【やめとけばよかった】FXで後悔する人の特徴5選!失敗しないためのポイントとは

【やめとけばよかった】FXで後悔する人の特徴5選!失敗しないためのポイントとは

FXは魅力的な投資手段として知られていますが、不注意や誤ったアプローチによって、時に「やめとけばよかった」と後悔することもあるでしょう。

特にレバレッジを活かした運用では、元本以上の損失を出すリスクも含んでいます。

そこで本記事では、FXで後悔する人の特徴を厳選し、その失敗を回避するためのポイントについて探っていきます。

FXで成功を収めるための方法は無数に存在しますが、失敗を回避する方法については限られていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

FXで「やめとけばよかった」と後悔する人は多い

FXで後悔する人は少なくありません。

「やめとけばよかった」という悲痛な叫びを表す代表的な書き込みと言えば、以下が挙げられます。

174 名前:Trader@Live!:2011/03/17(木) 13:43:38.33 ID:g/MGLdZ2
昨晩2998万くらいの残高が有ったが
朝起きたら12万になってた
今頃になって実感が・・・

20万位から何度も退場を乗り越え
3年かけて勝ち組になったと思っていたのに
もうトイレに行く事すら出来ないよ

どうやって立ち直ろうか
仕事も初めて無断欠勤したし
つらい

一夜にして3000万円近く失えば、後悔するのも無理はありません。

では、このような残念な結果になったのは、運がなかったからでしょうか?

確かに、FXは不確実な要素も介入するため、運も絡んでくるでしょう。

しかし、リスクや資金の管理はコントロール可能であるため、負けを抑えるという点に関しては実力が反映されます。

「負けに不思議な負けなし」という格言があるように、負けるからには相応の理由があるものです。

FXで思うように勝てないという人は、まずは負ける理由を知ることから始めるべきでしょう。

教訓とすべFX断末魔コピペ15選!失敗・大損する人の共通点とは? 教訓とすべきFX断末魔コピペ計20選!失敗・大損する人の共通点とは?

「やめておけばよかった」とFXで後悔する人の特徴5選

FXは8割が負けるのは本当?初心者から稼ぐのは難しい?

FXで負ける人は、ほぼ間違いなく以下の特徴に当てはまります。

逆に言えば、該当しなければFXで勝てるということなので、ご自身のトレードと照らし合わせてみて下さい。

損切りができない

損切りはFXにおける最重要テクニックですが、要は慣れの問題です。

自分の資金が減ることを極端に恐れる人がいますが、損切とはそもそも損失を最小限に抑えること、いわば資金を守るための手段なのです。

とはいえ、損切り額が利益を超えてしまっては意味がないので、その点については注意が必要です。

では、どのように上手く損切りしていくべきか、その点について以下の記事で解説しておりますので、参考にしていただければ幸いです。

FXにおける8つのリスクとは?リスク管理の5つのポイントもあわせて解説!

