FXで9割のトレーダーが勝てない3つの理由とは?徹底解説!

トレーダーの9割が勝てない。
そんな言葉を聞いたことはありませんか?

月収100万円、200万円くらい簡単に稼げる!と言われても、実際やってみると、「なかなか勝てない」「負けが続いている」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなFXトレーダーのために、FXで勝てない原因や勝てないときの対処法などについて詳しく解説していきます。

もし今、スランプに陥っているという方は、必ず大きな発見があるはずなので、どうぞじっくりお読みくださいね。

FXで勝てない3つの理由

FXで勝てない理由は、下記の通り3つあります。

理由①:メンタル

トレーダーがFXで勝てない最大の理由は、実は「メンタル」です。

もちろん分析不足だったり、使うロジックと今の相場の相性が悪いなど、テクニック的な要素も、勝てない理由ですが、実はメンタルの弱さこそが、根本的な原因なのです。

例えば、損切り価格をズラしてしまったり、負けを取り戻そうとして無計画なナンピンをしたり、次のトレードで倍のロットでエントリーしてしまったり・・・。

トレーダーなら誰しもが経験あると思いますが、これら全て、メンタルの弱さが原因です。

では、なぜメンタルが原因なのでしょうか。

それは、人間は損失をひどく嫌う生き物だからです。

行動経済学的に、人間は一万円を稼ぐ喜びよりも、一万円を失う喪失感の方が、精神的な影響は大きいと言われています。

一度損失を抱えてしまうと、精神的なストレスのため脳が正常な判断を下せなくなり、強引に自分の都合の良いシナリオを考えてしまいます。

FXは運だけで成功できるような投資ではありませんので、一回の損失を抑えることを考えるのではなく、トータルで利益を残すことを意識してみましょう!

理由②:資金管理

FXで勝てない2つ目の理由は資金管理にあります。

資金の何%をリスクにさらせるか、そのリスクに対して適切なレバレッジでトレードできているか、振り返ってみましょう。

また、資金管理はトレーダーの平均勝率や資金量によっても変わっていきますので、人によって許容できるリスクは変わります。

勝率が低い方は2%くらいに抑えたほうがいいですし、滅多に負けないプロトレーダーは、60%以上のリスクをとっても破産しません。

なので、もし資金管理に自信がない方は、バルサラの破産確率やケリー基準などの、代表的な資金管理方法を参考にしながら、自分の許容リスクを決めてみましょう。

理由③:相場の流れ

そしてFXで勝てない3つ目の理由が、相場の大きな流れをつかめていない、ということです。

例えば15分足で上昇トレンドが発生していても、日足以上の長期足で見たら、下落トレンドの一時的な戻り目かもしれません。

大きな時間足のほうが投じられる資金が多いため、ルールも守れて資金管理も適切なのに、なぜかエントリーすると逆行してしまう、という方は、日足、週足、月足を確認してみてください。

もしかして今まで負けていたポイントは、長期足のサポレジラインになっていた価格帯かもしれませんよ。

ちなみに、長期足のサポレジラインは大口投資家も注目していますので、そこを捉えることができれば、今度は一気に稼げるチャンスに変わります!

ぜひチェックしてみてくださいね!

FXで勝てない理由:まとめ

トレーダーがFXで勝てない理由の最大の原因がメンタルと聞いて、ハッとされた方もいるでしょう。

トレードルールが守れない理由も、資金管理が守れない理由も、根本的な原因は最終的に、トレーダー個人のメンタルから発生しているんですよね。

あるプロトレーダーは、「そもそも人間はトレードに向いていない、まずはそこに気が付くことだ」と言っています。

ただ、今回の記事でそこに気が付いたあなたは、トレーダーとしての大きな進化を実感していることでしょう。

ぜひこれからは、トータルで利益を残すことを意識し、トレーダーとしての自分と対話しながら強靭なメンタルを身に付けてくださいね^^