FXは副業になる? 会社にバレない方法・おすすめの始め方を解説!

FXは副業になる? 会社にバレない方法・おすすめの始め方を解説!

何か副業を始めたいけど、何から始めればいいんだろう…?

このように悩んでいる方にこそ、副業としてのFXをおすすめします。

従来までは難しそうなイメージがあったFXも、最近は運用しやすい環境が整ってきたため、誰でも気軽に始めることができるでしょう。

また副業禁止の企業に勤めている方は、FXがそもそも認められているのかどうか、その点についても解説しておりますので、参考にしていただければ幸いです。

FXは副業になるのか?

FXは副業に該当するのでしょうか?

副業が禁止されている企業にお勤めの方は、この辺の詳細について気になるはずですので、その点について解説していきたいと思います。

FXは副業ではない

最近は副業解禁をすすめる会社が増えているとはいえ、まだまだ副業を禁止しているところも多いのが実状です。

ただFXの場合は、会社が定義する副業に該当するということはありません。

 

会社が定義する副業とは基本的に、どこか別の場所で雇われる、もしくは本業への専念を妨げるうる環境で働く(労働の対価を得る)ことを意味します。

そして当然ではありますが、FXで稼ぐことについて、どこかで雇われたりすることはありません。

また本業への専念を妨げる云々については、個人の取り組み次第ではありますが、ともかく働く(労働の対価を得る)ことについても該当していません。

以上の理由により、会社側は社員に対して、FXや株式等の投資を禁ずることはできないのです。

公務員でも副業にあたらないか

公務員は雇用や収入が保証される代わりに、法律によって副業の従事が禁止されています。

そのためFXでお金を稼ぐことについても、不安に思う気持ちもあるかもしれません。

しかし「国家公務員法」および「地方公務員法」では、以下が定めれられていることをご存じでしょうか?

(1)営利企業を営んではならない

(2)営利企業で、経営の根幹に関わってはならない

(3)営利企業でなくとも、兼業する場合は上司の許可を得なければならない

簡単に言えば、公務員として職務に専念、秘密の保持、信用の維持が全うできるようであればOK。

以上の理由により、FXや株式投資等の投資でお金を稼ぐことについては、何も問題ないということです。

職場にバレないようにするには?

FXに取り組んでいるという事実を、会社にバレたくない人も多いかと思います。

基本的には、普通にトレードする分にはバレることはありませんが、以下のポイントを意識することで、バレる可能性を限りなくゼロに近づけることができます。

住民税を普通徴収にする

住民税は、納税者が直接市町村に納める普通徴収と、給料から天引きする形で納税する特別徴収、2種類の納税方法があります。

そこで、会社員の人でFXがバレたくない人は、必ず普通徴収で納税するようにしましょう!

そのまま放置していると特別徴収となってしまい、(給与の住民税+FXの住民税)の金額が所属先に知られてしまい、副収入に気付かれるきっかけとなり得ます。

普通徴収のやり方は非常に簡単で、確定申告書第2表「住民税に関する事項」において、「自分で納付(普通徴収)」を選択するだけになりますので、忘れずにチェックしておきたいところです。

会社で他言しない

FXを始めたばかりの頃は、自分が少し高尚な存在になれた気がして、同僚につい話したくなる人もいるでしょう。

また大きく稼いだ時は、その成果を自慢したくなったりするものです。

ただ会社や組織というものは、村社会的な結束が強く、また人の噂は広がりやすい環境です。

一度そういった噂を耳にすれば、上司としても、部下が勤務時間中にFXをしているのではないかと、目を光らせねばなりません。

互いにFXトレーダーであり、世間話程度であればまだしも、周囲に疑惑や不信感を与えないためには、なるべく他言しないよう努めるべきでしょう。

FXを副収入として行うメリット

ゼロから独立を目指せる

いつかは会社を辞めて自由に働きたい!

このように、独立の夢を持つ会社員の方は、近年増加傾向にあるようです。

 

しかしフリーの世界で生計を立てるには、相応のスキルを身に付けなければなりません。

そこで何かしらのスキルを身につけようと考えても、本業が忙しい、もしくは副業が禁止されている等の理由で、思うようにいかないこともあるでしょう。

 

その点FXのような投資であれば、本業関係なく稼ぐことが可能!

