エンベロープでFX相場を攻略!特徴や使い方を徹底解説します。

あなたは「エンベロープ」というインジケーターを使用したことがあるでしょうか?

トレードをしている方であればチラッと耳にしたことはあるかと思いますが、そもそも、「エンベロープって何?」という方もいらっしゃるかもしれません。

また、なんとなく知っているという方でも、「エンベロープ」が実際にどんな原理で動いていて、どのような使い方が出来るかまで把握している人はあまり多くないのではないでしょうか。

なので、今回の記事では、そんな方々のために「エンベロープ」の特徴や使い方について、しっかりと知っていただく内容をお伝えしていきます。

ぜひ、最後まで記事をご覧いただいて、今後のトレードの参考にしてみてください。

エンベロープとは?

「エンベロープ」とは「価格は移動平均線から極端に遠く離れない」という考え方をもとに作られたインジケーターです。

エンベロープ
「エンベロープ」の名前には元々「包む」「封筒」という意味があり、見ての通り、チャート上では移動平均線を上下に包むような形をしています。

また、その形状からボリンジャーバンドと間違われがちですが、「エンベロープ」には「上下のバンド幅が一定」という特徴があり、バンドが収縮と拡大を繰り返すボリンジャーバンドとは全く違う動きをします。

さらに、「エンベロープ」は移動平均線と全く同じ動きをするため、相場が動いた時に「値動きの行き過ぎ」を見つけやすくなるのです。

そして「値動きの行き過ぎ」がわかれば、トレンドの反転ポイントをつかめるので、「エンベロープ」を使いこなすことによって綺麗な逆張りトレードを実現することが可能になります。

エンベロープの特徴

では、「エンベロープとは何か?」が分かったところで、今度はチャート上の「エンベロープ」を実際に確認しながら、その見方について解説していきます。

まず「エンベロープ」は3種類のラインで構成されています。

次のチャートに描かれている真ん中の赤い線が、移動平均線です。

そして、その移動平均線と同じ動きで上下に走っている2本の青い線が「エンベロープ」となり、上のラインをアップバンド、下にあるラインをローバンドと呼びます。

エンベロープ

「エンベロープ」を使った基本的な相場判断はとても簡単です。

価格が移動平均線から離れてアップバンドに接近、到達した時は「買われ過ぎ」という判断。

エンベロープ

逆に、価格がローバンドに接近、到達した時は、移動平均線に対して「売られ過ぎ」という判断をしていきます。

エンベロープ

このように、「エンベロープ」は性質上、移動平均線をそのまま上下に一定の割合で離したものとなり、相場が移動平均線からどれくらい離れているかで「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断することができるのです。

エンベロープの使い方

ここまでの説明で、「エンベロープ」についてなんとなく分かってきたでしょうか。

次からいよいよ「エンベロープ」を使ったエントリー方法について解説していくので、これまでの内容で不安な点がある方は、ここまでの説明を何度も読み返して、より理解を深めてから次を読み進めてみてください。

エンベロープのエントリー方法

では、早速エントリー方法を紹介していきます。

今回ご紹介するのは基本的な「エンベロープ」での逆張りトレードのエントリー法です。

なぜ、逆張りを狙っていくのかというと、相場には「大きく価格が動いても、やがて移動平均線に戻ってくる」という考え方があるからです。

つまり、相場の移動平均線から離れれば離れるほど、元に戻ろうとする力が大きくなり、それを利用してトレードしていくのがエンベロープの主な使い方ということです。

簡単にいうと「エンベロープ」とローソク足のクロスを基準に、逆張りしていくことが「エンベロープ」の基本的なテクニックになってきます。

つまり、ローソク足が「エンベロープ」のアップバンドに当たったら売りエントリー。

エンベロープ

逆に「エンベロープ」のローバンドに当たったら買いエントリーとなります。

エンベロープ

このように「エンベロープ」は、「やがて移動平均線の方向に戻ってくる」という考え方に基づいているので、それが頭に入っているだけでも、相場の方向性をつかんだエントリーをすることができます。

エンベロープの決済方法

次に「エンベロープ」の決済判断方法について解説していきます。

「エンベロープ」は逆張りのトレードなので、決済はエントリー方向から相場が逆行するタイミングを狙っていきます。

つまり、「エンベロープ」の決済タイミングとは、エントリー後に相場が移動平均線の方向に進み、そのまま逆サイドの「エンベロープ」に触れたポイントとなるのです。

そのため買いエントリーの場合は、ローソク足がアップバンドにタッチしたタイミングで決済。

エンベロープ

逆に売りエントリーの場合は、ローソク足がローバンドにタッチしたタイミングで決済となります。

エンベロープ

このように「エンベロープ」のエントリーと決済ルールは、「相場は移動平均線の方向に戻ってくる」という相場の習性を利用し、基本的にバンド内でのトレードを行っていく形となります。

エンベロープ:まとめ

今回は「エンベロープ」についてご紹介しましたが、いかがでしたか。

「エンベロープ」による逆張りトレードは、値動きの少ないレンジ相場や、急に勢いが出ない穏やかな相場でうまくいきやすいです。

また、指標発表時など大きなトレンドの発生する可能性がある場合は「エンベロープ」によるトレードを控えるなどの判断も大事なので、気を付けてくださいね。

では、最後にこれだけは覚えておいてほしいのですが、「エンベロープ」は「値動きの行き過ぎ」を見極めるインジケーター。

そして相場には、「大きく価格が動いても、移動平均線の方向に戻ってくる」習性があるということ。

この2点を意識しながら、ぜひ、「エンベロープ」を今後のあなたのトレードにお役立てくださいね。