トライオートFXの評判は?取引手数料やメリット・デメリットについて

トライオートFX 評判

FXで取引を始めるには、専用の取引口座を証券会社で開設する必要があります。

しかし、証券会社によって提供しているサービスが異なるので、これからFXを始めようとしている方が、本当に優良な証券会社を最初から引き当てるのは難しいでしょう。

そこでオススメしたいのが、自動売買システムを豊富に取り揃えているFX会社「トライオートFX」です。

この記事では、今、人気急上昇中の証券会社、「トライオートFX」の魅力やメリット、デメリットについて解説していきます。

「トライオートFX」は、初心者に選ばれる証券会社としてもかなり人気なので、ぜひこの記事を参考に、口座開設を検討してくださいね。

トライオートFXとは?

トライオートFXとは?

トライオートFXは、日本の人気証券会社「インヴァスト証券」が提供している「FXで長期運用」をコンセプトとした独自のFXサービスで、インヴァスト証券で取引口座を開設すると、誰でも無料で利用することができます。

インヴァスト証券の詳細については、こちらの記事を参照してください。

インヴァスト証券を徹底解説!自動売買ツールが充実しすぎ!

トライオートFX最大の魅力は、やはり唯一無二の自動売買システムが豊富に取り揃えられている点でしょう。

詳しくは後述しますが、FXの知識が豊富なプロが作成した自動売買システムを使えたり、複数の自動売買システムを同時に稼働させたり、オリジナルの自動売買システムをカスタマイズしたりと、自動売買システムを使ったトレード(システムトレード)の選択肢がとても広いんです。

もちろん、自動売買システムなので、FXの知識や経験、スキルは一切関係ありません。

ボタンを1回押せば、24時間関係なく機械が利益を狙い続けるので、お仕事や家事で忙しい方、自分でトレードするのは自信がないという方、とにかく楽して稼ぎたいという方にこそ、トライオートFXはオススメです。

トライオートFXのスプレッド・スワップポイントは?

続いて、トライオートFXで取り扱っている全17通貨ペアのスプレッドとスワップポイントを一覧にまとめましたので、ご覧ください。

通貨ペア スプレッド スワップポイント(買い) スワップポイント(売り)
米ドル円 0.3銭 9 -33
ユーロ円 0.5銭 -28 5
英ポンド円 1.0銭 6 -32
豪ドル円 0.6銭 1 -55
スイスフラン円 2.0銭 -50 10
カナダドル円 1.9銭 1 -45
ニュージードル円 1.7銭 2 -57
南アフリカランド円 1.8銭 9 -19
トルコリラ円 1.5銭 52 -72
ユーロ米ドル 0.3pips -0.62 0.02
英ポンド米ドル 1.4pips -0.5 0.01
豪ドル米ドル 1.4pips -0.5 0
米ドルスイスフラン 2.0pips 0.02 -0.72
ニュージードル米ドル 2.0pips 0 -0.5

※スプレッド算出対象期間:2021年7月19日~2021年8月13日
※スワップポイント算出対象期間:2021年8月2日
※スプレッド(原則固定ですが、場合によっては例外があります)

トライオートFXのレバレッジは?

FXにはレバレッジと呼ばれる、口座に入っているお金よりも大きな金額を「テコの原理」で運用できる制度が存在します。

よく、FXは小資金から大きなリターンが狙えると言われていますが、それはこのレバレッジを活用することで実現できているんですね。

そんなレバレッジですが、トライオートFXでは、国内証券会社の最大値25倍まで対応しています。

そのため例えば、1ドル=100円の時に1,000ドル=10万円を買うなら、証拠金(元手元となる資金)は最低4,000円から取引が可能です。

このレバレッジという仕組みがあるからこそ、FXは小資金から利益を出すことができるので、なにか特別な理由がない限り、レバレッジは上限いっぱいの25倍に設定することをオススメします。

ぜひあなたも、レバレッジを活用したローリスクハイリターンの取引で、FXの醍醐味を味わっていきましょう。

なお、今回紹介したレバレッジの仕組みについて、さらに詳しく知りたい方は以前に公開したこちらの記事をぜひご覧ください。

FXのレバレッジとは?メリット・デメリットと、ポイントを解説!

トライオートFXの取引手数料は?

