FXハーモニックパターンで利益を上げる方法(基礎編)

ハーモニックパターン」とは、その名の通り「ハーモニック(調和)」「パターン(型)」という意味で、チャート上の値動きにフィボナッチを当てはめ、形成されたパターンから次の反発を予測するトレード方法です。

日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、欧米では多くのトレーダーが使用しているポピュラーなトレード方法になります。

やはり日本人より知識やスキルが高く、資金量も多い海外のトレーダーのカモにならないためには、海外で主流のトレード方法を取り入れることも重要です。

この記事では、そんなハーモニックパターンについて解説していきます。

「なんだか難しそう」「フィボナッチがわからない」というネガティブな思いがあるかもしれませんが、基本さえ押さえてしまえばとっても簡単で、高勝率を狙えるトレード方法なので、ぜひ最後までご覧くださいね。

【FXハーモニックパターン】3つのメリット

ここからは、ハーモニックパターンの3つのメリットについて解説していきます。

メリット1:逆張りで高勝率を狙える

ハーモニックパターンのエントリーは、基本的に逆張りになります。

逆張りと聞くと無条件に勝率が低いイメージを持つ方もいるかもしれませんが、ハーモニックパターンに関してはフィボナッチを組み合わせているので、その優位性はものすごく高いのが特徴です。

大衆心理を逆手にとって大きく稼ぐ快感は、やはり逆張りならでは。その快感を味わいながら高勝率も狙えるのは、大きな魅力でしょう。

メリット2:リスクリワードが良い

そして、逆張りなのに損失が小さくできるのも大きな特徴の1つです。

通常の逆張りなら、エントリーして含み損が膨らむことも多いですが、ハーモニックパターンなら反発が起こるポイントを絞ってエントリーできるので、逆行することがほとんどありません。

そのため損切りを浅く設定することができるので、損切りになっても損失を極限まで抑えることができます。

メリット3:基本を覚えればいくらでも応用が効く

「ハーモニックパターン」と聞くと、特に初心者の方は「なんだか難しそう」と感じる人も多いかと思いますが、実は基本の型さえ覚えてしまえばとても簡単です。

例えるなら、小学校の算数で出てきた「距離」「時間」「速さ」を計算に使う「は じ きの法則」のようなもので、一度基本を覚えてしまえば、あとは組み合わせを変えるだけなので、本当にシンプルなトレード方法になります。

【FXハーモニックパターン】基本の考え方

ここからはハーモニックパターンの基本的な考え方を解説していきます。

ハーモニックパターンは「ダブルトップ」や「ダブルボトム」と呼ばれるものと同じようにM字、W字になっているチャートパターンです。

※ダブルトップ、ダブルボトムについてはこちらの記事をチェック!

ダブルトップ FXのダブルトップ・ダブルボトムとは?基礎知識と手法を解説

そんなハーモニックパターンを形成している「XAリトレースメント」「ABCDパターン」、これら2つを覚えることで、習得スピードは格段に上がります。

XAリトレースメント

XAとはフィボナッチ・リトレースメントを引くための起点と終点になるポイントを指します。

M字やW字で例えるなら1画目の部分ですね。

起点となる底値X(高値)から、Aまでフィボナッチ・リトレースメントを引くことで準備は完了です。

このXAのフィボナッチ・リトレースメントが、ハーモニックパターンの要となるので、しっかり覚えておきましょう。

ABCDパターン

ABCDパターンとは、トレンドの推進波(AB,CD)が同じ長さになった時に、Dのポイントで反発が起きやすいという考え方です。

M字やW字で例えるなら1画目以降の部分ですね。

ハーモニックパターンでは、同じ長さになることはほぼありませんが、この考え方を知っておくことで、この先の理屈を理解しやすくなるので、ぜひ覚えておきましょう。

ハーモニックパターンが強力な理由

ここまでご紹介してきた「XAリトレースメント」と「ABCDパターン」を組み合わせることで、なぜ強力な反発が起きるのか?その具体的な理由についてここから解説していきます。

ハーモニックパターンで反発が起きる要因を大まかにまとめると、

  • X→Aにフィボナッチ・リトレースメントを引いて見ている
  • A→Bにフィボナッチ・エクスパンションを引いて見ている
  • B→Cにフィボナッチ・リトレースメントを引いて見ている

これら3つの視点で相場を見ているトレーダーたちの、エントリーをするポイントが集約する「D地点」を狙うことで大きな利益を狙える、という仕組みになります。

※フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・エクスパンションの説明はこちらから!

フィボナッチ フィボナッチの定義と有効的な使い方

おそらくテキストだけでは分かりにくいと思いますので、チャートを使って1つひとつ順番に解説していきますね。

まずはX→Aにフィボナッチ・リトレースメントを引いている人の視点です。

押し目になるポイントを買いで利益を狙っていく場面ですね。

続いて、A→Bにフィボナッチ・エクスパンションを引いて見ている人の視点です。

C地点の次に反発するポイント(D地点)での買いを狙っていますね。

最後にB→Cにフィボナッチ・リトレースメントを引いて見ている人の視点です。

これはX→Aと同じく、押し目となるポイントで買いを狙う戦略ですね。

これらを重ねてみると、3つの視点のトレーダーのフィボナッチのラインが四角の中で被っていることが分かりますね。

  • XAにフィボナッチ・リトレースメントを引いて、押し目買いを狙っているトレーダー(黄色)
  • ABにフィボナッチ・エクスパンションを引いて、押し目買いを狙っているトレーダー(青色)
  • BCにフィボナッチ・リトレースメントを引いて、押し目買いを狙っているトレーダー(赤色)

ここがハーモニックパターンのD地点です。

このD地点では3つの視点で相場を見ている各トレーダーたちが、一気に買い注文を仕掛けるポイントだということが言えます。

つまり、多くのトレーダーが買いを意識している=強い反発が起こる→逆張りで大きく利益を狙える、という展開が予測できますね。

これがハーモニックパターンの原理になります。

【FXハーモニックパターン(基礎編)】まとめ

いかがだったでしょうか?

ハーモニックパターンはただのチャートパターンではなく、フィボナッチを組み合わせることで多くのトレーダーが意識している価格帯を的確に導き出し、高勝率で大きく利益を伸ばしていけるトレード方法です!

そんなハーモニックパターンを使った詳細なトレード方法は、こちらの記事で解説しています。

FXハーモニックパターンで利益を上げる方法(実践編)

ぜひこの記事を参考に、ハーモニックパターンを使ったトレードを実践してみてくださいね。