スキルを身に付けた後は独立して、専業トレーダーとして生計を立てる道が開けます。

投資に興味・関心を持つ

世間の「経済情勢」や「景気変動」に詳しくなるというのも、FXのもつメリットの1つです。

 

ただ日本では、お金について学べる機会が少ないため、「経済情勢」や「景気変動」について詳しくなったから何の意味があるの?と、このように思われてしまうかもしれません。

しかし経済に関する知識は、人生通じて大きく影響を与えるものであり、人によっては数百万〜数千万という規模で得をすることになるでしょう。

 

就職に際して、より良い企業を選びやすくなる点はもちろん、人生を安定させる長期的な運用も、マネーリテラシーが不可欠です。

知識の習得は、早ければ早いほど活かす機会も増えるため、まずはどんなジャンルでも構いませんので、実際に運用を始めてみてはいかがでしょうか。

収入依存先の分散

多くの人が労働の対価として給与を受け取り、それを元にして生計を立てることになります。

しかし大企業が簡単に倒産する現代だからこそ、収入の依存先は分散させておかねばなりません。

 

「たまごは同じカゴに盛るな」という投資格言がありますが、自分の資産を一極集中させていては、いざという時困ることになるでしょう。

そこでおすすめしたのが、FXを活用して収入の柱をもう1つ持つことです。

 

実際に体験してみれば分かりますが、FXで稼ぐことは思った以上に簡単であり、実は勝ち組が多数派ということをご存知でしょうか?

どんな方法であれ、FXから一定の副収入を稼ぐことができれば、転職や早期リタイア等の選択肢も広がっていくことも考えられますので、ぜひ検討してみてください。

誰でも収入源を確保できる

1つの会社に依存するのは、これからの時代極めてリスク的と言えるでしょう。

個人の時代、ジョブ型雇用が提唱される昨今において、誰もが自分で稼ぐ能力を習得しておかねばなりません。

 

とはいえ、その能力をどうやって習得すればいいのか、忙しいサラリーマンにとっては悩ましいところです。

その点FXであれば「副業禁止でも関係ない」「24時間トレードできる」「手法によってはチャートに張り付く必要がない」など、誰でも収入源を確保できる要因が揃っています。

 

特にFX自動売買では、トレードスキルに関係なく安定して稼げるようになるため、初心者にうってつけの環境といえるでしょう。

【アプリ版】初心者でも稼ぎやすい!おすすめFX自動売買とは?

FXを副収入として行うデメリット

お金と時間を失うリスク

当たり前ではありますが、FXは投資である以上、必ず稼げるとは限りません。

リスクと利益は表裏一体で、時にはお金を失ってしまうこともあるでしょう。

また、チャート分析に時間を掛けるトレードスタイルであれば、費やした時間が無駄になる可能性もあります。

FXから得られる「経験」や「知識」が無駄になることはありませんが、日中忙しく働くサラリーマンにとっては、お金と時間の喪失リスクは、かなり大きいと感じるのではないでしょうか。

税金が払えないリスク

せっかくFXで大きく稼いでも、その後の税金が払えていないという人が、一定数存在します。

稼いだのだから、手元のお金で払えばいいのでは?と、このように考える人もいるでしょう。

しかし稼いだ瞬間に即納税というわけではなく、仮に2022年に100万円稼いだとしたら、2023の3月あたりが納税タイミングです。

 

そして、その納税タイミングまでに稼ぎきったお金が尽きることも考えられ、その最たる例が2019年1月に起きたフラッシュクラッシュでしょう。

フラッシュクラッシュとは?過去事例から分かる原因と対策について

確定申告のタイミングで納税できなければ、延滞税や試算の差し押さえなど、どちらにしても不利な状況に追い込まれるため、税金分の余力は必ず残しておきたいところです。

追証のリスク

必要証拠金が不足しそうになる場合、それ以上損失が広がらないよう、FX会社の操作によって強制ロスカットが執行されます。

【強制ロスカット】FX初心者の9割が稼げない?よくある失敗例5選 【強制ロスカット】FX初心者の9割が稼げない?よくある失敗例6選

ところが相場の急激な変動によって、ごく稀に強制ロスカットの執行が間に合わず、一時的に証拠金が不足してしまう状況に陥ることがあります。

 

