FXのおすすめデイトレード手法を紹介!相性の良いインジケーターとは?

FXのおすすめデイトレード手法を紹介!相性の良いインジケーターとは?

副業・兼業トレーダーの多くは、その日のうちにポジションを手仕舞にするデイトレードです。

比較的リスクを抑えられる運用であり、デイトレードのポイントさえ理解できれば、勝ち続けるのも難しいことであはありません。

そこで本記事では、勝てるデイトレード手法を学んでいただくために、相性の良いインジケーターについて紹介していきます。

デイトレードでうまく立ち回れるようになれば、スキャルピング・スイングトレードにおいても活かすことができますので、ぜひ参考にしてみてください。

FXにおけるデイトレードのメリット・デメリット

デイトレード(デイトレ)とは、数時間から1dayまでの短期間でトレードを完結させる手法です。

以下より紹介するメリット・デメリットを押さえておくことで、よりデイトレード中の立ち回りが洗練されていくでしょう。

メリット

メリットは大きく分けて2つ、「時間」「リスク」です。

まずは「時間」についてですが、デイトレードはそこまで頻繁にチャートを確認する必要がありません

条件を満たし次第エントリーを行い、あとはポジションを見守るだけとなりますので、FXにあまり時間を割けなくとも十分な結果を出すことができます。

もう1つのメリット「リスク」についてですが、上述した通りデイトレードでは、日を跨いでポジションを持ち越すことはありません。

そのため、ポジションが気になって夜も眠れないといったことや、寝ている間の為替変動リスクを抑えることができます。

デメリット

デメリットについては、「時間帯」「資金効率」が挙げられます。

FXの値動きが活発になる時間帯は、日本時間PM9:00以降から深夜帯となりますので、相場を深追いしすぎると寝不足、あるいは昼夜逆転することが考えられます。

またデイトレードの資金効率は、決して高いものではありません。

スキャルピングのように高ロットを張ることも厳しく、またスイングトレードのように大きな値幅を狙うことも難しいでしょう。

比較的トレード回数が多くなればデイトレードの資金効率は上向きますが、あくまでもミドルリスク・ミドルリターンを狙ったトレードスタイルであることを心得ておきましょう。

デイトレードの基本手法

メインとなる時間足

デイトレードで使用する時間足は、5分足~1時間足を使うのが一般的とされています。

ただし下位足ばかり見ておけば大丈夫というわけではなく、エントリーする際は、日足・週足・月足のような上位足のチェックも怠ってはなりません。

その理由としては、下位足は上位足の影響を大きく受けるため、上位足のチェックを怠ってしまうと、相場の方向性を捉えきれないからです。

上位足と下位足のトレンドが揃い、なおかつインジケーターが条件を満たした時のみエントリーを心がけましょう。

通貨ペアの限定

デイトレードで選ぶ通貨ペアは、米ドル円が最もおすすめです。

デイトレードは、スキャルピング程ではありませんが、比較的トレード回数が多くなる運用になります。

そこで、ドルストレート絡みのスプレッドが大きい通貨ペアを選んでしまうと、手数料負けしてしまうことも考えられるでしょう。

米ドル円は通貨ペアの中で最狭スプレッドであり、また取引量も多くボラティリティも程々にある、まさにデイトレードにうってつけの通貨ペアと言えるでしょう。

分析・検証からトレードの根拠を作る

FXで勝つべくして勝つためには、分析・検証から根拠を持ってトレードしなければなりません。

インジケーターやバックテストを活用して、より有利な目線に立ててこそ、ようやく安定した稼ぎが得られるようになります。

実際のトレードはポチるだけで終了しますが、それまでには膨大な時間を費やさないといけないということです。

また、どのようにしてトレードの軸を作るべきか、練習方法そのものが分からないという方もいるでしょう。

そういった方こそ、以下の記事を参考にデモトレードから自分のスタイルを確立しておくことをおすすめします。

デモトレードを最大限活かす!おすすめFX口座・練習法を徹底解説!

