ポンド円見通し 英国の規制強化を嫌気して下落

ポンド円見通し 英国の規制強化を嫌気して下落

おはようございます。大塚亮です。

2021年12月9日の相場分析です。

概況

ポンド円の12月8日終値は150.013円、前日比0.254円安と小幅続落した。取引レンジは150.698円から149.360円。

オミクロン株の重症化率が低いとの見方が相次ぎ治療薬やワクチンのブースター接種の有効性報道も続いたことで金融市場全般は11月26日からの大幅下落基調から抜け出しており、NYダウが3連騰、為替市場でのユーロや豪ドルが上昇してドル円も上昇しているが、英国の規制強化の動きを嫌気してポンドドルは12月8日夜に12月1日未明安値を割り込んで一段安となったため、ポンド円は円安では支えきれずに続落となった。

注目情勢 英国での規制強化

英国のジョンソン首相はオミクロン株の感染拡大を防ぐための「プランB」される制限措置をイングランドで導入した。金融市場全般がオミクロン株は重症度が低いとして楽観的なリスクオン優勢へと一挙に流れを変えたものの、オミクロン発生報道以前から感染者の増加が止まらない英国では当局者の認識も相対的に警戒型となっているようだ。報道によるとプランBでは大規模イベントにおけるワクチンパスポート導入、在宅勤務、公共の場でのマスク着用義務が指示されるという。

ジャヴィド英保健相は12月6日の段階で市中感染がすでに始まっているとしたが、各種報道によれば現状のモニタリングシステムでは限界があり、オミクロン株感染者は政府発表をはるかに上回っている可能性があるとされ、既に1日で千人以上が感染している可能性もあると指摘されている。重症化率が低くても感染者の絶対数が爆発的に増加すれば医療システムを圧迫しかねないため、政府の規制も厳しくなるということだろう。

テクニカルポイント ポンドドルは年初来安値を更新

ユーロドルや豪ドル米ドルが大幅高を演じている一方、ポンドドルは12月8日安値で1.31611ドルへ下落、6月1日に付けた昨年コロナショック以降の高値1.42493ドル以降の最安値を更新した。英政府による規制強化の動きを嫌気したポンド売りがユーロポンドでのユーロ買いポンド売りにより助長されている印象だが、10月20日の戻り高値を起点とした下落基調から抜け出せない状況が続いていることはポンド円にとっても大きな重石だ。

米連銀がインフレ抑制へ向けてテーパリングの早期終了と利上げ時期の前倒し感を強める中、英中銀ではまだ金融緩和の解除に慎重な姿勢が続いており、来週の米FOMCとその直後の英中銀MPCが迫る中で両中銀のスタンスの差も意識されていることがポンドが下落基調から抜け出せない背景の一つとなっている印象だ。

短期テクニカル

ポンド円の60分足レベルでは概ね3日から5日周期での底打ちと反落を繰り返すリズムがある。

12月6日午前時点では12月4日早朝安値を起点として上昇期に入ったとして高値形成期を7日の日中から9日夜にかけての間と想定したが、7日夕安値からの反落により12月8日午前時点では既にピークを付けて下落期に入っている可能性があるとした。

12月8日夜に149円台前半へ下落してからやや戻したものの戻り高値は7日夕高値から切り下がっているため、現状は12月7日夕高値を起点とした下落期にあると思われる。安値形成期は9日早朝から13日朝にかけての間と想定されるので既に反騰注意期にあるが、7日夕高値を超えないうちはもう一段安余地ありとし、上昇再開は7日夕高値超えからとする。

60分足の一目均衡表では150円を挟んだ揉み合いが続いているために方向感に乏しい。両スパン揃って好転しているところでは高値試し優先とするが、両スパン揃っての悪化中は安値試し優先とする。

60分足の相対力指数は12月7日夕刻に70ポイントを超えたところから30ポイント台へ反落し、その後に50ポイントを超えても維持できない状況が続いているためもう一段安の可能性が懸念される。上昇再開感が強まるには60ポイントを超えてその後も50ポイント以上での推移を続ける必要があると思われる。

12月9日の売買戦略

ドル円は上昇期にあるものの114円に届かずポンドドルの下落が続いているため、ポンド円としてはまだ戻り売り有利の状況と思われる。

150.70円から151円にかけてのゾーンは戻り売りにつかまりやすいとる。150円以下での推移中は下向きとし、12月8日夜安値149.914円割れからは12月4日早朝安値148.983円試しとし、底割れからは148円台中盤(148.70円から148.30円)を試す流れとみる。

12月9日の主な予定

  • ドイツ
    ー16:00 10月 貿易収支 (9月 162億ユーロ、予想 143億ユーロ)
    ー16:00 10月 経常収支 (9月 196億ユーロ、予想 170億ユーロ)
  • 米国
    ー22:30 新規失業保険申請件数 (前週 22.2万件、予想 23.0万件)
    ー22:30 失業保険継続受給者数 (前週 195.6万人、予想 191.0万人)
    ー24:00 10月 卸売売上高 前月比 (9月 1.1%)
    ー27:00 財務省30年債入¥
豪ドル見通し5年後 豪ドルの5年後見通しは?100円超えの可能性や相場分析から見る買い時とは【2021年最新】

リアルタイム為替レート

 

リアルタイムチャート