トライオートFXでは、自動売買システムを活用した場合、スプレッドとは別に取引手数料と呼ばれるものが発生します。

その手数料の発生条件と金額をわかりやすいように、下記のグラフにまとめました。

取引数量 新規 決済 1,000通貨あたり
1万通貨未満 2.0pips 2.0pips 片道20円(対外貨は0.2外貨)
1万通貨以上10万通貨未満 1.0pips 1.0pips 片道10円(対外貨は0.1外貨)
10万通貨以上50万通貨未満 0.5pips 0.5pips 片道5円(対外貨は0.05外貨)
50万通貨以上 無料

※1万通貨=0.1ロット、10万通貨=1ロット、50万通貨=5.0ロット

手数料と言っても5円から20円と、実際はかなり良心的な値段設定。

これくらいの負担で自動売買システムを活用できるなら、そう大きな負担ではないでしょう。

さらに、取引数量が大きくなれば割引が効きますし、50万通貨以上の場合は取引手数料が無料になります。

また、他に取引手数料を抑えるコツとしては、1回の取引数量を大きくする、または取引回数を減らすなど、様々な方法がありますので、ぜひあなたに合った方法でお得に取引していきましょう。

トライオートFXのメリットは?

トライオートFX メリット

トライオートFXを使うメリットは、主に以下の3つです。

  • FX初心者でも簡単に始めやすい
  • 取引コストが安い
  • オリジナルの自動売買システムを作成できる

それでは、1つ1つ見ていきましょう。

FX初心者でも簡単に始めやすい

まず特筆すべきポイントは、「FX初心者が始めやすい」という点。

ある調査では、新規口座開設したユーザーの約60%以上がFXを始めたばかり、もしくはトライオートFXでFXを始めた初心者というデータがあります。

さらに年代別調査では、20代、30代と働き盛りの世代も多く、本業とは別に副業で収入を得ようとしている初心者の方が多いこともわかりますね。

トライオートFX 初心者

やはりトライオートFX最大の特徴である、高性能な自動売買システムのおかげで、お仕事で忙しい方でも無理なく取り組めて、FXの知識や経験がなくてもすぐに利益が狙えるところが人気の秘訣となっているのでしょう。

取引コストが安い

先程も紹介しましたが、トライオートFXは国内最狭クラスのスプレッドを誇っています。

これが海外の証券会社になると、スプレッドだけで3~5pipsも取られてしまうので、トライオートFXのスプレッドはかなり狭く、良心的だと言えるでしょう。

そして、スプレッドが狭いということは、1回1回の取引で狙える利幅大きいということ。

特にスキャルピングという、細かく利益を取っていく手法の場合は、取引回数も多くなるのでスプレッドが大きな痛手になりかねません。そのため、短時間で頻繁にトレードをするという方にとっては、トライオートFXはとても魅力的な条件が揃っていると言えるでしょう。

なお、オリジナルの自動売買システムを使う場合は、スプレッドとは別途に取引手数料が加算されますが、こちらもかなり良心的な価格設定がされているので、総合的に見ても取引コストは非常に安いと言えるでしょう。

オリジナルの自動売買システムを作成できる

本来、自動売買システムを自作するには、FXの知識以外にプログラミングの理解も深める必要があり、とてもFX初心者が簡単にできるものではありません。

しかし、トライオートFXでは「ビルダー」と呼ばれる独自サービスを活用することで、誰でも簡単に自動売買システムを作ることができます。

その作成方法は、既存のプログラムをアレンジしたり、1から作ったりと様々。

さらに損切り幅、数量調整、取引の判断に使用するレンジ幅など、細かな設定も自由自在にできるので、かなり本格的な自動売買システムが誰でもカンタンに作れます。

また、既存のシステムと組み合わせてポートフォリオを組む(分散投資をする)ことも可能なので、よりリスクを小さくしながら、安全に資産を運用することも可能です。

トライオートFXのデメリットは?

トライオートFX デメリット
ここまでトライオートFXを使うメリットを中心に紹介しましたが、もちろんデメリットも存在します。

トライオートFXを使うデメリットは、主に以下の3つです。

  • 自分の見ていないところで損をする可能性がある
  • FXのトレードに必要な知識、経験が身につかない
  • デモ口座を利用できない

それではこちらも、1つずつ見ていきましょう。

自分の見ていないところで損をする可能性がある

トライオートFXに限った話ではありませんが、自動売買システムは、その名の通り自動で売買を繰り返していくシステムなので、トレーダーが相場を見ていないタイミングでも、システムが自動で売買を繰り返していきます。