デイトレードにおすすめインジケーター(トレンド系)

デイトレードに限らず、インジケーターは有名なものを使うべきです。

有名なものほど多くの人に使われ、また利用者が多くなるほどインジケーターの効力は増していくからです。

インジケーター選びに迷った際は、ぜひ以下の項目にある王道のトレンド系インジケーターを検討してください。

また、よりインジケーターの効力を高めるために、トレンド系に加えて、次節で紹介するオシレーター系インジケーターの併用もおすすめです。

デイトレードにおすすめインジケーター(オシレーター系)

オシレーター系のインジケーターとは、相場の「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」、いわゆる過熱感を確認するために用いられます。

トレンド系インジケーターはエントリーの方向性を掴むのに対し、オシレーター系インジケーターは、エントリーや決済のタイミングを測るためのものです。

基本的には、「トレンド系」+「オシレーター系」のインジケーターの組み合わせがベストです。

また、時間足ごとにインジケーターの効力はそれぞれ異なるため、インジケーターの組み合わせを決めた後は、通貨ペアも時間足も固定することをおすすめします。

デイトレードの始めは移動平均線から

インジケーターの種類が多くて、何から始めればいいのか分からない…そういった方は、まず移動平均線から始めることをおすすめします。

移動平均線は使用頻度がもっとも多いインジケーターであり、それゆえに効果も強力!

またFXのセオリーに当てはめることで、さらに大きな効力を発揮するため、以下より紹介する3手法をしっかりと学んでおきましょう。

ゴールデンクロス・デッドクロス

移動平均線は短期線・中期線・長期線の3本線で用いることが一般的ですが、その際、短期線が中期線あるいは長期線を上抜けることをゴールデンクロスと呼びます。

ゴールデンクロスが確認できれば、そこはトレンドの起点!

チャートが上向くサインであるため、絶好のエントリーポイントとなるでしょう。

実際のチャートにおけるゴールデンクロスは以下の通りとなります。

またデイトレードの勝率を少しでも高めるために、ゴールデンクロスのみを根拠にするのではなく、他のインジケーターを併用して、より確度を高めていくことをおすすめします。

ちなみにゴールデンクロスの逆バージョンとして、ショートエントリーを狙うデッドクロスもありますので、こちらも積極的に狙っていきたいところです。

デッドクロスとは?初心者向けにわかりやすく解説!

パーフェクトオーダー

デイトレードにおいて移動平均線をメインのインジケーターとするのであれば、パーフェクトオーダー(短期・中期・長期が同じ方向で揃った状態)の形は必ず覚えておきましょう。

上向きにそろったのであれば上昇トレンド、下向きに揃ったのであれば下降トレンドといった具合に、誰でも分かりやすくトレンドフォローできるはずです。

実際のチャートにおけるパーフェクトオーダーは以下の通りとなります。

パーフェクトオーダーが形成される条件としては、強いトレンドの発生が必須であり、それゆえにトレンドフォローできる精度は非常に大きいと言えるでしょう。

トレンドの発生をピンポイントで狙うことはできませんが、オシレーター系のインジケーターと併用することで、トレンドの転換点を探ることができますので、ぜひ活用してみてください。

FXのパーフェクトオーダーとは?メリットやおすすめの期間設定について解説

グランビルの法則

グランビルの法則とは、移動平均線とローソク足位置関係から、チャートの値動きを予測するというものです。

「売り」「買い」合わせて8つの法則から構成されており、仮に「買い」の方向であれば、以下の4法則からエントリーポイントを探ることができます。

グランビルの法則

  1. 移動平均線が下落後、横ばい、または上向きに転じた際、ローソク足が移動平均線を下から上に突き抜けたタイミング
  2. ローソク足が下落し、移動平均線を下回るも、再度上昇し移動平均線を下から上に突き抜けたタイミング
  3. 上昇している移動平均線までローソク足が下がるも、下抜けずに反発したタイミング
  4. ローソク足が移動平均線から大きく乖離したタイミング

デイトレード中においては、グランビルの法則に当てはまるチャートパターンが頻出するはずです。

必ずしもその通りに値動きするわけではありませんが、可能性としてはグランビルの法則が成立しやすく、エントリーを後押しする根拠の1つになるでしょう。

まとめ:デイトレードはインジケーター必須!

本記事ではFXにおけるデイトレード手法として、以下のポイントを中心に解説しました。

  • デイトレードのメリット・デメリットについて
  • デイトレードの基本手法
  • デイトレードにおすすめのインジケーター
  • デイトレードと移動平均線について

デイトレードのメリットとデメリットを比べると、大抵の人はメリットの方が大きいと考えるでしょう。

取引回数もそこまで多いわけではなく、資金効率も悪くなく、またリスクを抑えつつ好きなタイミングでトレードに取り組むことができます。

またFXの入り口がデイトレードであるため、デイトレードに関するセミナー・教本は数多く存在します。

まずはデモトレードからでも構いませんので、デイトレードを通してFXそのものを学んでみてはいかがでしょうか。

以上、参考にしていただければ幸いです。

リアルタイム為替レート

 

リアルタイムチャート