FXのフラクタル構造ってなに?理解できれば相場がシンプルに見える!

フラクタル構造

「相場は生き物である」という言葉を聞いたことはありますか?

為替相場はまるで生き物のように複雑な動きをするため、トレーダーにとって相場の予測は容易ではない、という意味の言葉です。

しかし、本当に相場の動きは予測不能なのでしょうか?

考えてみれば生き物だって、ランダムな動きをしているように見えても、その動きには「一定のパターン」があったりします。そのパターンを知ることができれば、未来の動きも予測できるはずですよね。

実はFXも同じなんです!一見、相場がでたらめに動いているように見えても、「ある法則」によって形成されていると気づく場面があります。

あなたもその法則を知ったなら、よりシンプルに相場判断やトレードをできるようになり、あらゆるテクニカル分析の手助けとなるでしょう。

ここで重要なキーワードは「フラクタル構造」。

というわけで今回は、FXにおいて欠かせない「フラクタル構造」を正しく理解するための情報をお届けします。よりシンプルな考え方を手に入れて、優位性の高いトレードをしましょう!

フラクタル構造とは?

フラクタル構造とは「ある一部分を切り取って見ると、全体に相似した構造になっている」ということを意味します。裏を返せば「部分が全体を構成している」という言い方もできますね。

言葉だけだとわかりにくいかもしれません。具体的にフラクタル構造を理解するために、下の画像をご覧ください。

フラクタル構造

これはフラクタル構造を表したシンプルな例です。

左側の大きな三角が「全体の形」としましょう。その三角の右下部分(赤丸で囲われた部分)を拡大すると、また同じ三角形が現れました。

これを繰り返していくと、無限に同じ形状の三角形が規則的に現れ続ける、というのがフラクタル構造の基本的な考え方です。

フラクタル構造は、世の中のあらゆる物体にも見受けられます。雪の結晶、ブロッコリー、森林、海岸など、部分と全体の形が相似している構造は全てフラクタル構造です。

そして面白いのは、この構造の仕組みが、相場の値動きでも見られるということ。

相場では、1分足、5分足……日足、週足、月足と様々なスケールのチャートがありますよね。その上位足の形を辿ってみると、短期足でも似たような形の波形を細かく形成しているのがわかります!

このフラクタル構造が理解できてくると、今まで複雑に思えた相場分析も非常にシンプルに見えてきますね。

フラクタル構造を使った相場分析

為替相場におけるフラクタル構造で、もっとも分かりやすいのは「エリオット波動」です。

エリオット波動論 一生使えるトレード法!エリオット波動理論について学んでみよう!

冒頭でもお伝えしましたが、一見、気まぐれに動いているように見えるものでも、その中には規則性があり、それはチャートでも同じです。

まずは、こちらの画像をご覧ください。

フラクタル構造

まず注目してもらいたいのは、左の上位足(長時間足)におけるエリオット波動の動き。ここでは例えば1時間足としましょう。その5波を形成している部分を、5分足の下位足(短時間足)で見てみます。

すると右図のように、同じようにエリオット波動の波形を描いていることが多いんです。

上位足で上昇波形を作っていれば、下位足でも上昇波形を作っていて、上位足で下降波形を作っていれば、下位足でも下降波形を作っている。

まさにこれが、フラクタル構造というわけです。

プロトレーダーが1分足や5分足でトレードする際にも、上位足から相場を確認する理由は、実はここにあります。

彼らにとって、相場分析をする上で、上位足の一部が下位足というのは当たり前。異なる時間足(上位足と下位足)での「共通点(フラクタル構造)」を見つけることで、より勝率の高いポイントや、トレードを避けたほうがいいポイントがわかるからです。

これが理解できているかどうかが、初心者と上級者との違いといえるかもしれません。

つまり、相場のフラクタル構造がわかっていれば、他の人よりも頭ひとつ抜き出たトレードができるといっても過言ではないわけですね。

確信を持ったトレードが可能になる

それでは、フラクタル構造を意識すると、具体的にどんなトレードが可能となるのでしょうか?

それはずばり、2重の根拠で確信をもったトレードができるということ。

フラクタル構造

先ほど取り上げた図の例で説明しましょう。右の下位足をご覧ください。いま、上昇5波が形成中であることを確認できますね?

その部分は、時間足を引き上げた左の上位足でも、上昇5波目になっています。

エリオット波動において上昇5波は、そろそろトレンドが転換する合図。ということは、そろそろこの上昇トレンドは終わるかな?という目線で見られるわけです。

上位足で上昇5波 + 下位足で上昇5波 = もうすぐ折り返し?
→買いトレードは避ける

上昇5波中(上位足)の上昇5波(下位足)ですから、次の展開を考えると、2重の根拠で買いエントリーは避けたほうがいい、という判断ができるわけです。

フラクタル構造

逆に上昇3波中(上位足)の上昇3波(下位足)のパターンも見てみましょう。

エリオット波動の上昇3波は、次いで4波、5波と続くため、まだ上昇が続くと見ることが可能です。
そのため、このタイミングで買いエントリーをすれば、勝率の高いトレードができるとも考えられます。

上位足で上昇3波 + 下位足で上昇3波 = まだまだ伸びそう
→買いエントリーOK!

このようなロジックです。

ちなみにプロトレーダーの間では、上位足の3波の中にある1波であれば「3-1波」、上位足の3波の中にある4波であれば「3-4波」と表現したりします。

上の画像の場面であれば、上位足の3波の中にある3波なので「3-3波」となりますね。

これはフラクタル構造を理解していないと伝わらない言葉です。これをちゃんと理解して使っている人は「おっ!この人は分かってる!」というアピールにもなるので、どんどん使っていきましょう(笑)

FXのフラクタル構造:まとめ

相場分析において「上位足を確認してから下位足でトレードする」というのは、多くのトレーダーが知っているでしょう。

しかし、さらにもう一歩踏み込んだ「フラクタル構造」を知っている人は多くありません。みんながやっているから、ただなんとなく上位足を見ていた、という人も多いのではないでしょうか?

このフラクタル構造をしっかり理解できれば、今回ご紹介した「3-3波」などのもっと根拠の強い相場分析が可能です。1つのチャートを見るだけでは根拠の弱いトレードでも、2つの異なった時間軸のチャートまで視野を広げることで、トレードの根拠はかなり高くなるわけです。

ぜひフラクタル構造を活かして、勝率の高いトレードを実現していきましょう。