そのため一見、自動で稼いでくれるメリットしかないように思うかもしれませんが、逆に言えば自動で取引されて、知らないうちに損失が発生する可能性もゼロではありません。

いくら高精度の自動売買システムとはいえ、やはり勝率100%で勝ち続けることは不可能です。

そのため、自動売買システムを使っても損失を出すリスクがある、ということはしっかり理解しておきましょう。

FXのトレードに必要な知識、経験が身につかない

そしてこちらも、自動売買システムがゆえの問題ですが、自分で売買の判断をしないので、トレードに必要な知識や経験が身につかないデメリットがあります。

もちろん、自動売買システムだけで稼いでいきたいから、FXの知識はいらないという方もいるかもしれませんが、FXの知識がないと自動売買システムの良し悪しを見抜くこともできず、時には稼げないシステムを掴まされてしまって、資金を全て失う可能性すらあります。

そのため自動売買システムを使う、使わないに限らず、FXを始めるなら日々の継続的な勉強は必要不可欠です。

その点、自動売買システムなら取引の労力や時間はかからないので、システムにお金を稼いでもらっている間に、コツコツとFXの勉強に取り組むことをオススメします。

ちなみにこちらの記事では、FX初心者にオススメの学習方法を、5つのステップに分けてご紹介しています。

ぜひこちらを参考にして、FXのいろはを学んでいきましょう。

初心者必見!FXの始め方をわかりやすく解説!

デモ口座を利用できない

また、国内の証券会社のほとんどで利用できる、デモ口座を活用できないのもトライオートFXの大きなデメリットです。

なおデモ口座とは、架空の資金を使ってFXのトレードを疑似体験できるサービスで、取引の練習や、自動売買のテスト運用などで使われています。

ただ、トライオートFXではこのデモ口座が使えないので、最初から実際の資金を投入した本番の取引を行うしかありません。

そのため、取引に使う自動売買システム選びでは、過去の運用実績をしっかりと確認して、安心して資産を預けられるものを慎重に選択していきましょう。

トライオートFXのツール機能

トライオートFX ツール機能

続いて、トライオートFXで取引するためのツールを紹介していきます。

トライオートFXで取引する方法は主に2つ、「マニュアル注文」と「自動売買セレクト」があります。

マニュアル注文

マニュアル注文は、手動で売買を選択する一般的な取引方法です。

手動での判断が必要になるため、自身で相場を読み解いてこれから上がるのか、下がるのか、その予測を立てる必要があります。

一見すると確率50%の簡単な予測のように見えますが、実際には上がりやすい相場、下がりやすい相場など、さまざまな状況が存在するので、それを的確に読み解くことがFX最大の課題に他なりません。

そこで、少しでも確率が高い方を選択するために、過去の値動きの傾向から今後の展開を予測する、「テクニカル分析」が重要になります。

なおテクニカル分析の具体的な方法については、こちらの記事で詳しく解説しているので、興味のある方はぜひご覧くださいね。

テクニカル分析とは?初心者が知っておくべきポイントや分析方法を解説!

自動売買セレクト

自動売買セレクトは、トライオートFX自慢の自動売買システムを使った取引方法です。

通常の自動売買システムとの大きな違いは、FXのプロが作った既存のシステムの中から好きなものを選択して使える、という点。

トライオートFX専用の自動売買システムの中から、使用したい自動売買システムを選択して起動させるだけと、労力はほとんど不要ですぐに利益を狙うことができます。

さらに、マニュアル注文でも解説した「テクニカル分析」を取り入れて、自動売買システムのON・OFFを切り替えたり、他のシステムと入れ替えたりすることで、より勝率の高い取引ができるでしょう。

トライオートFXの評判や口コミ

トライオートFX 評判 口コミ

ここからは、トライオートFXを実際に使っている人の口コミを紹介します。

良い評判・悪い評判も含まれているので、口座開設を迷っている人はぜひ参考にしてくださいね。

日中は忙しくてチャートを見れないのでトライオートFXを始めました。
軽い気持ちで始めましたが、自分で売買するより利益がでているので驚いています。
システムを選んで開始すれば後は24時間勝手に売買してくれるので良いです。
(50代:男性)

今まで一度もFXトレードをしたことが無かったが、知人の紹介で興味を持ち始めましたが、とても使いやすくて初心者の私でも十分トレードする事が出来ました。
初めはあまり利益を出す事が出来ませんでしたが、これからもっと勉強して少しでも利益を出せるようにしていきたいと考えています。
まだFXトレードをした事がない人でも、是非口座開設してトレードしてみて下さい。
(20代:男性)

トライオートFXでは、自動売買とマニュアル取引を自由に選べるので、マニュアル取引に慣れてきたら自動売買に移行することもできます。
どちらも同じ口座内で経験できるのでスキルや知識が身につきます。
(50代:女性)