その場合どうなるのかといえば、不足してしまった証拠金はトレーダーが後々FX会社に補填しなければならず、この仕組みがいわゆる「追証」です。

 

よくFXに関するネガティブな意見として「借金を背負ってしまった…」という失敗談が語られますが、FXに取り組む以上「追証」のリスクは忘れないでおきたいところです。

FXを副業にするのにおすすめの人

月曜日が憂鬱な人

今の日本において、「仕事が楽しくて毎日が充実している」という人は、ごく少数派です。

安定こそしているものの、単調な事務仕事やお客様の対応、また年功上列の制度に故に、頑張ったところで給料は変わりません。

 

そうだとすれば、毎週日曜日の夕方ごろから、次の日の仕事を考えると憂鬱になる人も多いことでしょう。

しかしそんな気持ちも、FXを始めることで多少は和らげることができるはずです。

 

月曜日から始まる相場が1つの楽しみとなり、単調な繰り返しの毎日に、大きな彩りを与えてくれるのがFX。

職場と家の往復でうんざりしているという人は、FXを通じて、毎日を少しだけ刺激的にしてみてはいかがでしょうか。

短期間で大きく稼ぎたい人

転売の王道としてはブログ・アフィリエイトが有名ですが、結果が反映されるまでには、早くて半年と非常に時間がかかります。

また転売・せどり的な個人ビジネスは、即金性という面では優秀ですが、競争が激しいことに加えて相応の知識が求められるでしょう。

 

その点FXであればレバレッジの活用によって、最短即日から大きく稼ぐことも可能!

たとえ専門的な知識がなくとも、FX自動売買を活用するなどトレードをを代行させることで、安定して利益を積み上げることができます。

FXを副業にするのにおすすめでない人

経済的な余裕がない人

「余裕資金で運用しましょう!」

というありきたりな助言は、そろそろ皆さんも聞き飽きたのではないでしょうか。

 

そもそも、お金を稼いで余裕を持つためにFXを始めるのに、そんなことを言われれば気落ちしてしまうというものです。

ただFXに限らず投資を始めるのであれば、資金を持つほど有利ということを知っておかねばなりません。

 

資金があれば、様々な手法を試せる上に、FXで最も重要と言われるメンタルの安定も保つことができます。

お金の余裕はメンタルの余裕であり、単純リスクを減らすために余裕資金での運用を推奨しているわけではありません。

勝率に直結するからこそ、余裕資金が用意できない人は厳しい戦いを強いられることになるでしょう。

調べもの・分析・検証が苦手な人

チャートが上昇するか、下落するか、極論いえばFXは約5割の確率で勝敗が決まります。

そのため、FXをギャンブル的なものと捉えて、運に任せて運用してしまうという人もいるでしょう。

もうギャンブルとは言わせない!FXで効率的にお金を増やせる理由とは

しかし決してFXは運だけで決まるものではなく、言うなれば情報戦です。

自分で主体的に調べて、また分析・検証を怠らず、ひたすらトレードスキルを磨ける人だけが、長期にわたって勝ち続けることができます。

 

最近ではFX自動売買の台頭によって、トレーダースキルを持たない人でも稼げるようになりましたが、それでも優秀な自動売買を選ぶためには「調べる力」が必要です。

大して調べず、思考停止で運用してしまうだけでは、まず生き残れないということを覚えておきましょう!

