FXの三尊・逆三尊とは?基礎知識や使い方を徹底解説!

三尊

FXには、知っているだけで大きな利益を狙っていける、「チャートパターン」というものがいくつか存在します。

カンタンに説明すると、チャートの波形がその形、つまりパターンに当てはまることで、次の値動きの予測につながり利益を狙いやすくなるもの。

それが「チャートパターン」と呼ばれるものです。

今回は、このチャートパターンの中でも、大きな利益を期待できる、「三尊(さんぞん)」について、ご紹介したいと思います。

三尊・逆三尊とは

三尊とは、チャートに3つの山が出来たときに、中央の山が一番大きな状態を指します。

どうして、「三尊」などという重々しいな名前がついているのでしょうか。

実はチャートの形が、仏像3体が並んだ形に似ていることから、三尊と呼ばれているんですね。

これが海外では人の形に見えるようなので、「ヘッド&ショルダー(頭と肩)」と呼ばれています。

そんな三尊をさらに深堀りしていくと、2つの種類があります。

三尊(ヘッドアンドショルダートップ)

1つ目は「三尊」、別名「ヘッドアンドショルダートップ」と言われているチャートパターンです。

こちらは先ほどもご説明した通り、チャートに3つの山ができている状態を指します。

三尊

三尊は上昇トレンドが終わるときに発生する傾向があります。

この形がチャートに現れると、3つ目の山を起点に「下落トレンドが発生する」と予想されるチャートパターンになります。

逆三尊(ヘッドアンドショルダーボトム)

2つ目は「逆三尊」と呼ばれているチャートパターンで、別名「ヘッドアンドショルダーボトム」とも言われています。

こちらは、三尊がそのままひっくり返って、3つの谷がチャートに形成されている状態ですね。

三尊

逆三尊は、文字通り三尊の逆で、下落トレンドが終わるときに発生しやすいです。

逆三尊が形成されると、3つ目の谷の部分を起点に「上昇トレンドが発生する」と予想されます。

トレンドとは FXのトレンドとは?相場から利益を狙うために必要な知識を解説!

三尊・逆三尊の使い方

このように三尊、逆三尊は、トレンドの転換ポイントを見つけるのに最適です。

ちょうどトレンドが変わるタイミングでエントリーできれば、トレンドをごっそり利益にすることもできるでしょう。

そんな大チャンスの三尊が相場に現れたとき、どうやって利益に変えていけばいいのか。

ここからはより具体的な方法を徹底解説しましょう!

三尊から利益を出す方法

三尊、または逆三尊は3つの山や谷を形成すると説明しました。
これをもう少し詳しく説明すると、2つの部分に分けることができるんですね。

三尊

こちらは先ほどの三尊の図に、あるラインを引いたものです。

まず1つは、盛り上がった山の部分。

そしてもう1つは、3つの山の下げ止まりにあたる、「ネックライン」と呼ばれる部分になります。

三尊でエントリーする際の基準は、このネックラインのブレイクです。

上昇と下落を繰り返し、真ん中が一番高い3つの山ができたあとに、チャートがネックラインをブレイクしたらエントリーとなります。

三尊

また、利益確定の目安は、中央の山の高値から2倍のところがひとつの目安になります。

いち早く発生を確認できれば、かなりの利益を期待できますね。

どうしてこんなに動くのか?

なぜ三尊は、こんなにも値動きを起こすのか?

その要因は、3つ目の山に隠されているんです。

三尊

最初の山から中央の山にかけてフォーカスしてみると、キレイな上昇トレンドになっています。この段階では、上昇トレンド継続中と判断し、買いエントリーのトレーダーが、たくさん入ってきます。

その後、中央の山付近まで行くと、その勢いも衰えネックラインのところまで下落します。

トレンドが永遠に継続されることはないため、いずれは必ず下がっていきます。

ですが、下落そのものも永遠には続きません。

このタイミングでチャートを見ていたトレーダーは、サポートラインで下落が止まったと判断するため、トレンドはまだ継続していると見えます。

そのため、ここでふたたび新規の買いトレーダーが増え、相場は上がり始めます。

そして、3つ目の山で入ってきたトレーダーや、まだ利益を確定できていない買いトレーダーたちは、一つ目の山の高値付近を利益確定の目安に見るはずです。

そのため、1つ目と同じ高さの山ができて、また下落していくという仕組みです。

その結果、買いポジションが一気に決済され、再び下落が始まります。

ただし今度は、利益確定をできなかったトレーダーが、一斉に損切りをし、とうとうネックラインを割ります。

ここで、トレンドが転換したと多くのトレーダーが思い、売りの注文が一気に入ってくるので、大きな値動きが発生するんです。

カンタンにまとめると、利益確定と損切りが重なり、買いの勢力が一気に弱くなるということです。

決済 FXはポジション決済が最重要、損益確定のタイミングを学ぶ

三尊・逆三尊を使った手法

三尊・逆三尊は、あくまでもトレンドの転換点を見極めるためのものであり、いわば参考材料の一つです。

そのため、エントリーの根拠をより確固たるものにしようと思えば、三尊・逆三尊を他のインジケーターと組み合わせてみることをおすすめします。

組み合わ方は無数にありますが、本節ではRCIを活用した実例を用いて、解説していきたいと思います。

「三尊・逆三尊+他のインジケーター」の具体例

次の図の三尊と、RCIのインジケーターを表示したチャートを見て、皆さんだったらどのポイントでエントリーするか考えてみてください。

ちなみにRCIは、波が一定ライン(赤線・緑線)を超えた時に、買われすぎ・売られすぎを示すインジーターです。

①〜③の3つの山、三尊が確認できたでしょうか?

