FXのナンピンとは?特徴や注意点、テクニックを分かりやすく解説!

あなたは「ナンピン」という言葉をご存知ですか?FXや株といった投資をしている人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

一般的に、ナンピンは「リスクの高い」トレードテクニックと言われています。
でもなぜそう言われているのか、あなたはちゃんと理解できていますか?

「リスクが高いなら、とりあえずスルーでいいや」

そう敬遠している方も多いかもしれませんね。

ですが、ナンピンの考え方の本質を理解すれば、ただリスクの高いトレード、というわけではないことがわかっていただけると思います。

ということで、今回の記事では「ナンピン」のトレード方法について、そのやり方や特徴、そして、注意点と「本当にただリスクが高いだけのトレード方法なのか?」というポイントを徹底的にご紹介させていただきます。

ぜひ、今回の記事を機会に「ナンピンのトレード」について学んでいってもらえればと思います。

ナンピンとは?

ナンピンは漢字で書くと「難平」と書きます。
「難」というのは損失のことを意味し「平」は、それを平均化する。という意味があります。

具体的に説明すると、損失が出ているポジションを保有している時に、新たにポジションを追加して、その平均コストを下げることを指します。
※「平均コスト」とは、持っている全てのポジションの平均値を指します。

このトレード方法は後ほど具体的にご説明させていただきます。

また、このナンピンについての格言で「下手なナンピンすかんぴん」という言葉もあります。

これは「何の根拠もなくナンピンをすると、ただ、損失が膨らむだけ」という意味で、この格言をとっただけでも、ナンピンがリスクを伴う行為であるということがわかります。

実際、ナンピンは初心者向きのトレードテクニックでないのは、確かです。

しかし、それだけではなくナンピンとは、利益を残していくために有効なテクニックであるのも、確かなんです。

そのためにはしっかりと根拠のあるナンピンを仕掛けていくことが大前提にあるので、その根拠づくりができるかどうかで、このナンピンという手法で利益を残していけるかが決まります。

ということで、しっかりと根拠のあるナンピンを仕掛けるためにはどうすればいいのか、具体的なトレード方法について、ご紹介していきます。

ナンピントレード

まず、ナンピンは先ほどもお伝えしましたが「損失を平均化する」という点が特徴となります。

例えば、相場が上昇トレンドのような動きをしていたので、価格が100円の時に買いエントリーをしたとします。

ナンピン1

しかし、予想とは反対に突然相場が下降しはじめてしまいました!

ナンピン2

つまり損失が出始めている状況になってしまいました。

この時、通常のトレーダーの心理としては、一刻も早く損切りをしたい気持ちになるかもしれません。あるいは、場慣れした経験者であれば、様子見、という選択をするかもしれません。

でもナンピンのトレード方法はそのどちらでもありません。

ここでさらに買いエントリーを入れて積み増しをするんです!

ナンピン3

今回はあくまで説明を分かりやすくするために、90円のところで買いエントリーを追加したとします。

「負けているのになぜ同じ方向にエントリーするの?するなら売りエントリーでは?」

と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんので、その理由について説明します。

先ほどのナンピンの言葉の意味でお伝えした内容なのですが、ナンピンとは損失を平均化することです。

今回の場合、1ドル100円の時と90円の時にエントリーをしたので、この2つの平均コストは、

100円 + 90円 ÷ 2 = 平均コスト95円

となりますよね

100円のポジション1つだけだった場合を考えると、言ってしまえば平均コストは100円になるわけですが、つまり、90円のポジションを追加したことで、この平均コストの金額が95円と、緩和されたことになります。

それでは、平均コストが下がるとどんないいことがあるのでしょうか?

答えは「上げ下げの幅が少なくてもプラスマイナスが『0』になりやすく、さらには利益も出しやすくなる」ということ。

例えば、今回の例で言えば、100円の時に買いエントリーした時に90円価格が下がったわけですが、

ナンピン4

すると単純計算で、

    • エントリー価格 100円 - 現在価格 90円 = 損失は-10円分となります。

※実際にかかる損失はロット数によって変動します。なので10「円分」という表現となります。

ですが、ナンピンを行えば、さらにこの90円のところで買いエントリーを追加することになります。

こちらの画像を見てもらえると分かりやすいと思います。

ナンピン5

1つ目のポジションは、100円で買いエントリーし、相場の価格が平均コストの95円に到達したとすると、損失が「-5円分」となります。

ですが、2つ目のポジションは、90円での買いエントリーだったので、相場の価格が平均コストの95円に到達した時、含み益となり「+5円分」となります。

これにより、この2つのポジションの損益を合わせれば「5 – 5 = 0」となり、
※ちなみにこれは2つのポジションを同じロットで取引している場合に限ります。

つまりこの場合、相場が95円にまで戻れば、この2つのポジションの損失は「0」になるわけです。

このようにナンピンでは、平均コストを下げることで、少しの値動きで、損益の相殺が可能となります。

もっと言えば、この状態からもう少し値動きをすれば、最初のポジションからマイナスでも、ナンピンのおかげで利益を生み出すことも可能になるんです!

ナンピン6

このように最初のポジションからマイナスだったとしても、追加したポジションによって、損益を打ち消したり、さらには小さな値動きで利益を挙げられるようにする手法、それが「ナンピン(難平)」です。

ナンピンの注意点

こう見ると、かなり効率的で、リスク対策された手法のように感じますよね?

ですがこれは、あくまでも「ナンピンが成功した場合の例」です。

もしも・・・

この相場が、このまま下降していってしまったらどうなっていたでしようか?

ナンピン7

損失はさらに膨らんでいたでしょう。

この状況がまさに先ほどご紹介した「下手なナンピンすかんぴん」という状況なわけです。

この場合は、最初のポジションに加え、ナンピンによって加わった2つ目のポジションによってさらに損失が加速度的に増えていく結果となりました。

これが、ナンピンが恐れられている理由です。

狙い通りにいけば、効率的なトレードが可能となりますが、その反面、さらに狙いが外れてしまえば、圧倒的な損失がその先に待っているのです。

なので、もしもナンピンを行う場合は、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析などでも構いませんが「この後、狙い通りの動きに戻ってくる」というある程度の根拠を持つことが大前提となります。

ただなんとなく「損切りしたくないからナンピンしよう!」みたいな感じで、その場の勢いや感情だけで行うナンピンは、ほとんどの場合、後悔する結果になるので注意しましょう。

FXのナンピン:まとめ

今回はナンピンについてご紹介させていただきました。

ただ、リスクの高いトレードというだけでなく、ちゃんと用法用量を考えて行えば、しっかりとしたメリットのあるトレード手法であることを理解してもらえたでしょうか?

ですが、やはりナンピンは、初心者が手を出すには難易度が高い、というのが本音です。

なので、もしもあなたが、今後トレーダーとして成長し、相場分析がしっかり出来るようになった時に、このナンピンを取り入れていくといいかもしれませんね。

あるいは、しっかりと損切りなどの、損失拡大の部分をリスク管理し、引き際をしっかりと明確にしておけば、うまく活用することもできるかと思います。

いずれにせよ、ナンピンを実践する際には何となく考えなしで、ということは絶対に避け、確実な戦略を立てられるようになったら自分のトレードに取り入れるようにしましょう!