副業としてのFXの始め方

副業としてのFXは、以下より紹介する3ステップで始めることができます。

ステップ1:FX会社を選ぶ

まずはどこのFX会社で運用するのか選ぶ必要がありますが、全くの初心者からすれば、どこを選べばいいのか悩ましいものです。

そこでおすすめな選び方としては、自分の目的とする運用方法に合わせるというもの。

スワップポイントをお得に受け取りたいのか、自動売買で運用させるのか、MT4を活用してテクニカル分析を極めたいのか、トレードスタイルは様々です。

最近では、多くのFX会社においてデモトレード環境が実装されているので、実際に試用して確認するというのも一案でしょう。

ステップ2:口座開設の申請

口座開設の申請は、各FX会社のホームページにある「口座開設」のバナーをクリックしましょう。

申請にあたっては、以下の基本情報を入力する必要があります。

・生年月日

・性別

・電話番号&郵便番号

・住所

・職業

・勤務先

・投資経験

基本情報の入力が終われば、続いては本人確認書類の提出です。

本人確認書類は、以下いずれかの組み合わせで提出が求められます。

・顔写真付き本人確認書類 + マイナンバー確認書類1点

・顔写真なし本人確認書類2点 + マイナンバー確認書類1点

大抵の場合は、上記の手順で口座開設の申請は完了です。

ステップ3:取引開始から決済まで

「トレードで実際に稼ぐことができた!」

エントリーから決済まで経験し、実際にトレードで稼げるということを体感することで、初めてFXのスタートラインに立つことができます。

 

特に、運ではなく自らの分析が上手くハマれば、もはや立派なトレーダーです。

あとは得意とするパターンを磨き、相場との対峙をひたすら繰り返すことで、より高みの存在へ近づけるでしょう。

 

また、本節で紹介した始め方の3ステップについては、まだ初歩的な段階に過ぎません。

詳しいやり方については、以下の記事にて解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてください!

FX 始め方 初心者必見!FXの始め方をわかりやすく解説!

FXで成功するためのポイント

難しそう…自分は才能がないから無理…そのように悲観する必要はありません!

FXは、ポイントを掴み練習を繰り返すことで、勝率を着実に向上させることができます。

ポイント1:トレードは全て根拠を持って行うこと

全てのトレードは、根拠を持って行うようにしましょう。

適当な値頃感だけでエントリーや決済するだけでは、運よく勝てたとしても経験にはなりません。

 

FXでは専業トレーダーのように、FXだけで生計を立てるプロが存在しますが、なぜ精度高く予想できるのか不思議に感じたことはないでしょうか?

それはやはり、チャートパターンやインジケーターなどを意識して、根拠を持った上で値動きを予想しているからです。

 

自分だけでの勝ちパターンを見つけて、期待値の高い勝負をひたすら繰り返していく…FXで稼ぐとは、これに尽きると言えます。

参考までに、初心者向けかつ精度も高いおすすめの根拠作りとして、「パーフェクトオーダー」と呼ばれるチャート分析がありますので、ぜひ以下のリンク先を読み進めてみてください。

FXのパーフェクトオーダーとは?メリットやおすすめの期間設定について解説

ポイント2:負けに不思議な負けなし

FXは、練習量がきちんと実力に反映されていく世界です。

【FX初心者】センスや才能を凌駕する、とっておきの練習方法5選!

 

逆に言えば、負けるにはそれなりの理由があります。

勝てない状況が続いた際には、メンタル・資金余力・トレード手法など、それぞれを要素を追求してみましょう。

 

極論いってしまえば、勝てるまで諦めなければ、今までの損失分も無駄にはなりません。

FXを学ぶための勉強代、トレード手法の検証代、そのように考えることができれば、自然と負けトレードから反省する習慣を持てるでしょう。

ポイント3:ロスカットラインの把握

保有したポジションが、どこまでの下落に耐えられるのか…毎トレードしっかりと想定できているでしょうか?