トレードで稼ぐ根拠がない

FXで後悔する人は、FXに対しての姿勢が適当です。

基礎知識やトレード戦略が不十分なまま取引に臨む人がいますが、それで勝てるほどFXの世界は甘くありません。

FXで稼ぎ続けるためには、豊富な知識に加えて、自分に適した手法メンタルが不可欠です。

勝てる根拠がないままトレードを繰り返すのは、ただ相場にお金を落とし続けるだけということに、早々に気づくべきなのです。

コツコツドカンを繰り返す

コツコツドカン」は、誰もが経験するFXの典型的な失敗パターンです。

文字通り、長い時間をかけて積み上げた利益を一瞬で溶かしてしまうという意味ですが、この壁を攻略できるかどうかがFX初心者の最初の試練です。

自ら進んで損失を受け入れるのは難しいところですが、たった一回の損切で全ての利益が消えてしまうようであれば、運用する意味がありません。

コツコツドカンに陥らないためにも、こまめに損切りを徹底し、トータル収支でプラスにするという意識が重要です。

ポジポジ病に陥る

ポジポジ病とは、とにかくポジションを持ちたい、エントリーしたいという衝動に駆られた状態のことです。

トレード回数が多ければ多いほど利益も大きくなると勘違いしていないでしょうか。

FXのトレードは、勝てるチャンスを待ち、期待値を高めることが極めて重要です。

それにも関わらず、ポジポジ病を自覚しないままでいると、エントリー前の分析を怠るようになり、トレード精度の低下を招くことになるでしょう。

リスク・レバレッジ管理が疎か

FXで後悔する人は、過度なリスクを取る傾向があります。

高レバレッジを利用した大きなポジションや冒険的な取引は、一時的な利益をもたらすこともありますが、大損失につながる可能性も高くなるということを忘れてはいけません。

ただリスク管理については奥が深く、一朝一夕で身に付くわけではないのが難しいところです。

そこで、どのようにリスク管理していくべきか、以下の記事で詳しく解説しておりますので、ぜひご一読ください。

何倍までに抑えるべき?FX初心者における最適なレバレッジ目安とは FX初心者はレバレッジ何倍までに抑えるべき?最適なレバレッジ目安とは

FXは辞めとけと言われる3つの理由

世間では、まだまだFXに対してネガティブな印象を持たれがちです。

「FXは辞めとけ」という余計なお節介を言われることもあるため、FXに取り組んでいることを言い出しにくい人も多いでしょう。

では、なぜここまでFXはマイナスなイメージを持たれているのでしょうか。

ここでは、「FXは辞めとけ」と言われる理由について解説していきます。

「FX=ゼロサムゲーム」であるため

FXは、ゼロサムゲームと呼ばれる、勝者の利益と敗者の損失が等しくなるマネーゲームです。

言わば完全なる弱肉強食の世界であり、初心者から上級者まで同じ土俵で勝負することになるため、FXで稼ぐことは難易度が高いと思われがちです。

ただ、確かにゼロサムゲームを勝ち続けるためには、相応の努力や資金が必要になりますが、FX初心者だからといって不可能というわけではありません。

なぜならFXでは、一般的な裁量トレードの他にも、スワップ投資や自動売買など、稼ぐための方法は多種多様であり、時間をかけることで勝ちやすくなるからです。

FXはゼロサムゲームだから勝てない?生き残るだけで勝てる理由とは? FXはゼロサムゲームだから勝てない?生き残るだけで勝てる理由とは?

「FX=ギャンブル」というイメージがあるため

FXでは、お金が減るリスクもあるため、その点だけを切り取って「FX=ギャンブル」だと決めつける人もいるでしょう。

結果が完全に運次第であるならば、確かにそれはギャンブルです。

しかし、FXにおいてもコンスタントに稼げるプロが存在する以上、実力がきちんと反映される「競技」なのです。

FXをギャンブルだと決めつけてしまうのは、おそらくFXの仕組みを理解していない人です。

ただ、運用次第ではギャンブルになってしまうことも考えられますので、きちんと実力で勝てるよう、日頃から分析・検証に取り組んでいかねばなりません。

FXはギャンブル?投資?ギャンブルとの違いやギャンブルではないとされる理由とは

「FX=危険」という認識が広まっているため

FXは危険という印象は、FXで借金を負うリスクがあるからです。

ただ、FXで借金を負うというのは「追証」と呼ばれる制度があるからであり、そもそも余裕資金で運用していれば問題ありません。

基本的な知識がないまま、最初からハイレバレッジで運用すれば、それは危険なトレードです。

しかしリスクを抑え、逆指値等を活用して損切できるようになれば、危険なトレードにはならないでしょう。

FXが危険であるかどうかは、運用者の取り組む姿勢によって変わってくるということです。

FX初心者は要注意!ビギナーズラックの危険性・失敗例とは FX初心者は早く気付いて!ビギナーズラックの危険性・失敗例とは

「やめておけばよかった」と後悔する前に!知っておくべきFXの上達にポイント

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」という言葉があります。

この言葉が示すように、FXを後悔という経験から学ぶ前に、先人が確立した知識から学んでみてはいかがでしょうか。

ここからは、「やめておけばよかった」と後悔する前に、FXで知っておくべきポイントについて解説していきます。

頻繁にトレードしない

ポジポジ病のところでも少し解説しましたが、トレード回数を増やしたからといって、利益が増えるわけではありません。

むしろ初心者であれば、トレードするたびに傷口を広げているのではないでしょうか。

FXで安定して勝つためには、狙いすました渾身のエントリーが必要であり、そもそも頻繁にトレードできるものではありません。

とりわけ勝率が安定しない方には、日足・週足といった上位足を意識して、ダマしが入りにくいチャートから勝ちパターンを学ぶと良いでしょう。

FX初心者は週足を見よ!週足を意識したトレードほど勝ちやすくなる理由とは FX初心者は週足を見よ!週足を意識したトレードほど勝ちやすくなる理由とは

デモトレードを過信しない

デモトレードは、FXを学ぶためにはうってつけの環境です。

しかし、デモトレードでFXの基本は学べても、リアルマネーが絡んだ資金管理や、利確や含み損を我慢できるメンタルの強さが身に付くわけではありません。

基本やトレード手法の習得、過去チャートを活用した分析・検証に限って活用するなど、デモトレードの使いどころを弁えておく必要があります。

また、スマホやPC用のチャートツールごとに、デモトレードの使い心地は異なりますので、こちらも合わせてご注意ください。

デモトレードは意味がない!?FX初心者が意識すべきポイントとは

少額資金から始める

FXは、必ず少額資金から始めるようにしてください。なぜなら、お金に対するリスク許容度は人それぞれ異なるからです。

たとえば、多くの人にとって100円の損失はどうってことないでしょう。

しかしそういった人々にとって、100万円を得るか失うかの状況であれば、まともな判断力を保つのは難しいはずです。

そもそも、多くの人が自身のお金に対するリスク許容度を理解できておりません。

自分は、何円までの金額の変動に耐えられるのか、それが100円なのか1万円なのか100万円なのか、正確に把握するためには時間が掛かります。

そのため、最初は少額資金から始め、チャートの変動と口座内の資金変動を肌に感じながら、お金に対するリスク許容度を掴み、また育てていく必要があるのです。

FXは軍資金をどれくらい用意すべき?少額から始めるメリットとは?

