に運で結果が決まります。

それに対して、FXはリアルタイムで相場に参加している人たちによって、値動きが決まります。

より詳しく言うと、相場の裏側では常にトレーダーたちが様々な思惑を持って、売ったり買ったりを繰り返しており、その心理を上手く読めるかどうかで、FXの勝敗は決まります。

そのためFXは、分析をすればするほど自分で勝率を上げることができ、トレードの勝敗を決めるのは常に自分自身です。

勝敗が自分の手に委ねられているというのは、FX以外の投資にも共通して言えることで、一方のギャンブルは種類にもよりますが、基本的には自分以外の何かによって勝敗が決まります。

この「勝敗を決めるのは自分自身か、そうではないか」という点で、FXはギャンブルとは明らかに違うのです。

理由2:FXには”胴元”がいない

FXがギャンブルではないと言い切れる二つ目の理由が、「ギャンブルには胴元がいて、FXには胴元がいない」ということです。

”胴元”とは、ギャンブルを取り仕切っている主催者のことで、彼らがギャンブルの勝敗のルールを決めています。

また、ギャンブルに参加するための参加費用や、参加者が買ったときに受け取る報酬と負けたときに失う金額も、胴元が決めます。

そして、ギャンブルは胴元が必ず勝つ仕組みになっているのです。

FXにおいては、証券会社が胴元にあたると思われがちですが、FXには”胴元”が存在しませんし、相場の価格が上がるか下がるかは、証券会社が決めているわけではありません。

もちろん証券会社は、トレーダーから取引手数料を受け取っていますが、トレードそのもののルールを決めたり、勝敗を左右することはできません。

そういった点からも、FXはギャンブルとはまったくの別物であるといえるわけですね。

なぜFXはギャンブルだと思われるのか

次に、FXがなぜギャンブルだと思われているのか、その理由についても解説していきます。

FXがギャンブルだと思われる理由1:レバレッジ

まず一つ目の理由が、「レバレッジ」の存在です。

レバレッジとは、少ない資金を証拠金として預ける代わりに大きな資金を取引できる仕組みで、国内証券会社であれば最大で元金の25倍までレバレッジをかけてトレードができます。

例えば、10万円の資金にレバレッジ5倍でトレードした場合、最大で50万円分のトレードができるのです。

ただし、レバレッジを大きくかけてトレードして負けてしまうと、その分だけ損失も大きくなります。

この独自の仕組みがあるために、「一瞬で資金をすべて失うリスクのあるFXは、ギャンブルだ」と思われているのです。

しかし、実際にはレバレッジは自分で自由にコントロールできるので、無理してレバレッジをかけない限り、大きなリスクを背負うことはありません。

FXがギャンブルだと思われる理由2:相場の動きを読むのが難しい

そして二つ目の理由は、「値動きを読むのが難しい」ために、FXでギャンブル的なトレードをくり返している方がいるからです。

たしかに、知識がない状態でトレードをすれば、それはギャンブルのような運任せのトレードになりますが、本来のFXは学習を通じて知識やスキルを身につけることで、ある程度まで勝率を上げることができます。

また、FXは世界中の経済ニュースの影響を受けて、値動きが大きく変化することも多くあります。

その中には、特に値動きへの影響力が強い経済指標もありますが、日頃から意識して確認しておくことで、よりトレードの精度を高めて勝率を上げられるので、安定的に勝ちたいのであれば、こうした相場を避けるだけでもギャンブル的なトレードにはなりません。

FXはギャンブルではない:まとめ

結論として、FXはギャンブルではなく、れっきとした「投資」です。

ただし、今回の記事でお伝えしたように、トレードのやり方によってはギャンブルにもなってしまいます。

あなたも「なんとなくやってみた」というように、勘に頼ったトレードは絶対にやめましょう。

そうして勘に頼ってトレードした瞬間に、FXはただのギャンブルになってしまいます。

まずはしっかりと学習をして、根拠を持ってトレードすることが大切なので、この点は必ず覚えておいてくださいね。