RCIもぴったり機能しており、赤線が赤点戦を超えたあたりで、買われすぎと判断されるため、その下落トレンドに転換していることが分かるかと思います。

さて、エントリーポイントについてですが、個人的には②と③の間、ネックライン(白点線)にタッチしたあたりでの買いエントリーが理想だと考えます。

その理由は、大きく分けて2つ。

1つの理由は、①と②が形成された時点で、三尊を意識するトレーダーが増えてくるからです。

では、①と②が形成された時点、先ほどのチャートを少し巻き戻して見てみましょう。

②の山が崩れてネックラインにタッチ、そしてその後、大きな陽線が見られたことから、三尊の形成に向かっていると考えてもいいでしょう。

そして2つ目の理由は、やはりRCIが売られすぎのシグナルを出し、トレンドの転換を示唆しているからです。

このように、三尊・逆三尊と他のインジケーターを組み合わせることで、根拠を持ってトレンド転換を意識することができ、より理想的なエントリーができるようになります。

ここで紹介した手法は、あくまでも数ある例の1つなので、ぜひ皆さんにとって馴染み深いインジケーターを活用して、トレードに活かしてみてください。

RCI FXのRCIインジケーターとは?3本表示の設定や使い方を事例で解説(MT4インジケーター)

おすすめのFX会社3選

三尊・逆三尊をより正確に掴むためには、テクニカル分析に特化した口座の運用をオススメします。

本節ではテクニカル分析に強く、なおかつ初心者から上級者まで幅広く支持される、優良FX会社を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

松井証券

なるでく少ない資金でFXを初めて、早々にスキルを身に付けたい!そういった方にオススメしたいのが松井証券です。

多くのFX会社が1000通貨を最低取引単位としていることに対し、松井証券は1通貨単位で取引することができます。

「100円から始められる」というキャッチコピーの通り、自資金でいくらでもテクニカル分析のスキルを磨ける、これ以上ない環境になるでしょう!

DMM FX

DMM FXは、口座開設者数がどこのFX会社よりも多く、その実績を裏付ける様々な強みを持っています。

また口座開設するだけでデモトレードできるようになり、その環境は本番さながら。

テクニカル分析や、各種インジケーターの練習など、FX初心者に対しても配慮ある仕様になっているため、この口座からFXの世界をのぞいて見るのも良いでしょう。

DMMFX DMMFXの特長や評判、魅力を徹底解説!

外為オンライン

外為オンラインは、「iサイクル2取引」と呼ばれる、独自の自動売買システムを提供しています。

しかし、本節で強調したいのはそちらではなく、外為オンラインが無料セミナーの実施に注力している点です。

やはり相場の読み方、各種分析方法などは、プロから教わるのが最も確実かつ安心できるでしょう。

同社が展開するセミナーでは、自分の実力に応じて6段階のレベルから選択することができ、担当されるのはもちろん現役の為替ディーラー。

基礎から応用まで、ただトレードをこなすだけでは得られない学びと発見が無料で提供されているので、とりあえずでも口座開設する価値があると言えます。

三尊・逆三尊:まとめ

三尊の解説はいかがでしたか。

あくまで「その傾向が強い」というだけなので、三尊のみを根拠にトレードするのはオススメしませんが、ひとつの参考にすることはできます。

その結果、トレンドを早い段階で判断することができれば、大きく相場が動き始める波に、効果的に乗っていくことが可能です。

かなり大きな利益も期待できる三尊、逆三尊をこの機会に、ぜひマスターしてみましょう!

出典:OANDA|チャートパターンの反転型(リバーサルパターン)

よくある質問

損切りはどの辺りに置けばよいのでしょうか。

三尊で売りを仕掛けるタイミングはネックラインを下抜けたところですが、逆に最も近くにある高い山を超えた場合は「ダマシ」になります。三尊が否定された形になるので、ここが損切するポイントになります。

チャートで三尊を探そうとするとなかなかないのですが、出現回数はこんなに少ないのでしょうか。

実際のチャートではきれいな三尊はなかなか出現しません。3つの山ができていれば、三尊とカウントしてよいので、形が汚いものも三尊として探してみてください。今よりも多くの三尊が見つかるはずですし、しっかり機能しているものも多くあります。

勝率はどれくらいでしょうか。

三尊単体での勝率は60%ほどになります。マルチタイムフレーム分析や他のインジケーターも取り入れることで、さらに勝率を上げることができますので、ぜひ参考にしてみてください。

リアルタイム為替レート

 

リアルタイムチャート