ロスカットラインを明確に把握していなければ、ある日突然、気づいたときには口座資金を失っていたという展開も考えられます。

 

そのロスカットラインを把握するために活用したいのが、みんなのFXが提供する証拠金シミュレーションです。

資金と現在レートを入力するだけで、簡単に算出できるため、レバレッジ管理に重宝するでしょう。

FXを行う際の注意点

注意点1:デモトレードの結果 ≠ 本番トレードの結果

FXの練習として、デモトレードは最良の環境です。

しかし、いくらデモトレードで勝てるようになったからといって、本番トレードで同じように勝ち切れるとは限りません。

デモトレードは意味がない!?FX初心者が意識すべきポイントとは

なぜならデモトレードでは、自分のお金を投じているわけではなく、勝とうが負けようがメンタルに一切影響を与えないからです。

あくまでも、FXの基本や取引ツールの使い方を学ぶためのものと考え、デモトレードの結果を過信しないよう注意しなければなりません

注意点2:証拠金は多めに用意

余裕資金の重要性は上述した通りですが、証拠金の余裕もまた重要です。

いざという時に、追加で発注できるか、また含み損に耐え切れるかは、どれくらい証拠金に余裕があるかで決まります。

 

特にFXは、値動きの7割がレンジと呼ばれる相場であり、一定のレート帯を往復する傾向にあります。

そこで証拠金が多めに用意されていれば、含み損が回復するまで待つという戦略を採ることができ、損切りしない限り負けではありません。

 

また証拠金の余裕については、レバレッジの管理と深い関わりがありますので、こちらの記事を参考に、より理解を深めてみてはいかがでしょうか?

FXの利益は確定申告する必要がある?

会社に所属していれば、税金に関する雑務は全て会社側が代行してくれるでしょう。

しかしFX等の個人で稼いだお金については、所得区分に応じて税金を納めなければならず、その一連の作業が確定申告と呼ばれるものです。

FXにおいて確定申告が必要な条件とは?

年間の利益が20万を超えた場合は、確定申告を行う必要があります。

また、20万円という金額がボーダーになっているため、多くの人がこの数字を控除額と捉えてしまいますが、そうではありません。

 

例えば年間収支が25万円のプラスであれば、20万円を超過した5万円が課税対象というわけではなく、きっちり25万円全額が課税対象です。

そのため、納税の義務が発生しないギリギリの金額と、20万円わずかに超えてしまった場合を比較すれば、前者の方が手元に残る金額が多くなります。

 

このように、確定申告で支払う税金まで考慮してポジション整理することを「損出し」と呼び、賢く稼ぐために是非覚えておきたい知識の1つです。

FXの課税方式とは?

FXの利益は雑所得に該当し、雑所得とは利子所得・配当所得・不動産所得・事業所得・給与所得・退職所得・山林所得・譲渡所得及び一時所得、これらのいずれにも当たらない所得のことです。

また税率は一律で20.315%であり、その内訳は「所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%」となります。

年間で695万円以上稼げた場合は、一般的な累進課税制度よりも税負担が軽くなるため、そこを目指して精進していきたいところです。

FXにおける経費とは?

トレードに掛かった費用は、経費として計上することができます。

・電話代、インターネット代などの通信費
・書籍代、資料代、教材代
・筆記用具、消耗品、プリンター、インク代
・FXに関連するセミナーの参加費用
・交通費&宿泊費
・家賃や光熱費の一部

経費として形状することで、税金の負担を少しでも減らすことに繋がるので、レシートや領収書等は捨てずに残しておきたいところです。

経費に関する詳細は以下の記事にて解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

fx 経費 FXの確定申告で経費に計上できるもの10選!通信費やパソコンは可能?

まとめ:FXに勝る副業なし!

本記事では、副業としてのFXについて、以下のポイントを中心に解説しました。

  • FXは副業になるのか
  • 職場にバレないための対策法
  • FXの副収入から得られるメリット・デメリット
  • FXがおすすめな人・そうでない人
  • 副業としてのFXの始め方
  • FXで成功するためのポイント
  • FXを行う際の注意点
  • FXと確定申告について

FXには、時間や場所に縛られず、自由に稼げるようになる可能性を秘めています。

例え副業から始めても、本業の収入を上回ることも珍しくなく、そのための方法は本記事で記した通りです。

これからの時代は、年金も社会保障もあてにできないため、個人で何かしらの運用に取り組むほかありません。

その際、選択肢の1つとしてFXを検討してみてはいかがでしょうか。

以上、参考にしていただければ幸いです。

リアルタイム為替レート

 

リアルタイムチャート