期待値を追う

任意のある局面において、チャートが上昇するのか下落するのか、確率はそれぞれ半々と言えるでしょう。

とはいえ、トレード毎にスプレッドによるコストが生じるわけなので、考え無しにトレードしていては、資金は減るばかりです。

しかし、過去チャートの統計から判断するに、特定の状況において確率に揺らぎが生じます。

たとえば、上昇トレンドの渦中においては、チャートが上昇する確率は50%を上回るでしょう。

FXで勝つためには、そういった勝てる可能性を見つけてベットしていくこと、つまり期待値を追うことが何よりも重要なのです。

「勝ち続ける=不可能」を知ると、FXは勝てるようになる! 勝ち続けることは不可能?FXは期待値を追求してトータルで勝つべし!

トレード手法は1つに限定する

トレードの手法は無数に存在しますが、トレードの手法を次々に習得していったとしても勝てるようにはなりません。

重要なのは手法の使い手の技量であり、広く浅く習得するよりも、狭く深く追求していくべきなのです。

たとえば、ホームランが打てるバットがあったとして、いざ打席でホームランを出せるのは、日頃からそのバットで練習を積んできた人でしょう。

FXもそれと同じで、勝てないのは手法のせいではなく、手法に対する理解や練度が足りていない自分自身にあるということを自覚しなければなりません。

もちろん、手法が環境に適していないなどの理由で勝てないことも考えられますので、一定の検証は必要です。

しかし、あれこれと手法を変えているうちは、いつまで経っても勝てるようにはなりませんので、トレード手法は1つを徹底的に極める気概で取り組むことをおすすめします。

初心者が最も勝てる手法!FXはスイングトレードから始めるべき理由とは

FXで「儲かる人」と「やめとけばよかったと後悔する人」の差とは

FXで「儲かる人」と「やめとけばよかったと後悔する人」には、明確な差が存在します。

どういった点に留意すれば勝てるようになるのか、以下の点を踏まえて、ご自身のトレードを振り返ってみて下さい。

1:勝てる環境で始める

何事においても「環境」は非常に重要です。

分かりやすい例で言えば、まずトレード環境が挙げられるでしょう。

スマホだけでポチポチトレードするのか、PCと複数のモニターを用いて、インジケーターを活用しながらでは、当然後者の方が有利です。

また、チャートにおいても「環境」は重要で、今現在は勝てる環境なのか、環境認識を踏まえることで、さらにトレーダーとして成長することができます。

いずれにしても、環境を曖昧にしたままでは勝ちきれませんので、まずは日頃のトレードを振り返り、是正できる点がないか確認してみて下さい。

2:知識に投資する

知識に惜しまず投資できる人は、成長も早く、将来的な成功も約束されているでしょう。

FXであれば、身銭を切って実践で検証する、凄腕トレーダーの監修する教材や、オンラインサロンに加入するなど、投じる先は様々あります。

とはいえ、多くの人が知識への投資を躊躇するのではないでしょうか?

今の時代、インターネットからあらゆる情報を仕入れることができるため、無料でも何とかなるはずだと考えてしまうのも分かります。

だからこそ、多くの人がFXで勝ち続けることはできていないわけです。

知識への投資は、単に知識を得るというためだけでなく、お金を投じることによって後戻りできなくする、言わば退路を断つための儀式のようなもの。

言うまでもありませんが、勝てるようになれば投じたお金はすぐに回収できますので、特に初心者の方は知識への投資は惜しまないよう願います。

3:FXを最優先にしない

時間があればチャートを見る、SNSで情報を集めるなど、私生活のほとんどをFXに捧げるのは大変危険な行為です。

なぜなら、人は投じた時間や労力に対して相応の見返りを求める特性があり、FXで負けることを益々認められなくなるからです。

負けを認められないとは、つまり損切りできないということ。

このサイトでは再三お伝えしておりますが、損切無くして相場を生き残ることはできません。

特に「FXで勝って会社を辞めたい」「FXで勝てるようになって自由に生きたい」こういった邪念があれば、より勝ちに執着してしまうでしょう。

FXでは、勝ちも負けも平常心で受け止められるようになるべきです。

そのため、FXを最優先にせず、まずは副業感覚で長期的な気概を持って取り組むことをおすすめします。

まとめ:「やめとけばよかった」と後悔しないためにも未然防止を!

本記事では、「やめとけばよかった」と感じる人の特徴、また勝てるようになるまでのプロセスについてお伝えしました。

記事中でもお伝えしたように、「やめとけばよかった」という後悔に至るには、相応の理由があるものです。

そのためFXでは、先人の失敗から学ぶことが特に重要であり、失敗経験を収集して、自分の資金を守ることに繋げなければなりません。

そういった意味では、いま私たちは大変恵まれた時代に在るといえるでしょう。

今後においても、当サイトではFXでの失敗を避けるため、「やめとけばよかった」という後悔を抱えないためのポイントを発信してまいりますので、引き続き参考にしていただければ幸いです。

リアルタイム為替レート

 

リアルタイムチャート