手数料(2銭)がもう少し安くなったらと思います。
売りスワップと買いスワップの差が少ない(1000ドルあたり1日マイナス2円)ので、両建てスタイルの自動取引で動きが無い時の目減りが少ないのは良いと思います。
注文機能はわかりやすいとは思いませんが、裁量のように毎日見るもんでもないので仕方ないかと。
その代わり、わからない時に聞いたサポートの方は親切に教えてくれました(在宅勤務の時期だったので、メールでの返答のみでしたが、回答は早かったです)。

長い事裁量でやっていて、ポジ取ってない時にも情報だけは確認しないとと見ているとどうしてもポジ取ってしまうことありませんか?
今まで自信が無くても取引してしまってた時があったんですが、トライオートでどっちにいっても利確できるし(単位は少ないですが)、やらなくていいやと思うようになりました。
その結果、増減が激しかった裁量取引も安定して、月度ではマイナスの月が無くなったりと裁量の好成績に繋がっています。

他の方の口コミを見ていて思うのは、本当の初心者さんはリスク管理に関して少しよく考えてから設定されると良いと思います。
裁量のデモトレードなどでもやって、予想できない不慮の値動きを何度か見ていれば、設定の仕方も変わってくると思います。
(40代:男性)

難しい知識も不要で、すでに出来上がった自動売買を選ぶだけで利益が出るので嬉しいです^^
毎日口座残高が増えており、もっと早く投資を始めれば良かったと感じています。
(20代:女性)

トライオートFXの始め方は?

トライオートFX 始め方

最後に、トライオートFXで取引を始める方法をご紹介します。

ぜひこの始め方を参考に、自動売買デビューを果たしてくださいね!

トライオートFXの口座開設方法

トライオートFXで口座開設する過程は、主に3つに分けられます。

STEP1:口座開設の申込み
STEP2:Myページにログインし入金する
STEP3:自動売買の設定をする

それでは、早速各ステップの流れを見ていきましょう。

STEP1:口座開設の申込み

まずは、トライオートFXのホームページにアクセスして、『口座開設[無料]はこちら』から、口座開設の申請をしましょう。

<<口座開設はこちら>>

なお口座開設には、本人情報として「マイナンバー確認書類」「本人確認書類」の両方が必要となるので、事前に準備しておくことをオススメします。

審査は最速で当日のうちに完了するので、メールボックスに審査結果のお知らせが届いていないか適宜確認しましょう。

STEP2:Myページにログインし入金する

口座開設の審査が通りIDが送られてきたら、Myページにログインして投資資金の入金をします。

「即時入金」からであれば、24時間いつでも振込手数料が無料で入金できるので、下記の金融機関を活用している人は、ぜひ利用してくださいね。

三菱UFJ銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
楽天銀行
ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
ゆうちょ銀行

STEP3:自動売買の設定をする

入金が完了したら、いよいよ取引開始です。

トライオートFXでは、「マニュアル注文」と「自動売買注文」の2種類の注文方法がありますが、今回は「自動売買注文」を使う方法をご紹介します。

まず、自動売買セレクトから、使用する自動売買システムを選択します。

その際にシステムの詳細情報も確認できるので、安全重視、利益重視、勝率重視、バランス重視など、あなたの戦略に合ったものを自由に選びましょう。

使用する自動売買システムが決まったら、カートに追加して注文を確定させます。

あとは手に入れた自動売買システムを起動させれば、24時間ほったらかしで利益を狙っていくので、そのままシステムにお任せで問題ありません。

自動売買システムが稼ぐ光景を眺めながら、お金が増えていく過程をぜひお楽しみください。

トライオートFXのキャンペーン

ここまでトライオートFXの特徴を解説してきましたが、国内証券会社の中でここまで自動売買システムが充実した証券会社は他にありません。

そのためお仕事で忙しい方や、FXの難しい勉強をしたくない、という方は、ぜひトライオートFXを活用してみてはいかがでしょうか。

そして、ここまで記事を読んでいただいたあなたに、嬉しいお知らせです。

現在トライオートFXでは、新規口座開設+お取引条件を達成すると、最大50,000円のプレゼントキャンペーンを実施しています。

新規の口座開設と指定数量での取引を達成するだけと、簡単な条件で50,000円がもらえるこのお得なキャンペーン期間中に、ぜひトライオートFXでFXデビューしてみてはいかがでしょうか。

キャンペーン応募に関する詳しい内容は下記のリンクから確認できますし、そのまま口座開設の申請もできるので、この機会にどうぞお試しください。

<<口座開設はこちら>>